F東京漫歩日記


ルート略図 タイトル
日付 歩数(累計歩数)
コメント
 
Chap1767:Scrub Brush
2017/5/22 14737歩(累計32195643歩)
  今日は、国分寺で取材というか打ち合わせというか。夜から取材旅行に出るのであまり時間的に余裕がなかったのだが、漫歩もあまりご無沙汰にしたくなくて、無理くり歩いた。どうせなら未食の駅そばを食べようと思って西へ向かったのだが、目当ての店は時間外。なかなかうまくいかないね。
  写真を2枚。その1:中央線の西国分寺・国立間に、上下線の間を割って地下に潜っていく線路がある。これは、中央線と武蔵野線の連絡線。快速「むさしの号」が直通している。その2お、西国分寺・国立間。見た目のとおりの名・ブラシノキ。これでコップを洗ったら、すごくきれいになりそうだ。
 
Chap1766:Never Say Give Up
2017/5/19 13256歩(累計32180906歩)
  下道を1日で600km(3日で1600km)走って、明け方に帰宅。グゴーっと寝て、その日のうちに漫歩ができるのだから、私もまだまだ若いなと思う。でも本音を言うと、20代の頃に比べると疲れが抜けるのに時間がかかるようになっている。今日は午後イチくらいに歩こうと思っていたのだけれど、すっかり寝過ごしてしまい、陽が落ちてからの漫歩になった。これじゃ、写真は撮れないね。
  忙しいときに、仕事は重なるものだ。単行本取材が動いているときに限って、新たな仕事が入る。でもね、ギブアップはしない。オファーは、すべて受けてみせる!
 
Chap1765(烈風烈火編215):Full Of Orange
2017/5/17 15498歩(累計32167650歩)
  三重県御浜町は、一年中みかんが収穫できる町らしい。それだけ多品種のみかんを栽培しているということなのだろう。国道42号線を歩いていると、頻繁にみかんの直売店を見かける。看板に「観光バス歓迎」と書いてあるものの、そんなに大きな駐車場を備えていない店が多いのが少々気になるが。犬も歩けば直売所に当たると言いたくなるくらいに、無人の直売所も多い。ついでに言うと、不動産店もおれんじ。
  おまけ写真。国道からでも見える獅子岩が、こじつけではなくガチで獅子っぽくてびっくり。テレビCMで「ゴジラ岩」と紹介されたこともあったね。
 
Chap1764:All Fired Up
2017/5/12 18836歩(累計32152152歩)
  今日は、吉川で取材。武蔵野線の南越谷から東側は、こういう機会でもないとなかなか歩くことがない。近年新駅が次々に開業していて、今後の発展が期待されるエリアなんだけどね、池袋周辺からだとちょっと行きにくいのよね。新駅のひとつ・吉川美南駅は、田んぼの真ん中にある。こういうところに、場違いな宇宙ステーションみたいな張り切りすぎた駅舎があるのは、新駅あるあるだな。ついでに言うと、見渡す限りの更地にイオンがバンと建つのも、新駅張り切りすぎあるあるだ。何十年か後に、建物がいっぱい建てば、そう違和感のある光景ではなくなると思うけれど。
 
Chap1763:68 Minutes
2017/5/11 14411歩(累計32133316歩)
  今日は、赤坂と護国寺で打ち合わせ。赤坂から護国寺へは、地図上だと北へまっすぐなのに、地下鉄で移動しようとすると結構面倒。ええぃ、しゃらくせぇ。ということで、歩いて移動。約束の時間にあまり余裕がなかったのでね、大股で、急ぎ足で。赤坂から護国寺まで、たったの68分で歩いてしまったよ。大股で歩いたので、ルートのわりに歩数は少なめ。苦労って、なかなか報われないね。
  それにしても、仕事が途切れなくなってきたなぁ。もちろん、嬉しい悲鳴なんだけどね。仕事がなくて不安な毎日を過ごしていた頃が懐かしい。
 
Chap1762:American Tast
2017/5/10 20211歩(累計32118905歩)
  GWが空けて、第7弾単行本取材の後半戦開始。遠出するのは来週からで、今週は近場を取材。というわけで、今日は青梅へ。普段なかなか行く機会のない街だから、近場でも新鮮。入浴後に歩いたから、全身脱力して疲れたけど。
  写真を3枚。その1&2:東福生・拝島間の国道16号沿いは、米軍横田基地の向かいということもあって、なかなかのワンダーランド。アメリカンテイストの店が建ち並び、マンションの軒先にはこんなものまである。もはや観光名所だ。その3:100円パーキングは各地にあるが、小作駅付近には50円パーキングがたくさんある。
 
Chap1761:Garden Under The Viaduct
2017/5/9 22323歩(累計32098694歩)
  亀戸駅から南へ歩くと、首都高7号小松川線を潜る。この高架下が、竪川河川敷公園として整備されていた。赤塗りの橋や東屋まで設置され、住民の憩いの場に……ということはなく、閑散としている。時折、自転車が猛スピードで走り抜けるくらいのものだ。もともと川だったところだから河川公園にしやすかったのだろうけれど、高架下では開放感がなさすぎる。ケースに入ったミニチュアみたいに見えてしまう。
  おまけ写真は、花というか植物を2枚。その1:紫と白のグラデーションが可愛らしいネモフィラ(墨田区文花2丁目)。その2:オニタビラコの、とても小さな綿毛(亀戸駅付近)。
 
Chap1760:Pass By
2017/5/5 12147歩(累計32076371歩)
  なかなか漫歩の機会を作れず、困っている。苦肉の策として、今日は東池袋からの帰宅漫歩。だが、東池袋から自宅まででは到底10000歩に満たないので、自宅を通過して、さらに下赤塚まで。帰宅漫歩は交通費の節約という側面もあるはずなのに、結果的に交通費が高くつく羽目になってしまった。いや~、ダメダメ。
  夜間漫歩なので、写真がないなぁ。上板橋駅前の「富士そば」で食べたミニかき揚げ丼セットでも載せておくか。しかし、右端におしぼりが写りこんでしまったことに、大ショック。なんて初歩的なミスを……。写真も、ダメダメだ。
 
Chap1759:Covered Bridge
2017/5/2 19108歩(累計32064224歩)
  ここ数日、夜早く寝て明け方に起き出し、「おは4」を観ながら仕事をして、早くキリのいいところまで終われば歩きに出る、という生活サイクルになっている。だが、今は仕事量が多いので、なかなか午前中には終わらない。昼下がりに出かけるので、たとえば15時までで終わりの立ちそばなどには行きづらくなっている。今日はなんとか間に合ったが、時間を意識しながらの仕事は、なんだか落ち着かないね。
  写真を。江戸川区春江4丁目の歩道橋に屋根がついているのは、小学校前だからだろうか。これ、いいね。傘を差しながら階段を上り下りするのって、本当に危険だから。
 
Chap1758:Columbine
2017/5/1 13751歩(累計32045116歩)
  取材旅行に出ている間に、佐川急便から荷物が届いていたようだ。不在票が入っていたので、高島平の営業所まで歩いて取りに行った。いや~、佐川は自宅では受け取れないのよ。再配達をお願いしても、また不在票が入る。自宅にいるのに、不在票が入る。ピンポンがないアパートに住んでいる私が悪いのかもしれないけれど、ヤマトだったらソンタクしてくれるこちらの事情を、佐川は知らんぷり。この差は大きい。
  写真を1枚。面白い形の花を咲かせる、オダマキ(上板橋駅付近)。花弁が交互に、開いたり閉じたりしているように見える。巨大なセリみたいな形の葉っぱも面白いね。
 
Chap1757:Untrodden
2017/4/28 22381歩(累計32031365歩)
  本当は今日が取材旅行の最終日になるはずだったんだけど、諸般の事情で昨夜一度帰京し、今朝早くに改めて取材に出ることになった。となれば、少しでも電車賃を安くあげようということで、帰りがけに漫歩。山北から秦野まで歩いて、計330円の節約。その間に400円のそばを食べて、差し引き70円のマイナス。ダメだこりゃ。
  写真を。渋沢・新松田間は、小田急沿線きっての秘境エリア。線路沿いの県道からは、こんな景色が望める。線路には、可愛らしい卵型双子トンネルもある。歩いていて楽しいけれど、駅間が長く高低差があるので、ちょっときついね。
 
Chap1756(烈風烈火編213):Pottery City
2017/4/27 17222歩(累計32008984歩)
  今週の取材旅行も、雨続きだ。4日の行程中、3日間が雨。この間の漫歩予定もキャンセルに追い込まれてしまった。最終日になってようやく上がったので、一矢報いる思いで「道の駅5時発漫歩」を敢行。このスタイルも、だんだん恒例になってきたね。
  写真を。愛知県瀬戸市は、陶器の街。「セトモノ」なんていう言葉があるくらいだからね。尾張瀬戸駅近くの深川神社の鳥居も、足の部分に陶製の飾りが施されていた。そして、なんと病院も陶製!?……と思いきや、これは「陶生」か(瀬戸市駅付近)。公立病院の名前に「陶」が入るって、すごいね。
 
Chap1755:Candytaft
2017/4/24 14824歩(累計31991762歩)
  地方取材の間隙を縫って、歩く。平日は基本的に地方に出ているのだが、今日(月曜)は夕方からの出発なので、日中に少し歩ける。こういうタイミングを利用して、銀行を回ったり、ちょっとした買い物を済ませたりしなければならないのでね、歩いて回れば一石二鳥だ。
  写真を。桜は終わってしまったが、春は桜以外にもいろいろな花が楽しめる季節。目白駅近くでは、造りものみたいなパールホワイトのイベリスが見ごろを迎えていた。こういうものに目が向くようになるとは、10年前には想像もつかなかったな。余裕が生まれたんだか、歳をとったんだか。
 
Chap1754(烈風烈火編212):Liked By Rain Cloud
2017/4/21 14191歩(累計31976938歩)
  今週は、月曜から金曜までずっと、東北地方を回っていた。この間、東京では晴れに晴れて、ところによっては真夏日も記録したという。一方の東北地方は、雨風吹き荒れ、底冷えの日々。5日中4日、雨だった。私の雨男伝説は、健在だ。東北地方に住むみなさん、私が行ったせいで雨が続いて、ごめんね。ちなみに、後日談になるが、東京に帰って一夜明けると、東京で雨が降り始めている。
  写真を2枚。その1:新幹線が踏切を通過する。なんとも違和感をぬぐえない光景だ(庭坂・笹木野間)。その2:笹木野駅付近の果樹園では、梨の花が咲き始めた。
 
Chap1753(烈風烈火編211):Soonest Fade
2017/4/17 21362歩(累計31962747歩)
  東京より1週間以上遅れて桜の見頃を迎えている仙台を歩く。しかし、今日は生憎の薄曇り。夕方からは雨で、夜には風も強まるとの予報が出ている。花が咲けば、嵐が吹き荒れる。東京でも毎年のように起こっていることだが、どうやら今年の仙台桜は寿命が短そうだ。こんなことを書いておきながら、特段桜を見て歩いたわけではないのだけれど。
  写真を2枚。その1:仙台の英雄ですね(サンモール商店街)。それにしても、そっくり。その2:一見すると、ふたりほどとても危ないところに立っているように見える。しかし、実は東照宮駅のホームはこの場所にある。
 
Chap1752:Kale
2017/4/14 15697歩(累計31941385歩)
  先月中旬以降、平日はほとんど地方取材に出ている。土日は東京にいるけれど、スーツを着て仕事をしているので、歩けない。都内の漫歩は、久しぶりだ(前回は半ば強引に歩いたので、実感がない)。こんな状態が、まだ2か月くらいは続きそう。根っからの旅好きだから、全然辛くはないのだけれど、手元の現金がみるみる減っていくのが恐ろしいね。
  写真を。桜が咲いてからというもの、他にもいろいろな花が追随して咲き始めている。紫キャベツみたいな葉っぱからは想像もできないような黄色い花を咲かせていたのは、葉牡丹(茗荷谷駅付近)。
 
Chap1751:HARU-URARA 14th Season
2017/4/10 10929歩(累計31925688歩)
  今年は、桜が長持ちしている。開花はそう遅くもなかったように思うが、その後間の戻りがあったためか、はたまた「花散らしの雨」があまり降らなかった(先週末にちょっと降ったが)ためか、4月10日になってもまだ満開の花が楽しめている。しかし、そういう年に限って、私の方が忙しくてなかなか花見に行けない。うまくはまらないものだ。
  それでも、今日の仕事は池袋でのインタビューのみなので、ちょっと余裕がある。半ば強引に10000歩歩いて、途中で出会えた小竹小学校前の桜を以て、花見漫歩成立ということにしてしまおう。一応、アップ写真も。
 


Fの足跡
Chap1~20
Chap21~40
Chap41~60
Chap61~80
Chap81~100
Chap101~120
Chap121~140
Chap141~160
Chap161~180
Chap181~200
Chap201~220
Chap221~240
Chap241~260
Chap261~280
Chap281~300
Chap301~320
Chap321~340
Chap341~360
Chap361~380
Chap381~400
Chap401~420
Chap421~440
Chap441~460
Chap461~480
Chap481~500
Chap501~520
Chap521~540
Chap541~560
Chap561~580
Chap581~600
Chap601~650
Chap651~700
Chap701~750
Chap751~800
Chap801~850
Chap851~900
Chap901~950
Chap951~1000
Chap1001~1050
Chap1051~1100
Chap1101~1150
Chap1151~1200
Chap1201~1250
Chap1251~1300
Chap1301~1350
Chap1351~1400
Chap1401~1450
Chap1451~1500
Chap1501~1550
Chap1551~1600
Chap1601~1650
Chap1651~1700
Chap1701~1750


B日本漫歩日記


大日本記外伝TOP