F東京漫歩日記


ルート略図 タイトル
日付 歩数(累計歩数)
コメント
 
Chap1797:Notice
2017/8/10 13404歩(累計32713521歩)
  昨日までの猛暑が嘘のような、過ごしやすい一日。ここで歩かない手はない。というわけで、未食の駅そばを潰しつつ、最近あまり行っていない駅の様子を見つつ、10000歩を超えるまで適当に歩いた。それにしても、つい先日まで水不足とか報じていたのに、今度は日照不足だって。メディアが、いちいち敏感に反応しすぎてるんじゃないかな。ぴったり平年並みの方が、かえって変だと思う。
  写真を。ずいぶんと遠い先の告知をするんですね(塚戸幼稚園)。というか、待機児童の問題は大丈夫なのだろうか。世田谷ではどこ吹く風、なのかな。少子化区?
 
Chap1796:Transmission Bridge
2017/8/8 21430歩(累計32700117歩)
  天気予報は今日の夕方まで台風5号に警戒と報じていたのだが、朝から猛烈な日差しが燦々と降り注いでいた。これならいけると読んで、漫歩敢行。しかし、台風5号が熱帯の空気を運んできたらしく、今日は暑さが厳しかった。ここ最近、わりと過ごしやすい日が多かったので、なおのこと厳しく感じられた。またこの暑さにも体を慣らしていかないと。
  今日の写真。千住大橋の西側に、ずいぶんと華奢なアーチ橋が架かっている。人や車が通るには骨組みが細すぎるし、水道管が通っている様子もない。調べてみたら、東京電力の送電橋だった。鉄塔じゃなく、橋で渡しているのね。
 
Chap1795:Zugzwang
2017/8/4 11651歩(累計32678687歩)
  先週に飛び込みの雑誌仕事が入ったこともあり、第7弾単行本の執筆が全然進んでいない。原稿締め切りの火が、遂に尻に灯った。もう、そうそうのんびりと歩いてもいられなくなりそうだ。あー、カンヅメ生活のストレスと、睡眠不足による偏頭痛との戦いが始まるのかと思うと、ちょっと憂鬱だな。今月は、漫歩の回数も歩数も少なくなりそう。あとは、烈風烈火編をどれだけできるかだ。意地でも甲子園には行くし、月末には雑誌の取材旅行に行かなければならないのでね。
  今日の写真。パッと見てタコだと思ったのだけれど、よくよく見ればムンクだったのね(高田馬場駅付近)。
 
Chap1794:Trick Art
2017/8/2 13531歩(累計32667036歩)
  とりあえず20000歩を超えたいなーと思ってルートを思い描いていたのだけれど、こういう時に限って途中で雨が降り始める。東新宿でゲームセットとなり、平凡な歩数に終わった。でも、おかげで今日は涼しかった。それなりに汗はかいたけれど、このくらいの気温だったら歩きやすくていいね。
  写真を2枚。その1:銀座4丁目交差点角に昨年竣工した新ランドマーク、銀座プレイス。波打っているように見える外壁は、実は垂直。模様が錯覚を引き起こす。なんだかトリックアートみたいだ。その2:なんで「が」だけひらがななんですかね?(赤坂見附駅付近)
 
Chap1793:Sea Otter
2017/8/1 14234歩(累計32653505歩)
  昼前から雨との予報が出ていたので、朝イチで歩きに出る。通勤ラッシュが始まる前に歩き始め、通勤ラッシュが完全に終わってから帰る。このパターン、いいね。私の仕事への影響も少ないし、未食の駅そば潰しもできる。猛暑も、ある程度回避できる。問題は、朝早く起きるのがなかなか辛いということ。しかしこれも、いっそのこと夜通し仕事をすることで対応できる。今後、このパターンの漫歩が増えそうな予感。
  今日の写真。まるでラッコのようなパンダ(志木駅付近)。この体勢をとらせるのなら、パンダよりラッコにした方がよかったのではないかと思う。
 
Chap1792(烈風烈火編225):Hide & Seek
2017/7/28 25478歩(累計32639271歩)
  夜行バスで大阪に移動し、早速歩く。通勤ラッシュの電車に乗りたくなかったのと、陽が高く昇る前に歩いてしまおうという思惑があり。道中、万博記念公園前駅近くにさしかかると、森の上に太陽の塔が見えてきた。お、これはぜひちゃんと見ていこうと思ったが、間近で見るには入場料を取られるのね。そこまでの情熱はないなぁ。入場料がかからない範囲で眺めようと思ったけれど、木立が邪魔をして全身が見えない。このへんが限界。まったく、うまくできていやがるよ。
  おまけ写真。万博記念公園駅近くには、大阪モノレールの車両基地もある。こちらは、無料で全景を眺められる。
 
Chap1791(烈風烈火編224):Soaked In Sweat
2017/7/26 17189歩(累計32613693歩)
  取材の合間にだいぶ時間があったので、今日も漫歩敢行。道後温泉から、次の取材地である久米駅まで歩いた。今日も異常な暑さで、最後の方はもうフラフラ。道後公園で頑張って展望台まで上がってしまったのもよくなかったか。それほど高い場所ではないけれど、階段を10段上るだけでも汗が噴出する。こういう日に歩いて上がるもんじゃない。でもおかげで展望台からの眺めの写真を載せることができた。
  おまけ写真は、道後温泉から。有名な道後温泉本館、地元の人が多く行く椿の湯。そして目下、第3の外湯「飛鳥乃温泉」が建築中。9月のオープンが待ち遠しい。  
 
Chap1790(烈風烈火編223):Shrieking
2017/7/25 13388歩(累計32596504歩)
  高校野球好きが高じて、坊っちゃんスタジアムへ愛媛県予選の観戦に訪れてしまった。だいぶ、マニアの域に入ってきたなぁ。準々決勝の宇和島東vs川之江戦を観戦。お客さんは少なかったけれど、坊っちゃんスタジアムは大きくて綺麗だね。プロ球団のホーム球場にも匹敵する。子供たちがチアガールの真似をしているのが微笑ましく、いっぽうで敗れた宇和島東ナインの泣きじゃくる姿にグッとこみ上げてくるものがあった。高校野球って、青春の塊だね。
  おまけ写真。伊予鉄道には、1階部分を抉られたような不格好な駅舎が多い(土居田駅)。
 
Chap1789(烈風烈火編222):Stairs Monument
2017/7/24 17424歩(累計32583116歩)
  今にも泣き出しそうな曇天のもと、10000歩歩ければいいやという感覚で名古屋市内を歩いた。途中、パラパラと小雨が降ったのだけれど、なんとか予定通りに枇杷島まで完歩。18きっぷ利用日だから、途中でやめると余計な交通費がかかるのでね、ムシムシとする暑さにも負けず、気合で。
  写真を。その1:これは日本一優しいパチンコ店かも(黒川駅付近)。その2&3:西枇杷島駅近くにある西枇杷島歩道橋が「日本一古い歩道橋」だということは、以前に紹介済み。が、なんと掛け替えられてしまっていた。でも、古い歩道橋も階段部分がモニュメントとして残されている。
 
Chap1788:Be Proudly!
2017/7/21 13931歩(累計32565692歩)
  母校が久々に埼玉県ベスト16(5回戦)まで勝ち進んだので、市営大宮球場まで応援に行ってきた。今日の相手は、甲子園出場経験豊富な強豪校・春日部共栄。エースの氏家君も頑張ったんだけど、おおかたの予想どおりコテンパンにやられたね。甲子園への道は険しい。でも、よくぞ私が応援に行ける日まで勝ち残ってくれた。胸を張ってほしい。
  ところで、この球場では(というか、埼玉県大会では?)、試合中のグラウンド整備を、両校が入り乱れて、協力して行う。こういうシーンは他ではあまり見ないね。試合後のグラウンド整備は、勝ったチームが行うようだ。
 
Chap1787:Hail Storm
2017/7/18 13443歩(累計32551761歩)
  今日は、護国寺で打ち合わせ。帰りに歩くのだけれど、まっすぐ歩いて帰ったのでは到底10000歩に届かないので、適当に遠回りをして歩いた。
  打ち合わせの1時間ほど前に、東京はゲリラ雷雨に見舞われた。雷雨というか、雷雹。直径2センチくらいの雹が降りつけた。その爪痕が、随所で見られた。風が吹き溜まる場所には、氷がまだ残っていた。街路樹のある道路は、まさに修羅場。大枝が折れて、歩道は一部通行止めに。商店街も、後片付けが大変だ(以上、巣鴨駅付近)。染井霊園裏手の路地では、窪地の道路がくるぶし上くらいまで冠水していた。
 
Chap1786:Univ. Of Tokyo
2017/7/15 17543歩(累計32538318歩)
  昼間に歩いて未食の駅そば潰しを進めたかったのだけれど、所用に追われて気づけば深夜帯に。午前2時に、漫歩開始だ。長期の取材旅行があると、どうしても雑用が後に溜まってしまう。取材中より、その後の方が忙しくなる。来週は取材旅行がないから、少しは思い通りに歩けるかな。
  今日の写真。神保町駅から少し南、竹橋駅との中間くらいのところに、学士会館がある。その一角に、東京大学発祥の地碑があった。東大と言えば本郷のイメージが強いのだが、この場所にあった東京開成学校と本郷の東京医学校が合併して東京大学になっている。
 
Chap1785(烈風烈火編221):Web Art
2017/7/13 22833歩(累計32520775歩)
  雨続きの九州遠征だったが、最終日になってようやく晴れた。待ってましたとばかりに、朝霧立ち込めるえびの高原を歩いた。霧がかかっているうちは涼しくていいのだけど、陽が昇って晴れてくると、やっぱり暑いね。霧のせいなのか、空気がもわっと膨張していて、湿度がすごく高い。えびの飯野駅に着いた時点で、早くもミニタオルが絞れる状態に。
  朝霧の置き土産か、新加久藤付近では、道端の蜘蛛の巣に細かな水滴が付着して、芸術的に美しかった(余計にキモいとも言えるが)。これなんて、薄氷が張っているかのように見える。これが本当のウェブアートだ。
 
Chap1784:Trashy Emphasis
2017/7/7 23629歩(累計32497942歩)
  今日のテーマは、20000歩超え。だけど、今日も暑くて挫けそうな予感。こんな時には、電車で行って歩いて帰ってくるのがいい。歩いて行って電車で帰ろうとすると、途中で「もうひと駅歩くと帰りの電車賃が高くなるなぁ」との考えが頭をよぎり、挫折の虫がうごめき始めるのだ。歩いて帰るようにすれば、途中で挫折すると余計な電車賃がかかるわけで、モチベーションが下がらない。って、私はなんてくだらないことを力説しているのだろうか。ちょっとバカバカしくなってきた。
  今日の写真。あぁ、西川口駅近くの憩いスポットが……。今後、西川口を経由する漫歩が減るかもしれない。
 
Chap1783:Buddleja Drill
2017/7/6 16884歩(累計32474313歩)
  昨日ほどではないが、今日も暑い。こう暑いと、なかなか20000歩を超えるのがしんどい。仕事がある程度忙しいということもあるけれど。本当は明け方から歩き始めて昼前に歩き終えるようにした方が、歩数は稼げる。でもそれだと、未食の駅そばを潰しにくい。また、帰ってから仕事に手をつけるのがちょっと億劫になる。う~む、悩みどころだ。
  写真を2枚。その1:日本人はこういう語呂遊びが好きだね。随所で飽きるほど見かける(高円寺駅付近)。その2は、花。ドリルみたいに鋭利な形をした房状の花が印象的なフサフジウツギ。中国原産の花だそうだ(杉並区堀ノ内2丁目)。
 
Chap1782:Scorching Heat
2017/7/5 14960歩(累計32457429歩)
  多忙と台風のせいで、ちょっと間が空いてしまった。ようやく歩けたのだけれど、今日はまた暑かったなぁ。3分歩いただけで汗がダラダラ流れる。漫歩が終わる頃には、タオルが絞れるくらいになった。今の季節は、ミニタオルではなく大きなタオルを持って歩いた方がいいな。
  写真を3枚。その1:とってもかわいい社名ですね(蓮根駅付近)。その2:今のトレンドは、よりも蟻かな(高島平駅付近)。その3:今日の外出の目的はこれ(下赤塚駅付近)。思えばここ数年、ここかロヂャースか100均でしか衣類を買っていない。安上がりな人間だなぁ。
 
Chap1781:Ceity Boy
2017/6/29 25049歩(累計32442469歩)
  午後1時に秩父での取材を終え、あとは帰るだけの状態になった。この時間に帰ると、道が混むのよねぇ。というわけで、車でわざわざ花園まで移動し、未踏区間を歩くことにした。まっすぐ帰れば夕方には東京に着けたのに、この「悪い病気」のせいで帰宅が22時になってしまった。
  写真を。その1&2:明戸駅近くのオートレストラン、潰れてしまいましたか。かつてここにそばの自販機があって、駅から近いから「全国駅そば選手権」の対象にできるなと思っていたんだけど。よく見ると、スペルが変だね。「City」じゃないのか? その3:残念ながら、これには乗れない。急行料金が必要だし、そもそも小前田駅に停まらないので(熊谷駅)。
 
Chap1780:Snowflakes
2017/6/27 11438歩(累計32417420歩)
  午前中か早めの午後くらいに歩きに行きたいところがあったのだが、仕事の都合で午後3時発。これだとねぇ、歩けるところが制限されてしまう。いや、別にどこを歩いてもいいのだけど、未食の駅そばを潰すという観点で考えると、制限が厳しくなる。前々回と同じような愚痴になってしまったな。来週は取材旅行がないから、少しは思い通りに歩けるだろうか。
  今日の写真。梅雨真っ盛りで、アジサイの季節ですね。「アジサイは丸い」というイメージを持っている人も多いと思うけれど、こんな形のものもあるって、知ってる? カシワバアジサイ(スノーフレーク)という品種(練馬高野台駅付近)。
 
Chap1779:Hard Work
2017/6/26 14084歩(累計32405982歩)
  今日は、御茶ノ水で打ち合わせのダブルヘッダー。まだ第7弾の単行本が取材段階なのに、早くも第8弾・第9弾の話が出てきた。順調に進めば、どちらも来年の発行っぽい。ということは、あまり取材・執筆に費やせる時間がない。昨夏からほとんど休みなく仕事をしているが、この状態はもう1年くらい続くことになりそうだ。嬉しい悲鳴とは、まさにこのこと。
  今日は特に写真を撮っていない。駿河台下交差点近くに新規オープンした「中村麺兵衛」の鶏から天そばでも載せておくか。値段が少々高いだけに、結構美味かったのでね。鶏から天の形状も面白いね。
 
Chap1778:Tiny Medal
2017/6/23 17456歩(累計32391898歩)
  本当は昼くらいから歩きたかったのだが、来週の取材アポ取りに手間取ってしまい、夕方からの出発になった。今日はとても暑かったらしいから、避暑の意味では結果オーライなのだけれど、夕方からだと未食駅そば潰しがやりづらくなる。チェーン店くらいしか開いていないのでね。
  写真を。千鳥ヶ淵の西側、外堀通りを挟んだ園地に、不自然にひょろ長い木が立っている。なんだか、下を調べると小さなメダルがありそうな気がする。こういうところにレアアイテムを出現させることができれば、ポケGOも一過性のブームでは終わらなかったように思う。
 
Chap1777(烈風烈火編220):Beyond My Reach
2017/6/21 17002歩(累計32374442歩)
  昨夜から降り続いていた雨(半ば嵐)が、どうやら午後になって上がったようなので、少し歩くことにする。夜行バスの発車時刻までどうやって時間をつぶそうかと悩んでいたのだが、歩けるならノープロブレムだ。
  嵯峨野観光鉄道のトロッコ亀岡駅に寄ってみる。が、なんと定休日。長閑な周辺風景に似合わない立派な駅舎を見上げれば、「うどんそば」の暖簾が……。あぁ、また来ないと。嵯峨野観光鉄道の駅を訪れたのは、トロッコ嵯峨駅に次いで2駅目。トロッコ嵯峨駅にも駅そばがあったなぁ。トロッコ嵐山駅やトロッコ保津峡駅にも、行ってみる必要がありそうだ。
 
Chap1776(烈風烈火編219):Wonderland
2017/6/20 40456歩(累計32357440歩)
  全国各地を旅している私だが、意外なことに京都の経験値が低い。今回歩いてみて、京都タワーのしょぼさにびっくり(帰りがけに見たライトアップされた京都タワーは美しかった)して、東本願寺が京都駅のすぐ近くにあることに驚いて、東映京都(太秦)撮影所が込み入った住宅地の中にあることに戸惑った。いや~、京都はまだまだ知らないことだらけだな。観光地として有名で、知っている人が多いだけに、後れをとっているような気分になる。もっと精力的に歩かないと。
  おまけ写真。関西人はこういうのが好きですね。あちこちで見かけるように思う(東向日駅付近)。
 
Chap1775(烈風烈火編218):NAPOLIN
2017/6/16 16977歩(累計32316984歩)
  インターネットカフェに宿泊して迎えた最終日も、取材を終えた後にフライト時間まで歩こうと決めていた。なんとか20000歩を超えようと思っていたのだけれど、17000歩を前にタイムアップ。朝から温泉に入ってしまったのが原因か。湯上りの漫歩は、どうにも体に力が入らなくていけない。
  写真を。その1:この店構えを見て「おっ! ゆで太郎の新店か?」と思ってしまうのは、もはや病気だろうか(西18丁目駅付近)。その2:そういえば、まだこいつを飲んでなかった。北海道にしかないナポリンを飲むと、北海道に来たことを実感するのだ(イオン札幌桑園ショッピングセンター)。
 
Chap1774(烈風烈火編217):Silo
2017/6/12 11069歩(累計32300007歩)
  北海道・新千歳空港に着いてからレンタカーを借りるまで、約4時間。この時間を利用して漫歩しようと、最初から決めていた。新千歳空港から札幌市内まで電車で移動する必要があるので、実際には3時間程度になるけれど、3時間あればそれなりに歩けると思っていた。しかし、じっさいには飛行機の到着が遅れて2時間半に。10000歩を超えるのが精いっぱいだった。
  終盤に、八紘学園資料館前を通る。こういうサイロのある風景を見ると「北海道に来たなぁ」と実感するのだが、まさか札幌市内で見ることになろうとは思いもしなかった。
 
Chap1773:Cleaning Kit
2017/6/10 11569歩(累計32288938歩)
  職場からの帰りに、デジカメのクリーニングキットを買いに、池袋駅前のビックカメラに寄った。ちょっと、レンズの調子が良くなくてね。このまま北海道に持っていくのが不安だったので。それから、局留めのゆうパックを受け取りに、板橋郵便局へ。ここまでで、約5000歩。このまま帰ったら残念な歩数になってしまうので、「まー、このくらい遠回りすれば10000歩を超えるだろう」というノリで、少し余計に歩く。スーツ&革靴姿で、夜の10時に何をやっているんだか。
  今日の写真。子易神社内にある地蔵堂。ぼうっと灯る明かりが、いっそう「何か出そう」な雰囲気を助長させている。
 
Chap1772(烈風烈火編216):Fruit Picking
2017/6/7 19236歩(累計32277369歩)
  今日は朝から取材が入っているので、道の駅5時発漫歩でもちょっとスケジュール的に危うい。幸い、今は昼がとても長い季節。こうなったら、3時半起きで漫歩だ。長電沿線では比較的歩きにくいところを歩いておいた。あと1回で、長電は全線完歩達成になりそうだ。木島線や屋代線が生きているうちに歩きたかったという悔しさは残るが。
  写真を。その1:こんなにたくさん、信号が必要? 全部赤なのがさらにイヤミっぽいのだが(須坂駅付近)。その2:須坂・小布施あたりは、観光果樹園がたくさんあるエリア。「狩り」系観光が好きな方は、必訪だ(須坂市小河原)。
 
Chap1771(烈風烈火編215):Quarry
2017/6/6 19709歩(累計32258133歩)
  久々の烈風烈火編は、JR吾妻線沿線の漫歩。小野上温泉から東へ歩くか西へ歩くかで迷ったのだけれど、来るときに小野上駅の裏手に頂上部が妙に真っ平らな山があったことを思い出し、見に行ってみることにした。
  それが、この山。う~む、この上にはロンダルキアでもあるのだろうか? もちろんそんなはずはなく、正解はこれ。なるほど、砂利を採掘している山だったのね。小野上駅から、鉄道で全国各地に運ばれているようだ。
  おまけ写真。なんだか楽しそうな工事中歩道(金島駅付近)。天井高は160cmくらい。頭上注意。
 
Chap1770:Aiming At Refrigerator
2017/6/2 15785歩(累計32238424歩)
  今週の取材旅行も、やっぱり雨だった。全国的には晴れているのに、栃木県日光市周辺だけ猛烈な雷雨。日光市周辺の皆さん、ごめんね。私が行ってしまったばっかりに。
  旅から帰ると、両親が北海道へバカンスに出ていた。これ幸いとばかりに無人の実家に乗り込み、冷蔵庫に総攻撃を仕掛ける。あまりの食い散らかしように、北海道から帰ってきたら空き巣に入られたと思ってしまうかもしれない。
  写真を1枚。武蔵野うどんの知名度はだいぶ上がったけれど、弁当としても名物なのだろうか(清瀬市竹丘1丁目)。年寄りには、ちょっと硬いんだよね。
 
Chap1769:Dead Arm
2017/5/29 12734歩(累計32222639歩)
  今日は、上星川で取材。取材前に歩くか取材後に歩くかで悩んだのだが、取材後には疲れきって歩く気力がなくなるだろうと考え、取材前に歩いた。う~む、それにしても、先週から左腕が痛い。日に日に痛みが増大してきている。肩から二の腕にかけて痛くて、指先(親指と人差し指)が麻痺気味。握力も弱っている(力が入らない)。これまでは肩こりの延長線上くらいに考えていたのだけれど、そろそろ放っておけないレベルになってきたなぁ。どうしたものか。
  写真を1枚。街の中華屋の看板。いまひとつ心に響いてこないのは、なぜだろう?(横浜市西区浅間町4丁目)
 
Chap1768:Three Quarters
2017/5/27 14262歩(累計32209905歩)
  今週の取材旅行も、4日間のうち3日が雨だった。予定していた烈風烈火編漫歩は、すべて中止。とても残念な結果になってしまった。このまま来週を待つと1週間以上ブランクが空いてしまう。それはあまり好ましくないので、仕事後に無理やり歩いた。自宅に一度寄っているのは、スーツ&革靴からジーンズ&スニーカーに履き替えるため。継続は力なりだけど、継続することはそう簡単ではないのだ。
  夜間漫歩につき、屋外での写真はない。富士そば大久保店で食べたミニタルタルチミン丼セットでも載せておくか。500円のセットメニューとしては、悪くない内容だった。
 
Chap1767:Scrub Brush
2017/5/22 14737歩(累計32195643歩)
  今日は、国分寺で取材というか打ち合わせというか。夜から取材旅行に出るのであまり時間的に余裕がなかったのだが、漫歩もあまりご無沙汰にしたくなくて、無理くり歩いた。どうせなら未食の駅そばを食べようと思って西へ向かったのだが、目当ての店は時間外。なかなかうまくいかないね。
  写真を2枚。その1:中央線の西国分寺・国立間に、上下線の間を割って地下に潜っていく線路がある。これは、中央線と武蔵野線の連絡線。快速「むさしの号」が直通している。その2も、西国分寺・国立間。見た目のとおりの名・ブラシノキ。これでコップを洗ったら、すごくきれいになりそうだ。
 
Chap1766:Never Say Give Up
2017/5/19 13256歩(累計32180906歩)
  下道を1日で600km(3日で1600km)走って、明け方に帰宅。グゴーっと寝て、その日のうちに漫歩ができるのだから、私もまだまだ若いなと思う。でも本音を言うと、20代の頃に比べると疲れが抜けるのに時間がかかるようになっている。今日は午後イチくらいに歩こうと思っていたのだけれど、すっかり寝過ごしてしまい、陽が落ちてからの漫歩になった。これじゃ、写真は撮れないね。
  忙しいときに、仕事は重なるものだ。単行本取材が動いているときに限って、新たな仕事が入る。でもね、ギブアップはしない。オファーは、すべて受けてみせる!
 
Chap1765(烈風烈火編214):Full Of Orange
2017/5/17 15498歩(累計32167650歩)
  三重県御浜町は、一年中みかんが収穫できる町らしい。それだけ多品種のみかんを栽培しているということなのだろう。国道42号線を歩いていると、頻繁にみかんの直売店を見かける。看板に「観光バス歓迎」と書いてあるものの、そんなに大きな駐車場を備えていない店が多いのが少々気になるが。犬も歩けば直売所に当たると言いたくなるくらいに、無人の直売所も多い。ついでに言うと、不動産店もおれんじ。
  おまけ写真。国道からでも見える獅子岩が、こじつけではなくガチで獅子っぽくてびっくり。テレビCMで「ゴジラ岩」と紹介されたこともあったね。
 
Chap1764:All Fired Up
2017/5/12 18836歩(累計32152152歩)
  今日は、吉川で取材。武蔵野線の南越谷から東側は、こういう機会でもないとなかなか歩くことがない。近年新駅が次々に開業していて、今後の発展が期待されるエリアなんだけどね、池袋周辺からだとちょっと行きにくいのよね。新駅のひとつ・吉川美南駅は、田んぼの真ん中にある。こういうところに、場違いな宇宙ステーションみたいな張り切りすぎた駅舎があるのは、新駅あるあるだな。ついでに言うと、見渡す限りの更地にイオンがバンと建つのも、新駅張り切りすぎあるあるだ。何十年か後に、建物がいっぱい建てば、そう違和感のある光景ではなくなると思うけれど。
 
Chap1763:68 Minutes
2017/5/11 14411歩(累計32133316歩)
  今日は、赤坂と護国寺で打ち合わせ。赤坂から護国寺へは、地図上だと北へまっすぐなのに、地下鉄で移動しようとすると結構面倒。ええぃ、しゃらくせぇ。ということで、歩いて移動。約束の時間にあまり余裕がなかったのでね、大股で、急ぎ足で。赤坂から護国寺まで、たったの68分で歩いてしまったよ。大股で歩いたので、ルートのわりに歩数は少なめ。苦労って、なかなか報われないね。
  それにしても、仕事が途切れなくなってきたなぁ。もちろん、嬉しい悲鳴なんだけどね。仕事がなくて不安な毎日を過ごしていた頃が懐かしい。
 
Chap1762:American Tast
2017/5/10 20211歩(累計32118905歩)
  GWが空けて、第7弾単行本取材の後半戦開始。遠出するのは来週からで、今週は近場を取材。というわけで、今日は青梅へ。普段なかなか行く機会のない街だから、近場でも新鮮。入浴後に歩いたから、全身脱力して疲れたけど。
  写真を3枚。その1&2:東福生・拝島間の国道16号沿いは、米軍横田基地の向かいということもあって、なかなかのワンダーランド。アメリカンテイストの店が建ち並び、マンションの軒先にはこんなものまである。もはや観光名所だ。その3:100円パーキングは各地にあるが、小作駅付近には50円パーキングがたくさんある。
 
Chap1761:Garden Under The Viaduct
2017/5/9 22323歩(累計32098694歩)
  亀戸駅から南へ歩くと、首都高7号小松川線を潜る。この高架下が、竪川河川敷公園として整備されていた。赤塗りの橋や東屋まで設置され、住民の憩いの場に……ということはなく、閑散としている。時折、自転車が猛スピードで走り抜けるくらいのものだ。もともと川だったところだから河川公園にしやすかったのだろうけれど、高架下では開放感がなさすぎる。ケースに入ったミニチュアみたいに見えてしまう。
  おまけ写真は、花というか植物を2枚。その1:紫と白のグラデーションが可愛らしいネモフィラ(墨田区文花2丁目)。その2:オニタビラコの、とても小さな綿毛(亀戸駅付近)。
 
Chap1760:Pass By
2017/5/5 12147歩(累計32076371歩)
  なかなか漫歩の機会を作れず、困っている。苦肉の策として、今日は東池袋からの帰宅漫歩。だが、東池袋から自宅まででは到底10000歩に満たないので、自宅を通過して、さらに下赤塚まで。帰宅漫歩は交通費の節約という側面もあるはずなのに、結果的に交通費が高くつく羽目になってしまった。いや~、ダメダメ。
  夜間漫歩なので、写真がないなぁ。上板橋駅前の「富士そば」で食べたミニかき揚げ丼セットでも載せておくか。しかし、右端におしぼりが写りこんでしまったことに、大ショック。なんて初歩的なミスを……。写真も、ダメダメだ。
 
Chap1759:Covered Bridge
2017/5/2 19108歩(累計32064224歩)
  ここ数日、夜早く寝て明け方に起き出し、「おは4」を観ながら仕事をして、早くキリのいいところまで終われば歩きに出る、という生活サイクルになっている。だが、今は仕事量が多いので、なかなか午前中には終わらない。昼下がりに出かけるので、たとえば15時までで終わりの立ちそばなどには行きづらくなっている。今日はなんとか間に合ったが、時間を意識しながらの仕事は、なんだか落ち着かないね。
  写真を。江戸川区春江4丁目の歩道橋に屋根がついているのは、小学校前だからだろうか。これ、いいね。傘を差しながら階段を上り下りするのって、本当に危険だから。
 
Chap1758:Columbine
2017/5/1 13751歩(累計32045116歩)
  取材旅行に出ている間に、佐川急便から荷物が届いていたようだ。不在票が入っていたので、高島平の営業所まで歩いて取りに行った。いや~、佐川は自宅では受け取れないのよ。再配達をお願いしても、また不在票が入る。自宅にいるのに、不在票が入る。ピンポンがないアパートに住んでいる私が悪いのかもしれないけれど、ヤマトだったらソンタクしてくれるこちらの事情を、佐川は知らんぷり。この差は大きい。
  写真を1枚。面白い形の花を咲かせる、オダマキ(上板橋駅付近)。花弁が交互に、開いたり閉じたりしているように見える。巨大なセリみたいな形の葉っぱも面白いね。
 
Chap1757:Untrodden
2017/4/28 22381歩(累計32031365歩)
  本当は今日が取材旅行の最終日になるはずだったんだけど、諸般の事情で昨夜一度帰京し、今朝早くに改めて取材に出ることになった。となれば、少しでも電車賃を安くあげようということで、帰りがけに漫歩。山北から秦野まで歩いて、計330円の節約。その間に400円のそばを食べて、差し引き70円のマイナス。ダメだこりゃ。
  写真を。渋沢・新松田間は、小田急沿線きっての秘境エリア。線路沿いの県道からは、こんな景色が望める。線路には、可愛らしい卵型双子トンネルもある。歩いていて楽しいけれど、駅間が長く高低差があるので、ちょっときついね。
 
Chap1756(烈風烈火編213):Pottery City
2017/4/27 17222歩(累計32008984歩)
  今週の取材旅行も、雨続きだ。4日の行程中、3日間が雨。この間の漫歩予定もキャンセルに追い込まれてしまった。最終日になってようやく上がったので、一矢報いる思いで「道の駅5時発漫歩」を敢行。このスタイルも、だんだん恒例になってきたね。
  写真を。愛知県瀬戸市は、陶器の街。「セトモノ」なんていう言葉があるくらいだからね。尾張瀬戸駅近くの深川神社の鳥居も、足の部分に陶製の飾りが施されていた。そして、なんと病院も陶製!?……と思いきや、これは「陶生」か(瀬戸市駅付近)。公立病院の名前に「陶」が入るって、すごいね。
 
Chap1755:Candytaft
2017/4/24 14824歩(累計31991762歩)
  地方取材の間隙を縫って、歩く。平日は基本的に地方に出ているのだが、今日(月曜)は夕方からの出発なので、日中に少し歩ける。こういうタイミングを利用して、銀行を回ったり、ちょっとした買い物を済ませたりしなければならないのでね、歩いて回れば一石二鳥だ。
  写真を。桜は終わってしまったが、春は桜以外にもいろいろな花が楽しめる季節。目白駅近くでは、造りものみたいなパールホワイトのイベリスが見ごろを迎えていた。こういうものに目が向くようになるとは、10年前には想像もつかなかったな。余裕が生まれたんだか、歳をとったんだか。
 
Chap1754(烈風烈火編212):Liked By Rain Cloud
2017/4/21 14191歩(累計31976938歩)
  今週は、月曜から金曜までずっと、東北地方を回っていた。この間、東京では晴れに晴れて、ところによっては真夏日も記録したという。一方の東北地方は、雨風吹き荒れ、底冷えの日々。5日中4日、雨だった。私の雨男伝説は、健在だ。東北地方に住むみなさん、私が行ったせいで雨が続いて、ごめんね。ちなみに、後日談になるが、東京に帰って一夜明けると、東京で雨が降り始めている。
  写真を2枚。その1:新幹線が踏切を通過する。なんとも違和感をぬぐえない光景だ(庭坂・笹木野間)。その2:笹木野駅付近の果樹園では、梨の花が咲き始めた。
 
Chap1753(烈風烈火編211):Soonest Fade
2017/4/17 21362歩(累計31962747歩)
  東京より1週間以上遅れて桜の見頃を迎えている仙台を歩く。しかし、今日は生憎の薄曇り。夕方からは雨で、夜には風も強まるとの予報が出ている。花が咲けば、嵐が吹き荒れる。東京でも毎年のように起こっていることだが、どうやら今年の仙台桜は寿命が短そうだ。こんなことを書いておきながら、特段桜を見て歩いたわけではないのだけれど。
  写真を2枚。その1:仙台の英雄ですね(サンモール商店街)。それにしても、そっくり。その2:一見すると、ふたりほどとても危ないところに立っているように見える。しかし、実は東照宮駅のホームはこの場所にある。
 
Chap1752:Kale
2017/4/14 15697歩(累計31941385歩)
  先月中旬以降、平日はほとんど地方取材に出ている。土日は東京にいるけれど、スーツを着て仕事をしているので、歩けない。都内の漫歩は、久しぶりだ(前回は半ば強引に歩いたので、実感がない)。こんな状態が、まだ2か月くらいは続きそう。根っからの旅好きだから、全然辛くはないのだけれど、手元の現金がみるみる減っていくのが恐ろしいね。
  写真を。桜が咲いてからというもの、他にもいろいろな花が追随して咲き始めている。紫キャベツみたいな葉っぱからは想像もできないような黄色い花を咲かせていたのは、葉牡丹(茗荷谷駅付近)。
 
Chap1751:HARU-URARA 14th Season
2017/4/10 10929歩(累計31925688歩)
  今年は、桜が長持ちしている。開花はそう遅くもなかったように思うが、その後間の戻りがあったためか、はたまた「花散らしの雨」があまり降らなかった(先週末にちょっと降ったが)ためか、4月10日になってもまだ満開の花が楽しめている。しかし、そういう年に限って、私の方が忙しくてなかなか花見に行けない。うまくはまらないものだ。
  それでも、今日の仕事は池袋でのインタビューのみなので、ちょっと余裕がある。半ば強引に10000歩歩いて、途中で出会えた小竹小学校前の桜を以て、花見漫歩成立ということにしてしまおう。一応、アップ写真も。
 


Fの足跡
Chap1~20
Chap21~40
Chap41~60
Chap61~80
Chap81~100
Chap101~120
Chap121~140
Chap141~160
Chap161~180
Chap181~200
Chap201~220
Chap221~240
Chap241~260
Chap261~280
Chap281~300
Chap301~320
Chap321~340
Chap341~360
Chap361~380
Chap381~400
Chap401~420
Chap421~440
Chap441~460
Chap461~480
Chap481~500
Chap501~520
Chap521~540
Chap541~560
Chap561~580
Chap581~600
Chap601~650
Chap651~700
Chap701~750
Chap751~800
Chap801~850
Chap851~900
Chap901~950
Chap951~1000
Chap1001~1050
Chap1051~1100
Chap1101~1150
Chap1151~1200
Chap1201~1250
Chap1251~1300
Chap1301~1350
Chap1351~1400
Chap1401~1450
Chap1451~1500
Chap1501~1550
Chap1551~1600
Chap1601~1650
Chap1651~1700
Chap1701~1750


B日本漫歩日記


大日本記外伝TOP