Fの足跡45(Chap1301~1350)

 
Chap1350(烈風烈火編142):Sister Cities
2014/8/12 14295歩(累計24734312歩)
  鹿児島中央駅での取材を終え、次なる取材地・宮崎へ向かう高速バスを待つ間に、漫歩を。
  鹿児島市内を走る路面電車は、新旧の車両が入り乱れていてなかなか楽しい。新型車両は、よく見ると4両編成になっている。広電にはやや及ばないかもしれないが、先進的だ。一方では、車幅の狭い古い車両も多く現役で走っている。古い車両の多くに、友好都市や姉妹都市の名が表記されているをのが面白かった。たとえば、こちらは姉妹都市号(マイアミ・パース)。他に、長沙やナポリなどがあった。鹿児島市は、世界中の多くの街と友好関係を結んでいるようだ。
 
Chap1349(烈風烈火編141):Thread a Maze
2014/8/10 16427歩(累計24720017歩)
  台風11号の影響で昨日は船便が欠航になったようだが、今日は海上も穏やか。無事に島原へ渡ることができた。島原市の中心部に位置する島原駅前では、バザーのようなものが開催されていた。お盆周辺のこの時季には、こういったイベントごとが多い。これはこれで楽しいのだが、普段の街の姿を見たい私にとってはあまり好ましくない。だから、盆暮れ正月(+GW)はあまり好きになれない。
  写真を。島原城内を散策したのだが、この城は堀の中にまで遊歩道が巡らされていて、迷路感覚で楽しめる。堀の中を歩ける城跡は珍しいと思う。
 
Chap1348:Cicadas Chirping
2014/8/3 15151歩(累計24703590歩)
  「東京にはセミがいない」とよく言われるが、とんでもない。都内を歩いていても、鬱陶しいくらいにセミの合唱を耳にする。それは、神楽坂の繁華街にしても同じ。いったいどこで孵化したのかと不思議に思うくらいに、セミがたくさんいる。子供たちがセミを採りに木に登る姿も見られた。「なつやすみ」の光景が神楽坂にもあって、なんだか少しホッとした。
  おまけ写真。東京駅改札内に、秋田の竿灯が展示されていた。夏は、全国各地で祭りが開催される季節でもある。人ごみが苦手なのであまり見物に訪れたことはないのだが、こういうものを見ると行ってみたくなってくる。
 
Chap1347:Hustle Hustle
2014/7/26 17150歩(累計24688439歩)
  3連休を旅行に充ててしまい、しかも旅先で漫歩できないほどの過密日程になってしまったこともあり、11日ぶりの漫歩となった。目下、本業の方がだいぶ忙しくなってきているので、またしばらくはなかなか歩けない期間に突入しそうな気配。それでも、忙しいのは良いこと。なにかとモチベーションも上がるので、短めの漫歩なら寸暇を縫ってできるだろう。特に旅先では、なるべく歩くようにしたい。
  写真を1枚。とっても恥ずかしいネーミング(練馬区田柄1丁目)。恥ずかしいけれど、今の私には、私を鼓舞してくれているようにも受け取れる。
 
Chap1346:South Or East
2014/7/15 13138歩(累計24671289歩)
  全国各地で、高校野球の地区大会が開催されている。そのおかげで、ここのところとみに忙しい。試合結果のチェックだけで、1日3時間以上を費やしているので、ほとんど仕事が手につかない状態だ。今週は毎日200試合以上あるだろうから、今週の漫歩はこれが最初で最後になりそうだ。
  今日の写真。西武池袋線の東長崎駅付近の地名は、豊島区南長崎。周辺に、東長崎という地名はない。これってもしかして、九州の長崎に対して「東の長崎」という意味で名付けられた駅名なのだろうか。だとしたら、「武蔵長崎」の方よかったのではないかと思ってしまう。
 
Chap1345:Road To
2014/7/13 20069歩(累計24658151歩)
  高校野球の季節がやってきた。昨日は千葉(漫歩はしていない)、今日は埼玉。ちょうど川越で取材の予定があったので、そのついでに川越初雁球場へ足を延ばす。時間的に第1試合には間に合わなかったので、第2試合の坂戸西vs早大本庄の試合を観戦してきた。それにしても、川越初雁球場はボロい。チケット売り場は、なんとプレハブ小屋だ。
  試合は、全得点(3点)をスクイズで挙げた坂戸西が逆転勝利、3回戦に駒を進めた。8回表の2点スクイズは、鳥肌が立つほどに鮮やかだった。この道は甲子園まで続いているんだと実感した瞬間だった。
 
Chap1344:Sun Street
2014/7/6 23999歩(累計24638082歩)
  所用があって、亀戸サンストリートへ。ここへは、何度かプロレスの無料興業を見に来たことがあるが、買い物とか、飲食とかはしたことがなかった。広いようで狭く、店の数は多いけれど1つ1つの店が小さい印象。基本的にはショッピングモールなのだが、場内をミニエキスプレス「サンドリーム号」が走っていたり(「走る」というほど速くない)して、遊園地的な楽しさもある。通路が碁盤の目状になっておらず、基本的に円を描いているので、迷いやすいのが難点か。
  おまけ写真。ダイエー南行徳店には、スロープ型のエスカレーターがある。カートのまま乗れるので、便利だ。
 
Chap1343:Roast Party
2014/7/5 14585歩(累計24614083歩)
  飯田橋で昔の職場のメンバーと焼肉飲み会があり、その帰りに歩いた。まっすぐ帰ると10000歩に届くかどうか微妙なので、遠回りをして。たらふく食べた後だから、酔い覚まし&腹ごなしにちょうどいい。今の時候、夜間でもそれなりに暑いけれど、短パン&荷物ナシだから快適に歩ける。
  ここのところ、ちょっと暴飲暴食が過ぎている。健康面への負荷ももちろん心配ではあるが、それ以上に財布が心もとない。飲み会は週1くらいにしたいというのが本音だが、来週・再来週ともすでに2回ずつ予定が入っている。普段の生活費を少し切りつめないと。
 
Chap1342:Weaver
2014/7/2 26044歩(累計24599498歩)
  夜勤生活が終わり、日光を浴びながらの生活に戻る。今日は、夜勤から日勤への切り替わり時の特別休暇。今後は平日の昼間に動きにくい生活になるので、今日のうちに昼間に歩いておく。それも、めいっぱい。ここのところ歩数の少ない漫歩が多くなっているので、足の方もやや鈍り気味。久々に25000歩を越えたが、結構疲れた。そういえば、しばらく漫歩旅行にも出ていない。今年いっぱいはずっと忙しいから、来年になるかな。
  写真を1枚。新丸子駅前の商店街には、七夕飾りが。季節の移ろいを実感する。
 
Chap1341:Tasting Party
2014/7/1 18255歩(累計24573454歩)
  今月4日にリニューアルオープンする駅そばのプレス向け内覧・試食会に招待され、西船橋へ出かけた。夜勤明けにそのまま行ったのでは時間的にだいぶ早かったので、漫歩して時間を調整する。この内覧・試食会が即収入に繋がるというような話ではないのだが、こういうところに顔を出しておくことで予期せず道が開けるということもあるので、ここは貪欲に。プレスの人たちもたくさん来ているだろうから、半ば人脈形成が目当てだ。
  写真を1枚。気になるネーミング。脂身たっぷりのステーキなのだろうか(東陽町駅付近)。
 
Chap1340:¥350
2014/6/30 15764歩(累計24555199歩)
  今日で有効期限が切れる「ゆで太郎」の無料トッピング券がだいぶ余っていたので、夜勤明けに新宿ワシントンホテル地下にある店舗へ。夜勤時恒例の朝食カレーセットに、タダ券でコロッケを追加。このボリューム感で、たったの350円。他のファストフード店にはまずマネできないであろう圧倒的なコストパフォーマンスだ。
  おまけ写真。新大久保・新宿間の山手線ガード脇で、またしてもウォールアートを発見。絵柄は幼稚だが、整っていて綺麗。出っ張っている部分に出窓が描かれていたのが、個人的にツボに入った。
 
Chap1339:False Advertising
2014/6/26 14247歩(累計24539435歩)
  かつて、新宿のJR高速バス乗り場は高島屋の隣にあったのだが、工事に伴って南へ移転している。現在の乗り場は、新宿駅から徒歩10分、代々木駅から徒歩1分。もう、「新宿」を名乗るのはやめてほしい。新宿駅から歩いてバスに乗り遅れそうになったことがあるのは、決して私だけではないはずだ。実際に乗り遅れる人もいるのではないだろうか。カッコ書きで(代々木)と表記されているけれど、そんな微妙なものではなく、ハッキリ「代々木乗り場」と表記しようよ。
  おまけ写真。明治通り沿いで見つけたウォールアート(渋谷区東2丁目)。リアルすぎて、夢に見そうなほどキモい。
 
Chap1338:Feelin’ Healin’
2014/6/19 12937歩(累計24525188歩)
  週末から取材旅行が入る。旅先では歩く機会がなさそうなので、今のうちに精力的に歩いておくことにした。そろそろ、漫歩するときには短パンが欲しい季節だ。一昨年の門前仲町ライフの時には、短パン持参で公衆トイレで着替えて歩いていたりしたが、今年もそれを検討しようかな。
  写真を1枚。都心部の喫煙所(灰皿が置いてある場所)というと、日中はどこもオッサンで溢れ返っているものだが、神田駅近くの常盤公園は空いていて、穴場スポットになっている。立地的に便利なので、立ち寄る機会が多い。近くに100円の飲み物自販機があるのも嬉しい。
 
Chap1337:Urban Gully
2014/6/17 19936歩(累計24512251歩)
  夜勤の方がようやく繁忙期を抜け、早い時間に上がれるようになってきた。この季節、少しでも陽が高くなると漫歩中に汗ダラダラになるので、ありがたい。定期があるので帰宅漫歩するモチベーションはあまり上がらないが、そろそろ夜勤生活も終わりが近いので、今週・来週は週2くらいのペースで歩こうと考えている。
  写真を1枚。大久保通りで神田川を渡る末広橋。ここから南側を望むと、ちょっとした峡谷の背後に新宿の高層ビルがそびえる景色を楽しめる。人工的というか、ドライな景色ではあるが、個人的にはこういうのも結構好きだったりする。
 
Chap1336:Dry Rainy Season
2014/6/15 16637歩(累計24492315歩)
  梅雨真っ盛りだというのに、ここ数日は真夏を思わせる太陽が幅を利かせている。今年は、空梅雨なのだろうか。漫歩するにはいいけれど、水不足になるのはちょっと鬱陶しい。やはり、適度に雨は降ってもらわないと。
  写真を2枚。その1:飯田橋駅近くの東京大神宮では、近年の夏場にはすっかりお馴染みになったミストシャワーが稼働していた。ここでも、つゆの雰囲気は微塵もない。その2:都心部の都営地下鉄新宿線は、駅間が異様に短い(千代田区神田小川町3丁目)。地下鉄なのに急行を走らせているのも、納得できる。
 
Chap1335:Boo Boo
2014/6/10 11642歩(累計24475678歩)
  朝になったら雨が止んでいたので、帰宅漫歩することにしたのはいいのだが、いつの間にやらスニーカーが壊れ気味になっていて、歩くたびにギュッ、ギュッと音がする。小さな女の子が昔よく履いていた、ブーブークッションのようなものが内蔵された靴、のようで恥ずかしい。そろそろ、というか早急に、買い替えを検討しないと。
  今日の写真。新宿三丁目駅から徒歩30秒の中華料理店「南国亭」の看板。一時期お気に入りでよく行っていたのだが、ここのところご無沙汰気味だ。4人以上で土日に行くのがベストなのだが、最近なかなかそういう機会がない。
 
Chap1334:idty
2014/6/8 11921歩(累計24464036歩)
  先週はずっと雨続きだったので、なかなか歩けなかった。今日も朝のうちは降っていたのだが、夕方になって外を覗いてみたら上がっていたので、18時に漫歩開始。ただ、21:30には自宅に帰っていなければならなかったので、10000歩を越えたのを確認して即終了とした。
  写真を1枚。自宅近くの板橋区大山金井町にて、不思議な紫陽花を発見。紫陽花は、土壌の酸度によって花(萼)の色が変わることで知られているが、この紫陽花は同じ株の中で、様々な色の花が咲いている。これは、どのように説明されるのだろうか。
 
Chap1333:Red Bill
2014/6/2 21450歩(累計24452115歩)
  JR田端駅から少し南へ下ったところに、東覚寺がある。江戸初期創建の由緒ある古刹なのだが、庶民の間では「赤紙仁王」という通称の方がなじみがある。門前の不動堂脇に2体の仁王像が立っていることに由来するのだが、見事なまでに赤い紙が貼りつけられ、もはや「ムック」にしか見えない。赤い紙には、悪魔を焼除する炎の意味が込められているというが、もはや仁王像が火だるま状態。
  おまけ写真を2枚。その1:屋形船の座布団は、屋根の上で天日干し(浅草橋駅付近)。その2:銀座にも、昔ながらの銭湯があった(中央区銀座1丁目)。
 
Chap1332:Footbridge
2014/5/31 16864歩(累計24430665歩)
  昨年同様に忙しくなってきたが、少しは仕事に慣れたのか、昨年ほどには疲れなくなった。おかげで、残業後にも漫歩をする気力が残っている。なかなか多くの歩数を刻むことはできないが、回数を重ねられるだけでも良しとせねば。
  今日の写真。原宿・神宮橋前の歩道橋が撤去されていた。昭和時代には、若者の待ち合わせ場所の定番だった歩道橋。原宿は個人的に「東京の三大嫌いな街」のひとつだが、この歩道橋だけはちょっと思い入れがあった。昭和の残り香がまたひとつ消えたとともに、私はまた一段と時代の流れに取り残されたような気がした。
 
Chap1331:Clear The Ditch
2014/5/28 11486歩(累計24413801歩)
  前回漫歩の途中で未食の駅そばを発見したこともあり、前回に続いて、今日もお茶の水へ。無事に実食を済ませて、高楊枝状態で歩いていたら、JR御茶ノ水駅のすぐ脇の神田川で、浚渫作業が行われていた。川の上に鉄骨でやぐらを組んで、重機を運び入れての作業。これはなかなか大変だ。神田川でもこのレベルなのだから、隅田川とか荒川とか、どうやっているんだろうかと不思議に思う。
  おまけ写真。上野・西郷会館の跡地にでき、オープン1周年を迎えたUENO3153。これで、「西郷さん」と読む。浅草の雷5656会館と並ぶ、4ケタ数字の語呂シリーズだ。
 
Chap1330:Inner Chambers
2014/5/26 12492歩(累計24402315歩)
  今日は、池袋で公式取材があり、そのついでに銀行巡りとビックカメラでの買い物を済ませた。夜勤生活をしていると、月曜日がもっとも精力的に動ける日になる。日曜にたっぷり寝た後だから、体力的に余裕があるのだ。
  写真を1枚。園内に喫煙所があることから、立ち寄る機会が多い、後楽園駅近くの礫川公園。その一角に、春日局の銅像が立っている。江戸初期に大奥を整備したことで知られる春日局は、その墓がこの近くの麟祥院にある。文京区「春日」という地名は、そこに由来しているという。地名って、紐解くとなかなか面白い。
 
Chap1329:Middle Ground
2014/5/23 14018歩(累計24389823歩)
  俄かに忙しくなってきた。夜勤の方で残業が一気に増えて、本業の方もいろいろ動き出している。忙しいときには、いろいろなことが重なる。世の中そんなものだとは分かっているが、先々週までののんびりムードが恨めしく思える。来週も、引き続き忙しそうだ。漫歩も、しばらくはなかなか進まないかもしれない。早く自由になりたい。
  今日の写真。池袋駅東口、明治通りの中央分離帯部分に、大きな喫煙所が整備されていた。そうそう、こうしてくれればいいのよ。ちょっとくらい不便な場所もいいから、救済策を。世の中、「分煙」の名を借りた滅煙策が多くて困る。
 
Chap1328:Pound Foolish
2014/5/11 13934歩(累計24375805歩)
  消費増税直前に、「ちょっとでも安く」と思って3か月の通勤定期を買ったのだが、思いのほか帰宅漫歩をする機会が多く、元をとれなくなる可能性が出てきた。消費増税の値上げ分400円あまりに目がくらんだか。こういう状態を、安物買いの銭失いというのかもしれない。
  今日の写真。虎ノ門駅近くの外堀通り、特許庁前東側の交差点が綺麗に整備され、広くなっていた。車は走りやすくなっただろうが、個人的には無駄に広い歩道に設置されていた灰皿が撤去されたことが痛い。都心部から、タバコを吸える場所がどんどんなくなっていく。
 
Chap1327:Sleazy
2014/5/10 10737歩(累計24361871歩)
  夜勤生活が思ったほど忙しくならず、意外と漫歩する日も作ることができている。この感じ、いいね。とりあえず日銭を稼ぐことができて、なおかつ自分の時間も確保できる。ずっとこの調子だといいのだが、おそらく来週あたりから忙しくなってくるだろう。平日はなかなか歩けなくなると思われる。だから、歩けるうちに歩いておかないと。
  写真を1枚。今まであまり意識したことがなかったが、西武新宿駅の駅ビルって、こんなに薄っぺらかったのね。震度6で、危険なんじゃないかと思うのだが。上層階には何があるのだろう? これも、考えたこともなかった。
 
Chap1326(烈風烈火編140):Stock Answer
2014/5/5 18273歩(累計24351134歩)
  道の駅始発の漫歩をする場合、その営業を妨害することがないように、オープン前、つまり早朝に歩くようにしている。今日も、朝5時半に漫歩開始。朝は空気が澄んでいるので、特に神社の境内などは清々しくていい。このあたりとしては規模が大きく名高い生島足島神社で、柏手を打つ。おみくじは、。最近、どこで引いてもなかなかいいくじが出ない。
  別所温泉では、駅から一番近い(徒歩5分)大湯で朝風呂を浴びた。さほど汗をかいたわけではないが、ツンと香る硫黄泉に、この時季ならではの菖蒲湯を楽しめた。露天風呂付きで150円は格安だ。
 
Chap1325:Getting Wider
2014/5/3 12339歩(累計24332861歩)
  消費税が上がって、1カ月が経過した。そろそろ、負担増にも慣れてくる頃合いなのだが、個人的には交通費の上昇がたいへんな痛手に感じている。「池袋~渋谷160円」が、いまだに感覚的に染みついているので、切符を買って、電車に乗って、いざ降りるときに「あっ!」と気づくことが多い。
  飲み物の自販機も値上げした。しかし、実は値上げしたのはもともと定価で売っていた自販機だけ。安売りしていた自販機は、据え置かれていることが多い。だから、いまだにこんな激安自販機もある(中野区中野5丁目)。何のことはない。単に高いところと安いところの格差が広がっただけだ。
 
Chap1324:Tide Square
2014/4/27 15813歩(累計24320522歩)
  私は根っからのテーマパーク嫌いなので、これまで何度もしながわ水族館の前を通りながらも、敷地内に足を踏み入れることはなかった。しかし今回、「顔ハメ」でもないかなと思って行ってみたら、周辺一帯がしながわ区民公園として整備されていたことを知り、びっくり。特に、水族館に近い「潮の広場」は、水辺まで降りることもできてなかなか楽しい。
  おまけ写真を2枚。その1:季節変遷のピッチが上がってきた。しながわ区民公園では、もう菖蒲が咲いている。その2:大崎駅近くの百反歩道橋の架け替え工事が行われていた。昭和中期の面影を残す歩道橋、好きだったんだけどな。
 
Chap1323:Before Closing(Revenge)
2014/4/24 15900歩(累計24304709歩)
  昨日に続いて「神田あすわ」へ行こうとしたのだが、11時より前に行っても食べられないと分かったので、住吉まで歩いて時間を潰してから地下鉄で向かう作戦に変更した。こうまでして食べる価値があるのかと疑う部分もあったのだが、結果的には正解だった。「絶品おろしそば」は、一見ならぬ一食の価値があるものだった。
  今日も、花の写真を。JR秋葉原駅近くにて、花壇のツツジが艶やかに咲き誇っていた。赤ではなく、紅。少し紫がかった紅が、目に鮮やか。ツツジは咲き終わった後が見窄らしいが、紫陽花・菜の花に次いで3番目に好きな花。
 
Chap1322:Before Closing
2014/4/23 13667歩(累計24288809歩)
  神田美土代町にある越前そばの店「神田あすわ」が、4/25で閉店してしまうと聞き、閉店前に一度食べておこうと思って夜勤明けに行ってみた。ランチがメインの店ではあるが、朝も7:30から1時間だけ営業しているはずだったのだが、いざ行ってみると「朝の営業は中止しております」との貼り紙。11:00まで待つわけにもいかないので、今日のところは退散。……またこのパターンか。
  今日の写真。江戸川公園のが咲き始めた。この公園にはいろいろな花があるので、いつ行っても楽しめる。お気に入りスポットだ。
 
Chap1321:Northern Cycad
2014/4/20 19836歩(累計24275142歩)
  五日市街道を挟んで南北に、善福寺川緑地が広がっている。その一角に、ソテツが植えられていた。南国のイメージが強いソテツが、こんな寒いところで、ちゃんと生き延びられるのだろうか。桜が終わり、ツツジの季節にさしかかっているが、緑地内のチューリップがそろそろ咲きそうな頃合いだ。春は、いろいろな花が楽しめていいねぇ。
  おまけ写真。中野駅北側の線路防護壁に、かつての桜木町を思わせるようなペイントが施されている。よく見ると、絵がしりとりになっている。ちゃんと、最後が「ん」(ふうせん)で終わっているのが面白い。
 
Chap1320:Double Cherry
2014/4/17 12724歩(累計24255306歩)
  今週から、待望の夜勤生活が始まっている。おかげで、だいぶ精神的にも安定してきた。昼間に働いてしまうと、本業の方がどうしても停滞気味になってしまうので、夜勤の方がスケジュール調整がしやすいのだ。反面、昼も夜も仕事をしていることになるので、圧倒的に睡眠不足になってしまい、体力的にはきついのだが。
  今日の写真。東京では桜(ソメイヨシノ)は終わってしまったが、まだまだ八重の桜は咲き誇っている(江戸川公園)。いろいろな種類があると、結構長い期間にわたって花見が楽しめるものだ。
 
Chap1319(烈風烈火編139):Trespass
2014/4/12 23061歩(累計24242582歩)
  取材で静岡県内をぐるぐると廻ったので、その寸暇を割いて下田市内を歩いた。下田ロープウェーで頂上へ上がれる寝姿山を登り、展望台へ。ここは、かつて黒船が来航した時に、見張り台になった場所。展望台には、当時の米国艦船が搭載していた大砲(実物)が展示されている。
  道中には、猪除けの電気柵があり、結構危険。登山道はほぼ廃道になっていて、荒れ放題。というか、寝姿山は下田ロープウェーの私有地なので、歩いて登るのは原則禁止らしい。別ルートには、こんな看板もあった。後で知ったことなので、どうしようもないが。
 
Chap1318:Tough Luck
2014/4/8 20676歩(累計24219521歩)
  仕事で我孫子へ出かけたので、そのついでに少し足を延ばして、茨城県内を歩いた。関東鉄道龍ヶ崎線の終着駅・龍ヶ崎駅に未食の駅そば店があることを知っていたので、寄ってみる。しかし、こういう時に限って臨時休業。んがー、ついてない。最近、このパターンが多いような気がする。てかこの店、これまでに4~5回はチャレンジしに来ているのだが、いまだ実食叶わず。次回は果たしてどうか。
  おまけ写真。龍ヶ崎駅近くのショッピングセンターの駐車場で咲いていた、。このあたりは東京よりもいくらか涼しいのか、まだまだ花見ができるレベルの咲きっぷりだった。  
 
Chap1317:HARU-URARA 11th Season
2014/4/2 10118歩(累計24198845歩)
  金曜あたりに雨が降り、今度の週末まで桜はもたないだろうという予報が出ていたので、強引に残業を2時間で切り上げて歩いた。黙っていると4時間くらい残業させられる、金欠マンにはとってもありがたい職場だから、平日に歩くには少々強硬な態度が必要だ。
  神田川桜並木は、夜間でも多くの人たちが花見に訪れている。シートを広げて酒宴を楽しむグループも多い。ライトアップされているので、夜桜の写真も撮りやすい。椿山荘の裏手辺りには提灯が連なり、なかなかの風情だ。ともあれ、今年も無事に花見漫歩を敢行することができた。
 
Chap1316:Mall School
2014/3/29 16126歩(累計24188727歩)
  新荒川大橋の北詰に、川口市立の小・中学校と幼稚園が同じ敷地に立ち並び、ショッピングモールのようになっている施設がある。川口市立南中学校と舟戸小学校、そして舟戸幼稚園。郵便受けも、マンションのように並んでいる。荒川端で土地が余っていたということもあるのだろうが、この付近の子どもたちは12年間も同じ場所に通うことになるのか。それはそれで微妙な気がする。
  おまけ写真。志村坂上駅付近にある南蔵院で、さくらまつりが開催されていた。枝垂桜はまだ三分咲きといったところだが、神秘的で高貴な雰囲気が漂い、心が安らぐ。
 
Chap1315(烈風烈火編138):The Saviour
2014/3/21 19364歩(累計24172601歩)
  樽見鉄道沿線を歩き、ショッピングモール・モレラ岐阜へ行ってみた。この手の施設は旅人が行っても楽しいものではないが、その規模の大きさには驚く。モレラ岐阜のオープンに合わせて、樽見鉄道にモレラ岐阜駅が開業した。無人駅ではあるが、土休日には中高生を中心に多くの乗降客がある。感覚的には、JRと接続する大垣駅に次ぐ乗降客数だ。廃止が危ぶまれる樽見鉄道の救世主になるかもしれない。
  おまけ写真。本巣駅には、樽見鉄道の車両基地と本社屋が併設されている。フェンス越しに給油施設なども眺めることができ、鉄道ファンでなくてもなかなか楽しめる。
 
Chap1314:Perchasing
2014/3/16 15522歩(累計24153237歩)
  確定申告の書類を作成していて、印鑑(会社に置きっぱなし)と糊がないことに気づき、慌ててダイソーへ買いに走った。ついでに、知人から「東西」の注文を受けていたので、秋葉原の書泉へ足を延ばす。う~む、書泉でも平積みになっていないのか……。先々のことを考えると、なんとか増刷まではもっていきたいところなのだが。類似本も出ているようだし、頭打ちになりそうな気がして不安。
  写真を1枚。茗荷谷駅近くの播磨坂で、文京さくらまつりの準備が進められていた。まだ少し気が早いが、今年のハルウララ漫歩はここにしようかな。
 
Chap1313(烈風烈火編137):Filmy Ice
2014/3/9 16129歩(累計24137715歩)
  多忙のため、ここのところなかなか歩きに出られない。最大のチャンスは、旅先だ。旅先なら、予定していた以上のことはできないから、空き時間はすべて漫歩に充てられる。
  新潟市民の憩いの場・白山公園に寄ってみた。この日は、春の近さを感じさせる陽気だったのだが、風が冷たく、園内のひょうたん池にも薄氷が張っていた(写真ではわかりにくいと思うが)。園内、というか隣接というか、には、白山神社という大きな神社もある。こういう場所を歩くと、心が落ち着く。薄氷は、やがて融けて水に同化する。ひと足先に春をいただいた気分だった。
 
Chap1312:Dredging
2014/2/23 20012歩(累計24121586歩)
  目下、井の頭池で「かいぼり」が行われている。かいぼりとは、一度池の水をすべて抜き、ゴミをすべて拾って底を天日干しするという壮大な作業。水質浄化はもちろんのこと、それ以上に、外来魚を駆除するという目的が大きいようだ。
  だから、今は井の頭池に水がない。こんなレアな姿を見られるのは、今日まで。明日から、池に水を戻す作業が始まる。池のほとりには、池の中から出てきたゴミを展示するテントがある。ちょっと覗いてみたのだが、案の定というか、思っていた以上に、携帯電話(スマホを含む)が多いようだった。「青春なんて大嫌いだ~」と、捨てる人が多いのだろう。
 
Chap1311:Instep-ache
2014/2/22 10197歩(累計24101574歩)
  先週の頭くらいから、左足の甲が痛い。普通に歩いているぶんには特段の影響はなく、日常生活に支障をきたすことはないのだが、つま先が持ち上がらない。上げようとすると、疝痛が走る。微妙に腫れている(靴がきつく感じる)し、骨、折れている(ひびが入っている)んじゃないかな。ちょっと不安になる。なにしろ骨折の経験がないものだから、感覚ではよく分からないのだ。保険があるうちに、接骨院に行こうかな。
  今日は騙し騙し、歩いて帰ってみたが、まぁ10000歩程度歩く分には問題なさそうだ。明日は20000歩越えの漫歩に挑むつもりでいるのだが、大丈夫かな……。
 
Chap1310:Weekday Holiday
2014/2/17 19559歩(累計24091377歩)
  今日は、月に一度の平日公休。これがあるのが、今の職場の良いところ(反面、土曜出勤もあるのだが)。平日しか営業していない立ちそば店も多いので。というわけで、銀行巡りと未踏立ちそば巡りで貴重な休みを消費した。
  写真を2枚。その1:二子橋の東、246新道の高架下に、先代二子橋の親柱が保存・展示されている。かつてはこの橋の上を、路面電車が走っていた。アナログ好きの私としては、この時代に生まれ育ちたかったとも思う。その2:今さらながら、出ました! かまくら!(世田谷駅付近) 子どもなら、充分中に入れるサイズ。お見事。
 
Chap1309:Robbot Totem Pole
2014/2/16 14288歩(累計24071818歩)
  六本木界隈を歩いていて、ふとさくら坂公園のトーテムポールが気になった。近寄ってみると、いわゆるトーテムポールではなく、小さなロボットの集合体だった。なんでこんなものがここにあるんだろうという疑問は湧くが、面白い。なお、この公園は乃木希典の生誕地らしい。乃木生誕地の石碑と謎のロボット・トーテムポール、妙な取り合わせだ。
  おまけ写真。雪景色の写真を撮りたくて、有栖川記念公園に寄ってみた。残念ながら雪はだいぶ溶けていて、期待していたような写真はとれなかったのだが、反面、池の水面が部分的に凍っていたことに驚いた。
 
Chap1308:Snow Screen
2014/2/11 22552歩(累計24057530歩)
  先週末の大雪騒動がまだ冷めやらぬというのに、今日も白いものが舞っている。1月頃には「今年は雪が降らないんじゃないか」と心配したものだが、一転、「もう雪はいいよ」というムードになっている。降っても降らなくても「異常気象」。キッチリ平年通りの年なんて、あるわけがない。JR本八幡駅近くの千葉街道にも、尋常じゃない量の積み雪が残っていた。東京の積雪は、公式記録としては26cm。やっぱり記録的な降り方だったようだ。
  おまけ写真。粋なポスト(新柴又駅付近)。ポストが粋というよりも、ポストの背後にある学習塾が粋なのか。
 
Chap1307:It’s Muddy
2014/2/9 16520歩(累計24034978歩)
  大雪から一夜明け、快晴。シャーベットがぬかるみと化してこの上なく歩きにくかったが、貴重な東京の銀化粧を眺めたくて街に繰り出した。
  写真は、平井大橋の東西から計2枚。その1:雪後漫歩の最大の魅力は、創作物巡り。しかし、今回は降りすぎて気力が湧かなかった人が多いのか、あまり力作には出会えなかった。最優秀賞は、平井大橋東詰で出会った、変形雪だるま(推定身長1m)。攻撃を受けると毒に冒されそうだ。その2:平井大橋西詰から眺める、雪原とスカイツリー。スカイツリーがもうちょっと近ければ、もっとよい絵になったのだが。
 
Chap1306:After 4 Months Of Not Doing So
2014/1/26 12143歩(累計24018458歩)
  友人と新宿で飲んで、その帰りに歩いた。新宿から自宅まで10000歩ギリギリだということが分かっているので、敢えて東新宿をスタートにして、待ち合わせ場所までの歩行ぶんを加算する。なんと健気な努力だろうか。
  今日会ったのは、門仲時代の同僚たち。昨年9月のBBQ以来、約4か月ぶりの顔合わせだった。現役時代には毎日のように飲み歩いていたのだが、ここにきてだいぶ顔を合わせる頻度が下がってきている。時の経過というのは、時に無情で、残酷なものだと思う。すべての記憶を色褪せさせるのだから。次に会うのは、果たしていつになるだろうか。
 
Chap1305:Brooks
2014/1/25 16731歩(累計24006315歩)
  インフルエンザでダウンしていたため、11日ぶりの漫歩となった。来週から忙しくなりそうな気配があるので、今のうちに歩数を稼いでおきたいところだが、今日は昼過ぎまで寝てしまったため、ほどほどの歩数で。本音を言うと、20000歩を超えたかったけれど。
  写真を1枚。平和の森公園の中を歩く。これまでにも何度か行ったことがある公園だが、中をじっくり歩いたのは初めて。今まで認識していなかったのだが、園内には水場がたくさんあり、歩いているとそこかしこからせせらぎの音が聞こえてくる。涼しげなので、今度夏場に来てみることにしようか。
 
Chap1304:To Be Oblique
2014/1/14 17351歩(累計23989584歩)
  貴重な平日の休みは、銀行回りで使ってしまう。銀行に行くのも、平日に働いている人にとってはなかなか簡単ではない。現金を預け入れて手数料をとられるのは、どうしても納得がいかないので。
  巣鴨の地蔵通り商店街は、平日でも大盛況。もともと、行くのがお爺ちゃんお婆ちゃんだから、曜日は関係ないのかな。歩くのが遅いし、左右にフラフラするから、私もなかなか思い通りに歩けない。悪気がないのは分かっているが、斜めに歩く人に「幅寄せ」をされているように感じてしまう。この街に溶け込むには、まだ40年ほど早いのかもしれない。
 
Chap1303:Sunday Best
2014/1/13 25735歩(累計23972233歩)
  今日は成人の日。晴れ着姿の女の子でも眺めようと思って歩きに出たのだが、ちょっと意外過ぎるくらいにそれらしい人に遭遇しなかった。成人式をやらなくなったわけではないだろうから、ルート編成が悪かったのかな。区役所とか、いかにも成人式をやっていそうな場所を選んで歩いたのだが。
  生麦駅近くの第一京浜沿いから、写真を2枚。その1:味覚的には合いそうに思うが、ネーミングは合わない。その2:首都高速の横浜北環状線が、前回通った時よりもだいぶ完成に近づいていた。キリンビールの敷地内を通っているように見えるが、問題ないのかな。
 
Chap1302:Square Building
2014/1/12 16537歩(累計23946498歩)
  久々の、完全フリーの3連休。土曜に出勤したので、振替で火曜までが休み。これといった予定もないので、ひたすら歩いて過ごそうかと画策。最近は漫歩も伸び悩んでいたところなので、いい機会だ。
  JR大塚駅の改築工事が終わり、駅ビルを併設した新駅舎がオープンしていた。まぁ、なんとも味気ない駅舎。綺麗になったのはよいことなのかもしれないが、なんでまたこんなにのっぺらぼうのビルにしてしまったのか。これだったら、薄汚れた旧駅舎の方が味があって良かったのに。こういう無機質な駅舎を望む人、あまり多くないんじゃないかと思うのだが。
 
Chap1301:Be Smart!
2014/1/7 10049歩(累計23929961歩)
  郵便局から小荷物が届いたのだが、例によって不在票イン。建物の特性上やむを得ないことではあるのだが毎回郵便局まで取りに行くのもなかなかしんどい。
  郵便局に限らず、宅配便の受渡システムはもうちょっとスマートにできないものだろうかと、つくづく思う。単身世帯が多い世の中なのだから、正攻法で配るだけでは効率が悪い。24時間再配達を受け付けるか、あらゆる荷物をコンビニで受け取れるようにするか。そのくらい大胆なサービス改革が必要だと思う。……というか、早く「宅配便を受け取れる部屋」に引っ越したい。
 


戻ります。