F東京漫歩日記


ルート略図 タイトル
日付 歩数(累計歩数)
コメント
 
Chap1809:Spider Flower
2017/9/19 17289歩(累計32936145歩)
  昨日ほど暑くなく、穏やかに晴れたお出かけ日和。こんな日は歩くに限る。第7弾単行本の再校が上がってきて、あまりのんびりもしていられない状態なのだが、忙しければ忙しいほど、気晴らしの時間が重要になる。24時間缶詰めで仕事をするより、3時間気晴らしをして21時間仕事に打ち込んだ方が、成果が上がるものだ。
  今日の写真は、久々に花シリーズ。変わった色の彼岸花だなと思って撮ったのだけれど、クレオメというまったく別の花だった(神保町駅付近)。長いヒゲ(雄蕊)がある花はみんな彼岸花だと思い込んでしまう、浅はかな私。
 
Chap1808:Over Pass
2017/9/15 13828歩(累計32918856歩)
  今日は、御茶ノ水で打ち合わせ。第7弾単行本が、ようやく初校を終えた。ここさえ終われば、後はだいぶ楽になる。今年最大の山場は、どうやら乗り切ったか。この半年間は本当に忙しかったので、ちょっとくらいは自分にご褒美をあげたいなぁ。校了になるまではお預けだけど。
  写真を1枚。東京ドームシティの中を通り抜けたら、ヒマワリがずらりと並んでいた。「え? 9月半ばにヒマワリが満開?」と思いきや、これは全部造花。そりゃそうよね。ヒマワリは全部同じ方向を向くイメージがあるから、同じ方向を向いている時点で騙されてしまったよ。それにしても、リアルだ。
 
Chap1807:Iron Pole
2017/9/14 22645歩(累計32905028歩)
  大森駅東口の喫煙所でいつもと同じようにタバコをふかしていたら、ふと脇にある鉄柱が気になった。屋根がついているわけでもなく、椅子になっているわけでもなく、何でこんなオブジェがこんな邪魔なところにあるのかな、と。で、足元を見る。すると、1本には「鐡道院」、もう1本には「合資会社高田商會柳島製作所」「明治四十五年七月製造」と刻まれていた。鐡道院とは、JR東日本の前身の国鉄(運輸通信省)の前身の鉄道省のさらに前身。なんと、かつて大森駅で使われていた階段の一部だったのだ。まさかこんなところで鉄道遺産に出会えるとは、思ってもいなかった。
 
Chap1806:Credit Card
2017/9/11 16450歩(累計32882383歩)
  またしても、配達記録の不在票が入った。自動更新されたクレジットカードだから、捨ておくわけにもいかない。まぁ、漫歩の口実ができたということで。20代の頃には「クレジットカードは絶対に持たない」と決めていた私だが、ネットショッピングが当たり前のこのご時世、ないと生きていけない。
  今日の写真。西ヶ原みんなの公園の水場。こんなマニアックな場所に、これほど雰囲気の良い公園があったなんて、意外。というか、西ヶ原と西が丘が混同してしまうのは、私だけだろうか。どちらも北区にあるのがいけないと思う。ついでに言うと、練馬区の旭町と旭ヶ丘も、ごっちゃになる。
 
Chap1805:On The Watergate
2017/9/8 27198歩(累計32865933歩)
  江戸川を渡る行徳橋のすぐ西側に、旧江戸川の水量を調整する篠崎水門がある。この水門上に歩道があり、なんと歩いて渡ることができる。ここを通るのが、本八幡から新宿線に沿って篠崎・瑞江方面へ抜ける最短ルートになっている。メインの水門の上を歩き、もうひとつ小さな水門を越えて、東篠崎へ。江戸川・旧江戸川を渡れるところは少ないだけに、漫歩する上では貴重なルートだ。
  歩行者・自転車は通れるが、バイク・原付はNG(手で押して通るのはOK)。でも、全然守られていない。道幅が狭いので、危なくてしょうがない。だからバイク乗りは嫌いなんだ。
 
Chap1804:IQOS Boom
2017/9/5 17701歩(累計32838735歩)
  京橋にあるワンコイン十割そばを食べに出かけたのだが、やっていなかった。時間が遅かった(16時頃)か。どうしても、漫歩はその日やらないといけない仕事が終わってからになるから、こういう店はなかなか実食できないね。
  アイコス(類似品を含む)のブームは、とどまるところを知らない。神田駅近くには、こんな店まで出現していた。いっときの流行りで終わると読んでいる私は、目が節穴なのか。
  おまけ写真。春日通りからサッカーミュージアム前を通って本郷どおりに至る道は、サッカー通りと名付けられている。ともあれ、ロシアW杯出場決定、おめでとうございます。
 
Chap1803:Registered Mail
2017/9/3 10735歩(累計32821034歩)
  不在通知が入っていた簡易書留を受け取りに、板橋郵便局へ。区役所から来る書留なんてまずロクなもんじゃないと分かっているんだけど、放っておくわけにもいかず。
  その後、10000歩を超えるであろうルートを歩いて帰ったのだが、自宅に着いてみると9736歩。若干ショートしてしまった。漫歩不成立とするのも癪なので、一度開けた玄関ドアを閉め、そのまま近所のマックに直行して調整した。手には、1.5リットルのペプシコーラと1リットルのグレープフルーツジュースが入ったレジ袋を提げたまま。やっていることが時折バカバカしく感じられるのは、気のせいだろうか。
 
Chap1802:SAKAE Breakdown
2017/9/2 17702歩(累計32810299歩)
  なんとなく自宅に向かって歩いていたら、いつの間にか小学校時代の通学路に出ていた。卒業してから30年あまり、だいぶ変わってしまったね。よくどんどん焼き(具なしのお好み焼きみたいなもの)を焼いて食べた駄菓子屋は駐車場になり、よく店頭のアーケードゲーム「ギャラガ」で遊んだ文房具店は一般住宅になり、よくシマヘビを捕まえて遊んだ栄小学校(母校です)脇の原っぱ(自衛隊の敷地なので、本来立入禁止)にはどでかいマンションが建ってしまった。
  面影が失われるのは、やっぱり寂しいもの。完全なエゴだと分かっているけれど、これ以上変わらないでほしい。
 
Chap1801:Folding Umbrella
2017/9/1 20534歩(累計32792597歩)
  前回の漫歩で折り畳み傘が壊れたので、近所の雑貨店に買いに行ったのだが、軽量タイプのチャチなものしか置いてない。これは数回使っただけで壊れることが分かっているので、パス。リサイクルショップなら良いものを売っているかなと思って何軒か回り、最終的にはトレジャーファクトリー練馬店まで足を伸ばしたが、見つからず。結局、何も買わずに帰ることになった。丈夫な折り畳み傘って、いったいどこで売っているんだろうか?
  おまけ写真。「エイサイ」が正しいのだろうけど、「ヒデオ」と読んだのは、私だけではないと思う(桜台駅付近)。
 


Fの足跡
Chap1~20
Chap21~40
Chap41~60
Chap61~80
Chap81~100
Chap101~120
Chap121~140
Chap141~160
Chap161~180
Chap181~200
Chap201~220
Chap221~240
Chap241~260
Chap261~280
Chap281~300
Chap301~320
Chap321~340
Chap341~360
Chap361~380
Chap381~400
Chap401~420
Chap421~440
Chap441~460
Chap461~480
Chap481~500
Chap501~520
Chap521~540
Chap541~560
Chap561~580
Chap581~600
Chap601~650
Chap651~700
Chap701~750
Chap751~800
Chap801~850
Chap851~900
Chap901~950
Chap951~1000
Chap1001~1050
Chap1051~1100
Chap1101~1150
Chap1151~1200
Chap1201~1250
Chap1251~1300
Chap1301~1350
Chap1351~1400
Chap1401~1450
Chap1451~1500
Chap1501~1550
Chap1551~1600
Chap1601~1650
Chap1651~1700
Chap1701~1750
Chap1751~1800


B日本漫歩日記


大日本記外伝TOP