Fの足跡42(Chap1151〜1200)

 
Chap1200:103,624
2013/1/30 22767歩(累計22185535歩)
  近年の武蔵小杉の発展ぶりは、目を見張るものがある。ガス橋上から眺める景色は、まるで城塞都市のようだ。近隣に高い建物が少ない中、武蔵小杉周辺だけ高層ビルが林立している。先日、所用があってJR東日本の各駅の乗車人員数を調べたのだが、武蔵小杉駅は103,624人/日で、31位にランクしていた。神奈川県内では、横浜・川崎・戸塚に次いで4位だ。知らぬ間に、ずいぶんと大きな街になったものだ。
  一方、駅前を少し外れると、表通り沿いに釣瓶井戸が残っていたりする(中丸子山王町2丁目)。新しいものと古いものが、これほど融合できていない街も珍しい。
 
Chap1199:Forest Tower
2013/1/28 14615歩(累計22162768歩)
  元麻布の丘のてっぺんに、広大な敷地を持つ元麻布ヒルズがある。敷地内は歩行者が自由に入ってよい旨の看板があったので、入って歩いてみた。緑が豊かで、かつ開放的で、住むにはよさそうな場所だ。しかし、メイン施設のフォレストタワーは、ちょっと好きになれない。上層階がポキッと折れそうな、頭でっかちな形状。ここには住みたくないなぁ。
  元麻布、ヒルズに象徴されるような綺麗な街かと思いきや、そのすぐ裏に廃墟のようなマンション(人がいる気配がないので、本当に廃墟かもしれない)があったりして、不思議な街だ。幽霊ではなく、洋風のゴーストが出そうな雰囲気だ。
 
Chap1198:Long Relay
2013/1/25 17389歩(累計22148153歩)
  今日は、空気が凛と張りつめているのが分かるくらいに寒かった。そんな中、タバコを吸いに立ち寄ったコンビニに、こんな貼り紙があった。なるほど、近くに日体大があるわけね。番狂わせだったということもあるかもしれないが、もう少し立派なものを用意できなかったものか。ちなみに、我らが中大は無念の途中棄権。低迷期に入ってしまったのか……。
  おまけ写真。東急世田谷線の宮の坂駅前に、古い鉄道車両が1両、保存されている。大正14年製で、東急→江ノ電で活躍し、平成2年に現役を退いた600形電車。内部が開放されているので、待合室として利用できるのだろうか。
 
Chap1197:Colosseum
2013/1/23 18471歩(累計22130764歩)
  りんかい線の国際展示場駅は、すぐ裏手にある有明コロシアムを駅名にすべきだと思う。東京ビッグサイトに行こうとしてこの駅に降り立ち、遥か彼方に建物が見えてガッカリしたことがある人、多いのではないだろうか。ゆりかもめで行けばよかった……と。話は変わるが、その昔、私は「コロシアム」と聞くと反射的に頭の中で「殺し合ム」という字を当ててしまい、非常に怖いところというイメージを勝手に抱いていた。チビっ子たちのためにも、呼称、変えられないものかな。
  おまけ写真。改築中の歌舞伎座。だいぶ完成に近づいているようだ。足を止めて写真を撮る人が目立った。
 
Chap1196:After a Big Fire
2013/1/21 20310歩(累計22112293歩)
  今晩から明日にかけて雪の予報が出ているので、今のうちに歩いておくことに。また積もるのかな……。いっそ雨になって、残っている雪が溶けてくれるとありがたいのだが。
  本駒込の本郷通り沿いに、吉祥寺という大きな寺がある。吉祥寺というと、武蔵野市を連想する人が多いと思うが、実は駒込の方が正当な系譜。もともと神田駿河台にあったのだが、明暦の大火で焼け、本駒込に移された。この時、門前町の一部の人々が現在の武蔵野市へ移って開墾したのが、武蔵野市の吉祥寺の由来。山門と経蔵は、17世紀の建築がそのまま残っている。境内には、小ぶりの大仏もある。
 
Chap1195:Storage Reservoir
2013/1/18 16734歩(累計22091983歩)
  帰ってニュースを見たら、今日は寒かったそうなのだが、日差しのあるところを歩いているとむしろ昨日より暖かかったように感じた。屋根の残雪が溶け、ポタポタと滴が落ちている家屋が多かったし。しかし、陽当たりの悪い公園などは、ほぼ新雪の状態で残っている。こりゃ、当分溶けないね。
  今日の写真。妙正寺川沿いにある落合公園は、一見何の変哲もない児童公園だが、実は地下に大きな調整池が整備されていて、台風などで妙正寺川が一気に増水した時に導水できるようになっている。都市部には、地下にこのような調整池がある公園やマンションなどが、結構多い。
 
Chap1194:Running Course
2013/1/17 19862歩(累計22075249歩)
  先の大雪のせいで、しばらく漫歩&ジョギングを自重していたが、そろそろ、昼間歩く分には問題ないくらいに雪が溶けてきた。まずは、いつものジョギングコースを歩いてみたのだが、まだ路面にベットリとシャーベットが貼りついている箇所がかなりある。雪かき、しなかったのかな。ジョギング再開は、週明けくらいになりそうだ。
  写真を2枚。これだけ降ると遊びたくなる人が多いようで、あちこちで雪のオブジェが見られた。グランプリは、何かの顔をかたどったかまくら(千代田区飯田橋2丁目)。準グランプリは、細部までかわいい雪だるま(豊島区西池袋3丁目)。
 
Chap1193:Listen To The Music
2013/1/13 13984歩(累計22055387歩)
  締切まであと2日だというのに、ちっとも筆が進まない。こういう時には、歩いてリフレッシュするに限る。残り1日ならPCにかじりつくしかないが、2日前なら歩いた方がいい。好きな曲を聴きながら無心で歩けば、だいたい良い方に転がる。……が、帰ってPCを開けてみたら、締切が2日延びた旨のメールが届いていた。それが最初に分かっていれば、そもそもこんなに煮詰まる必要がなかったのに。
  今日の写真。松屋が、チカラめしを叩きに動きましたか(新大塚駅周辺)。牛丼チェーンの仁義なき戦い、傍観していると結構面白い。
 
Chap1192:Right The Rhythm
2013/1/11 17254歩(累計22041403歩)
  年が明けてからというもの、すっかり生活のリズムが狂ってしまっている。たてつづけに旅に出ていたのが、その最大要因だ。11月から始めている「夜間の炭水化物摂取制限」と、「漫歩しなかった日は夜走る」の2つを、全然履行できていない。旅の連続が昨日まででひと段落したので、そろそろ、リズムを元に戻さなければ。今日は漫歩しているからいいとして、明日からはジョギングも再開しよう。もちろん、「鍋夕食生活」も再開だ。
  写真を1枚。田無駅前、ショッピングセンター「LIVIN」の電飾。なかなか派手だね。
 
Chap1191(烈風烈火編119):Spout Out
2013/1/9 29686歩(累計22024149歩)
  東伊豆の国道はアップダウンが激しく、歩いていると冬でも汗ばむ。本当は下田まで歩こうと思っていたのだが、ホテルの夕食に間に合わなくなりそうだったので、河津で終了。その代わりに、峰温泉大噴湯公園の大噴湯を見ていくことにした。東洋一の規模を誇る噴湯なのだが、期待値が高すぎたのか、実際の噴湯は「消防の放水みたいだ」と感じた。
  国道に歩道がないこのエリアを歩く人は少なく、特にトンネルなどは道幅が狭くてたいへん危険。しかし、歩くからこそ見えるものも多い。たとえば、崖上の野生のサルの群れ(稲取周辺)。少々鬱陶しいくらいに、鳴き声が聞こえてくる。
 
Chap1190:Hilltop District
2013/1/6 20212歩(累計21994463歩)
  城ケ島まで歩いたチャレンジ漫歩以来、久しぶりに横須賀の中心部を歩いた。前回と同じコースではつまらないので、少し内陸部に切れ込んで、丘の上の衣笠駅付近を歩く。衣笠は、歩く前にはかなりショボい街並みを想像していたのだが、意外にまとまった市街地を形成している。商店街も、規模が大きい。駅そばも発見したので、もう一度歩きに行くことになるだろう(この日は日曜で休みだった)。
  おまけ写真。北久里浜駅の西、根岸交通公園付近で面白い店を見つけた。なんともメニューの種類が多いスナックスタンド。北久里浜も、なかなか面白い街だ。
 
Chap1189:Croud Vail
2013/1/3 17681歩(累計21974251歩)
  相模大橋を渡るときに、丹沢の山々がかなり間近に見えた。晴れていればその全容に圧倒されたのだろうが、今日は重苦しい雲に覆われて、裾の方しか見えなかった。しかし、夕方になって雲が少し晴れ、厚木市岡田付近の国道129号からは迫力ある山容が眺められた。
  おまけ写真。湘南エリアには、随所に湘南クッキーの自販機が設置されている(写真は門沢橋駅付近)。気になったので、一番安い(3枚入りで80円)「なぎさの小石」を試してみた。……うん、普通にクッキーだね。種類が豊富なので、気軽にいろいろ試せる。次回は別商品にチャレンジしたい。
 
Chap1188:Resound To My Pit
2013/1/2 19729歩(累計21956570歩)
  高崎駅に降り立つなり、いきなり上州名物のからっ風に晒された。群馬の冬は、本当に風が強いんだな。歩きづらいし、鼻水ズルズルになるし、こりゃ、私は群馬には住めないな。ところで、このような強風の日によく思うのだが、どの方向に歩いても向かい風が吹いているように感じるのは、何故なのだろうか。「あるある」だと思うのだが。
  写真を1枚。山名駅を探して住宅街に入り込むと、駅のすぐ隣にある山名八幡宮で和太鼓の演舞が行われていたので、しばし足を止めて観覧した。耳よりも腹から聞こえてくるような重低音、大好きです。
 
Chap1187:Welcome 2013
2013/1/1 23426歩(累計21936841歩)
  元旦から有効の北海道&東日本パスを買ったので、今年の初詣は日光で。例年、混雑する三が日は避けて行くので、芋洗いの初詣は久しぶりだ。こういう賑やかな初詣もいいけれど、独りで行くものではないような気がする。
  写真を3枚。その1:まずは日光山輪王寺を参詣。ただ、本堂が改修工事中で、「絵に描いた餅」ならぬ「絵に描いた本堂」だった。これは切ない……。その2:続いて、二荒山神社へ。こちらは、たいへん重厚な拝殿。その3:両寺社でおみくじを引いたが、輪王寺が吉、二荒山神社が末吉だった。ささやかな幸せが訪れる一年になりそうだ。
 
Chap1186:Remember 1994
2012/12/29 13438歩(累計21913415歩)
  北海道&東日本パスが明日まで有効なので、使わないと勿体ない。というわけで、この機会に普段なかなか行きにくいところへ行っておくことに。八王子あたりも、普通に切符を買って行くと結構な金額になるので。
  途中で、大学1、2年の時に通学で毎日利用していた豊田駅を通った。この20年近くの間に、駅周辺にはだいぶビルが増えたように思うが、どことなく無機質というか、活気が失われているようにも感じた。年末で、学生の姿が少ないからだろうか。友人と、65円バーガーの大食い対決をしたマクドナルドも、健在。いやはや、懐かしいのなんの。
 
Chap1185(烈風烈火編118):Submerge
2012/12/27 16222歩(累計21899977歩)
  猛烈な寒波に見舞われた東北地方を抜け、ようやく歩ける環境になってきた。三才駅で途中下車し、長野電鉄の沿線を少し歩くことに。長野電鉄は、なかなか元気だ。電車も3両連結されているし、沿線にも有人駅が多い。乗降客も、それなりにある。本郷駅には、ただの途中駅なのに、駅デパートまである。まぁ、中は空きテナントやシャッターが下りている店舗が多かったのだが。
  郊外では地上を走っている長野電鉄だが、長野市の市街地では地下に潜る。善光寺下駅と本郷駅の間で、トンネルの出口が口を開けている。
 
Chap1184(烈風烈火編117):Down Grade
2012/12/24 15756歩(累計21883755歩)
  ローカル私鉄歩ききりシリーズ。今回は、福島・飯坂温泉間を走る福島交通飯坂線の起点から終点までを歩いてみた。まぁなんとも長閑な路線で、途中駅はほとんど無人駅ばかり(一応窓口があるのだが、閉鎖されていて長いこと使われていないようだ)なのだが、桜水駅はたいそう立派な駅舎になっている。操車場があり、本社屋を兼ねているためだ。待合室にはストーブまであるが、さほど乗降客は多くない。
  終盤、医王寺前駅を過ぎて下り坂にさしかかると、急に前方に飯坂温泉の街並みが開ける。なかなか印象的な景色の開け方だった。小雪が舞う中、歩いた甲斐があった。
 
Chap1183:7 Days Pass
2012/12/22 12375歩(累計21867999歩)
  来週の旅に備えて、北海道&東日本パスを買いに行った。今回の旅は3泊4日なので、青春18きっぷを買って1日分チケットショップに売るか、北東パスを買って3日分ムダにするかでちょっと悩んだ。コスト的には、どちらも同じくらいのところに落ち着くので。結局、自動改札を通れるのと、財布に入れて持ち歩ける(切符が小さい)ことが決め手となって、北東パスを選択した。3日分ムダになると言っても、都内をチョコチョコ乗るのにも使えるわけだし。
  写真を1枚。最近、ロボットレストランの宣伝カーがどんどん派手になってきている(新宿駅付近にて)。
 
Chap1182:Succession
2012/12/19 14315歩(累計21855624歩)
  仕事の打ち合わせで麹町へ行き、その帰りに歩いた。先々週までの怒涛の波状締切地獄から解放されて、これでいったん少し落ち着くのかなと思っていたのだが、なんだかんだで途切れることなく仕事が入ってくる。
  もちろん、これは嬉しいことなのだが、10月あたりに考えていた構想とはだいぶズレが生じている。単行本制作に集中して忙しくなるはずだったのに、細かい仕事の連続で手いっぱいになっている。やりたかった単行本制作が遅々として進まない。まぁ、皮算用どおりにはいかないのが人生だってことは、39年生きてきてよく分かっているのだけれど。
 
Chap1181:Pension
2012/12/18 17404歩(累計21841309歩)
  退職から1か月半が経過して、ようやく年金の切り替えの手続きをしに板橋区役所へ行ってきた。面倒なことはもっと早く済ませてしまいたかったのだが、なかなか書類が揃わなかったのと、そうこうしているうちに仕事が忙しくなってそれどころではなくなってしまったのと、旅に出てそれどころではなくなってしまったのと。窓口で「もっと早く来い」的な突っ込みを入れられるかなと覚悟していたのだが、意外にもすんなり終わった。むしろ「お疲れさまでした」と言われた。もし、私が年金完納者でなかったなら、こうはいかなかったんだろうな。役所って、そういうところだと思う。
 
Chap1180(烈風烈火編116):Stagnant
2012/12/15 16465歩(累計21823905歩)
  2年前の(Chap870)時点で高架化工事中だった若江岩田付近、工事がどの程度進捗したかを見に、再訪してみた。しかし、相変わらず高架線路が運用されているのは下り線のみで、上り線は地平を走っている。2年前と景色がまったく変わっていないように感じる。ちゃんと進んでいるのだろうか。
  高架化工事は東花園駅付近にまで及んでいる。東花園駅は、高架化が完了すれば駅舎が200mほど東に移動するようなのだが、高架化が完了しているのが下り線のみなので、現状では上下線で駅舎が別々になっている。不便というか、なんだか落ち着かないなぁ。
 
Chap1179(烈風烈火編115):Exotic Temple
2012/12/14 20853歩(累計21807440歩)
  広島の寺町界隈を歩いていたら、ひときわ目立つ建物があった。異国情緒溢れるこの建物は、報専坊という浄土真宗の寺院。もともと仏教はインドから渡来したものだから、このようなインド風の建築であっても不思議ではないのだが、やっぱり日本にあると異様に感じる。創建は1787年と古いが、原爆で全壊、現在の建物は1993年に再建されたもの。
  おまけ写真を2枚・その1:広島城。天守閣は本丸の北西の角に建っている。その2:広島市内の路上には、いたるところに灰皿が設置されている。喫煙者にとってはありがたいのだが、さすがにこの2つが並ぶのはどうなんだろうか。
 
Chap1178(烈風烈火編114):Double Pleasure
2012/12/13 19389歩(累計21786587歩)
  旅先では駅間の近い市街地で漫歩することが多いのだが、今日は山中の彦山駅をスタート地点に定めた。途中にある道の駅「歓遊舎ひこさん」に寄りたいのと、彦山は観光地なので、もしかしたら駅そばがあるかも、という淡い期待があってのこと。しかし、どうやら彦山駅に駅そばはないようだ。
  写真を2枚。その1:彦山周辺には、天然水の自販機(お金を入れると蛇口から水が出るタイプ)がたくさんある。だいたい、10リットルで100円。……微妙だ。その2:JR駅と道の駅が合体している「歓遊舎ひこさん」。写真右端がJR駅入口。もっとも、鉄道で訪れる人はあまりいないようだ。
 
Chap1177(烈風烈火編113):Precipice
2012/12/12 14535歩(累計21767198歩)
  事前の計画では、今日は西讃地方の善通寺・観音寺あたりを歩くつもりでいたのだが、当日になって気が変わった。JR沿線は青春18きっぷがあればいつでも歩きに行けるので、ローカル私鉄の琴電(高松琴平電鉄)沿線を優先する。思い立ったが吉日、志度駅で列車を降りた。
  写真を2枚。その1:琴電沿線には、小さな踏切がたくさんある。その多くは、遮断器は自動では開閉せず、手で前後に押して開閉するタイプだ。面白いけど、開けっ放しにしたら列車にぶつかってしまうのではないか、と思う。その2:聳え立つ屋島の嶺。上部の断崖が印象的な山容だ。
 
Chap1176(烈風烈火編112):Stand On The Head
2012/12/11 21213歩(累計21752663歩)
  5日間の旅は、予定では5日連続で漫歩するつもり。鉄道旅行だと、漫歩を挿入しやすい。車旅行だと、車の置き場という点において、なかなか漫歩するタイミングが取れない場合が多いのだ。うまいこと駅の近くに道の駅でもあればいいのだが、残念ながらそううまくいくケースは少ない。
  写真を2枚。その1:名古屋城の南側を通りかかった時に、金鯱輝く天守閣が見えた。いずれ、ちゃんと見物したいものだ。その2:庄内橋上から庄内川を見下ろしたら、水鳥の群れが。鴨かと思いきや、よく見たらカワウだった。そういえば、愛知県は全国有数のカワウ繁殖地だ。
 
Chap1175:Platina Ticket
2012/12/9 12658歩(累計21731450歩)
  久しぶりに、友人とプロレスを観戦しに後楽園ホールへ行ってきた。少し前までは年に4〜5回くらいは観に行っていたのだが、ここのところご無沙汰していた。長らく夜勤をやっていたせいで、なかなか友人と余暇のタイミングが合わなかったためだ。一人で観に行ってもいいのだが、チケットの確保が面倒。友人が、ツテがあっていい席を確保してくれるので、任せてしまった方が楽でいい。
  試合は楽しかったが、今日は風が強く、鼻水ズルズルになってしまったのが残念だった。風と埃は、私の天敵。この慢性鼻炎、どうにかならないかな……。
 
Chap1174:I’d Like a SOBA
2012/12/8 18870歩(累計21718792歩)
  Chap1163で見つけた保谷の「万葉そば」を食べたくて、歩いて行ってきた。オーダーは、もちろん「あしたば天そば」。このチェーンオリジナルの定番メニューだ。麺は厨房内で製粉・製麺し、注文後に茹でる二八そば。天ぷらも注文後に揚げるので、トッピングするときに「ジュジュ〜ッ」と音がする。これが430円という低価格で食べられるなんて! わざわざ歩いてきた甲斐があった。
  おまけ写真。激安衣料品店の「のとや」が、石神井公園駅付近にもあった。下赤塚だけだと思っていたのだが、あちこちにあるのだろうか。
 
Chap1173:Ginkgo
2012/12/6 13617歩(累計21699922歩)
  昔の職場の同僚と高田馬場で飲むことになり、歩いて行った。まっすぐ歩いたのでは10000歩に届かないので、かなり大きく回り道。途中、雑司ケ谷霊園の中を突っ切って歩く。雑司ケ谷霊園は、青山霊園のように洗練されておらず、夜になると怖いものが出そうな雰囲気がある。イチョウの黄葉も散りにけりで、侘しい季節だ。
  よく考えてみたら、外で飲むのは約1か月ぶりだ。毎週のように飲んでいた10月までが、夢だったかのようだ。まぁ、ダイエットするにはこのくらいの方がいいのかもしれないが、時折寂しく感じることもある。
 
Chap1172:Sharpens Me Up
2012/12/3 13874歩(累計21686305歩)
  締切が近づいてきて、またしても頭が煮詰まってきた。この2週間の間に、締切が4回もあったので、間断なく忙しい。もう、頭の回路が焼き切れそう。こういう時は、少し漫歩して気を紛らせるのが一番だ。机の前に座ってウンウン唸るよりも、好きな曲を聴きながら歩いていた方が、遥かにいいアイデアが出る。フリスクのCM、あれは嘘じゃない。
  出発が夕方になってしまい、暗い中を歩く形になってしまったが、それでも効果は覿面。終盤には霧雨が降り始めたが、それでも効果は覿面。さ、木曜の締切をクリアすれば、いったん少し落ち着く。あともう少し、もう少し頑張れ、自分!  
 
Chap1171:Long Slider
2012/11/30 22902歩(累計21672431歩)
  「う〜ん、駅そば食いたいな」。漫歩のきっかけなんて、たいていそんなものだ。今日も、昼食に駅そばを食べたくて、未食店を求めて歩きに出かけた。闇雲に歩いてもそうそう未食店なんて見つかるもんじゃないと思っていても、これが意外と見つかるもの。今日も無事に2杯食べ、さらに次回以降用の未食店も見つけておいた。駅そば巡りは、まだまだ終わりそうにない。終わりが見えないからこそ楽しい。
  写真を1枚。中川右岸緑道公園にある、長い長い滑り台。これは楽しそうだ。長い滑り台にありがちなローラータイプではなく、純粋な滑り台。童心に帰ってしまいそうだ。
 
.Chap1170:Languid
2012/11/28 11056歩(累計21650339歩)
  夏以降、暴飲暴食する機会が多く、目下かなりオーバーウェイト気味だ。このままではいかんということで、今月に入って「漫歩しなかった日には、夜走る」というルールを定めた。夜走るのは以前にもやっていたことだし、基本的に好きなので、特に苦にはならないのだが、今日に限ってはどうにも気分が乗らなそうだった。そこで、無理やり漫歩に出る。そうまでしてマイルールを定める必要があるのか疑問だが、体重で7s、ウエストで5cm絞る決意は固い。
  写真を1枚。志村三丁目駅付近、首都高高架下道路の幅寄せ縁石。ほとんど、嫌がらせだ。
 
Chap1169:License Boogie
2012/11/27 20922歩(累計21639283歩)
  運転免許の更新のために、神田の免許更新センターへ行ってきた。毎度のことながら、地元の警察署で更新できないのが腹立たしい。ま、検挙されるのが悪いと言われればそれまでなのだけれど。免許を更新できるだけ、ありがたいと思わなくては。しかも5年免許だし。
  1時間の講習の中で、運転適性の自己診断テストのようなことをやるのだが、ありのままに答えたら、私は「ながら癖」があり、攻撃的で、周囲への配慮が足りないという結果になった。まったくもって運転には向いていないようである。ま、当たらずとも遠からず、な気はする。
 
Chap1168:39th Growin’ Up
2012/11/24 29607歩(累計21618361歩)
  今年の誕生日漫歩は、景気よく山歩き。11月24日は、前日が勤労感謝の日であるため、振替も含めて休日に当たる可能性が多い。この日に生まれたことに、感謝。
  行き先は、埼玉県越生町にある大高取山。標高376mの低山だが、西山高取コースは結構急勾配のアップダウンがあり、楽しめる。下山ルートに選んだ虚空蔵尊コースだと、なだらかすぎてイマイチ。ルートがいろいろあるので、何回行っても楽しめる山だ。眺望が開ける場所も多いので、お手軽ハイキングにオススメ。写真は、山頂の三角点と、山頂から少し下ったところにある「だいこうじ跡」からの眺め
 
Chap1167:Round Table
2012/11/21 15108歩(累計21588754歩)
  仕事で横浜へ行き、その帰りに少し歩いた。20000歩くらい歩こうかと思っていたのだが、この時期、陽が沈むとかなり寒い。上着を持参しなかったことを少し悔みつつ、15000歩を超えたところでギブアップ。
  今日の仕事は、某新聞社主催の座談会に参加するというもの。普段、同好者と席を同じくすることがあまりない(意図的に避けている部分も多少ある)私としては、たいへん新鮮な機会だった。ただ、私は独演や1対1のインタビューに慣れているので、座談会は喋る機会が少なくてムズムズする。2時間に及ぶ座談会だったが、個人的には不完全燃焼だった。
 
Chap1166:Glasses
2012/11/19 22718歩(累計21573646歩)
  締切直前で忙しさのピークにあったのだが、ちょっと頭が煮詰まったので、気分転換に歩きに出た。漫歩は、気分転換にしては時間を使いすぎるのが難点だが、効果は抜群だ。
  板橋駅まで歩いたところで、眼鏡を作ろうとしていたことを思い出し、池袋西口のメガネドラッグへ。近年、眼鏡の価格破壊が進んでいて、安く作るならオンデーズという選択肢もあったのだが、少なくとも5年は毎日使うものなので、行きつけの店の方がいい。接客もすごく丁寧で親切だから、安心。20000円の出費は痛いことは痛いが、幸いにも今は懐に余裕がある。お金は、あるときには惜しまず使う。それが信条。
 
Chap1165:Carried Forward
2012/11/16 14870歩(累計21551468歩)
  通帳の繰越のために、銀行へ。知人から「ATMでできるよ」と教えてもらい、実際に東京三菱UFJ銀行の通帳は確かにATMで繰り越せたのだが、みずほ銀行は「時間内に窓口へ」と。みずほ銀行、もうちょっと頑張ろうよ。ついでに眼鏡を作りに行こうかと思いついたが、財布の中身が2400円あまりだったので、やめた。
  写真を1枚。高田馬場駅付近でふと前方(南側)を見たら、西新宿のコクーンタワーが見えた。西新宿には高層ビルなど腐るほどあるのに、なぜかこの場所からはコクーンタワーだけが見える。なんだか不思議な光景だ。
 
Chap1164:Day Night
2012/11/15 19423歩(累計21536598歩)
  ヤボ用があって、約2週間ぶりに門前仲町に赴いた。「ヤボ用があった」というよりも、「ヤボ用を作った」と言った方が正確かもしれないが。まぁ、後ろ髪を引かれる思いが少なからずあるわけで。電車賃を浮かせるために、茅場町で降りて、永代橋を渡って門前仲町へ。そういや現役時代にも、40円浮かせるために茅場町まで歩いて帰っていたっけ。
  ここ1年あまりの間は、門前仲町発の漫歩がかなり多かったわけだが、夜勤明け、つまり早朝に歩くことが多く、空が暗い時間帯に歩くことはほとんどなかった。そのため、綺麗にライトアップされている永代橋にはおおいに違和感を覚えた。
 
Chap1163:Looking Forward To Open
2012/11/13 12373歩(累計21517175歩)
  旅から帰ってから、すっかり実家でのんびり過ごしてしまった。そろそろ、仕事モードに戻らないと。実家は駅から離れたところにあるので、どうにも帰るのが面倒になっていけない。
  保谷駅から、写真を2枚。その1:しばらく来ない間に、北口に綺麗なペデストリアンデッキが整備されていた。駅前風景はスッキリしたが、かつてこの場所を賑わせていた商店街が駆逐されたのだと思うと、ちょっと複雑だ。その2:駅舎1階では、テナントの準備が着々と進められている。その中で見つけた貼り紙。ほ、保谷駅に駅そばができるぅ〜! しかも、西武線なのに京王系列の「万葉そば」。これ不思議。
 
Chap1162:Wallet Boogie
2012/11/11 21661歩(累計21504802歩)
  旅に出ている間に、財布に大穴があいてしまったので、買いに出かけた。行き先は、やっぱりロヂャース。「どこに行けば買えるか、パッと思いつかないもの」は、たいていロヂャースで探す。そういう癖がついてしまっている。奮発して、1900円もする財布を買ってしまった。今まで使っていたのが210円の財布だったので、ジャンプアップだ。
  写真を2枚。その1:少し遠回りをして、野火止用水に沿って歩く。場所によっては、野趣のある遊歩道が整備されていて、気持ちいい。その2:私が小学生の頃から叫ばれ続けているスローガン。なぜか、無理なんだなぁ(新座消防署前)。
 
Chap1161(烈風烈火編111):Go To Prison
2012/11/8 21816歩(累計21483141歩)
  岡山県笠岡市は、横溝正史の傑作『獄門島』の舞台になった街。金田一耕助が笠岡の街を歩くオープニングシーンを、妙に鮮やかに覚えている。終戦直後の話だから、今となっては当時の面影はあまり残っていない……と思いきや、結構残っているものだ。JR笠岡駅の北側には、古いアーケードの商店街がそのまま残っている。アーケード内に本瓦・入母屋造りの建物がある光景なんて、そうそう見られない。
  駅の南側は、狭い路地を抜けて、国道2号を渡るとすぐ港になっており、離島へ渡る客船の県営桟橋がある。金田一耕助も、ここから獄門島に渡ったのだろう。
 
Chap1160(烈風烈火編110):Shiny Beach
2012/11/6 14050歩(累計21461325歩)
  2001年に開催された山口きらら博の跡地が、公園として綺麗に整備されている。広大な敷地に多目的ドーム(きらら元気ドーム)や人工海浜、サッカーコートにプールなどがある。2005年には、道の駅「きららあじす」も開設された。しかし悲しいかな、広大な敷地に見合うだけの人の姿がない。
  それもそのはず、そもそもこの公園は、戦後間もなく国営干拓事業として整備が進められたのだが、当初は農地にする予定だったらしい。しかしその後の減反政策を受けて、無理やり公園として整備したようなもの。諫早湾と同じで、税金の無駄遣い臭がプンプンする。
 
Chap1159:No Side
2012/11/2 14582歩(累計21447275歩)
  仕事を辞めて、まず最初にやりたかったこと。それは、髪を切ること。散髪というと、ここ最近はわざわざ大塚や巣鴨まで出張っていたのだが、ポイントカードを紛失してしまったこともあり、地元・大山駅前の1000円カットで済ませた。これが夏なら、思い切って短くするところなのだが、襟元が寒い季節なので、ほどほどに。
  その後ドラッグストアに寄って、ヘアブリーチを購入。次にやりたかったことが、髪を染めることだったので。白髪隠しと、退路を断つ意味と、まぁ半々かな。あまり派手にやるとハゲが進行するので、ほどほどに。
 
Chap1158:Count 1
2012/10/31 12024歩(累計21432693歩)
  カウントダウンも、いよいよ大詰めだ。ここにきて、周辺も異様な空気に包まれてきた。何人かから「辞めるのやめたら?」と言われるのだが、それが非常に辛い。嫌になって辞めるわけじゃない。これ以上続けると人生が壊れるから辞めるだけ。分かっているのに、ふとした瞬間に、人生を壊すか仕事を辞めるかで悩んでいる自分に気づく。あぁ、9月で辞めておけば、重い十字架を背負うこともなかったのに……。
  写真を。小石川後楽園の裏手に、気持ちいい散歩道がある。道中にはちょっとした資料館(無料)もあって、楽しめる。ただし、夜間(20〜7時)は通り抜けられないので注意。
 
Chap1157:Second Hand
2012/10/29 20353歩(累計21420669歩)
  有給消化の関係があって、今月は月曜がオール休み。平日にこれだけ時間がとれるということがこの1年2か月間はまったくなかったので、なんだかとてつもない贅沢をしているような気分になる。来月からはこれが当たり前になるのだが、時間を弄ばないように注意しないと。「時間がある」ということのありがたみを忘れないようにしたい。やりたいことが、崩れそうなほど山積みになっているので。
  写真を1枚。神保町で、神田古本まつりが開催されていた。学生時代にはこういうのが大好きだった私だが、最近はすっかり足が遠のいている。ライフスタイル、変わったなぁ。
 
Chap1156:Spiteful Drops
2012/10/28 10989歩(累計21400316歩)
  とりあえず禊が済んで、今日は気持ちを切り替えて目一杯歩く……はずだった。しかし、朝起きて窓を開けてみると、細かい雨が。どうもうまくいかない。人生なんて筋書きどおりにはいかないものだと思うけれど、今の私には「筋書き通りにいかない筋書きが書かれている」ように思えてしまう。
  午後になっていったん雨が上がったので、ひとまず歩きには出た。しかし、途中でまた降り始め、しかも粒が大きくなってきたので、10000歩を超えたところで強制終了。服は濡れるわ靴は重くなるわで、散々だった。明日は、もう少し軽快に歩けるだろうか。
 
Chap1155:Count 5
2012/10/24 14264歩(累計21389327歩)
  今週も、淡々と始まった。時の流れが、だんだんと冷酷なものに感じるようになってきている。うぅむ、本当にこれでよかったのだろうかと、自問自答しながら歩いている私がいる。投げられた賽は、ただ転がって、やがてその目を見せるだけのために止まる。淡々と、冷徹に。賽は、すでにこの手によって投げられた。投げた手が、小刻みに震えている。
  今日の写真。飯田橋駅近くに、東京大神宮なんていう仰々しい名前の神社がある。ちゃんと参道まである大きな神社なのだが、意外に名は知られていないのではないだろうか? 私も、参拝するのは初めてだ。
 
Chap1154:9th Anniversary(Delayed)
2012/10/22 24131歩(累計21375063歩)
  ふと気づけば、9月25日を1か月近くも過ぎてしまっていた。毎年9月25日は「漫歩記念日」として東海道を歩くことにしていたのだが、北海道に遊びに行っている間に過ぎてしまった。今さらではあるが、記念漫歩に近いコースを歩き、これを以て「8周年記念」としたい。9年間、よく歩きました。
  写真を2枚。その1:旧東海道品川宿は、全体的に古い街並みがイメージされている(イミテーションだが)。ちょっとした児童公園にも、それらしい雰囲気がある(街道松の広場)。その2:そろそろ、こんな季節ですね(大門駅付近)。こういうのを見ると、暖が恋しくなってくる。
 
Chap1153:Count 7
2012/10/19 11843歩(累計21350932歩)
  退職まで10日を切り、いよいよカウントダウンの日々が始まった。1年2か月務めた職場なので、それなりに思い入れがあって、ジーンと込み上げてくるものがある。1年2か月で退職というと、普通なら「もう辞めたの? 根気がないねぇ」と言われるところだが、私の場合、実はこれが史上最長記録になる(これまでの記録は1年ジャスト)。これだけ長く1か所にとどまり続けたのも、それなりに魅力のある職場だったからなのだと思う。具体的に「何が?」とはなかなか言いづらいが、自宅を出るときに「行きたくないなぁ」と思う日は、他の職場に勤めていた時に比べて格段に少なかった。
 
Chap1152:My Wish
2012/10/15 53626歩(累計21339089歩)
  栄町駅近くのカプセルホテルで一泊して、引き続きチャレンジ漫歩。昨日と違って空も晴れ渡り、歩いていると汗ばむ陽気だ。いまどきTシャツ短パンで外をうろついているのは私ぐらいのものだ。本懐である成田山新勝寺参拝も無事に済ませ、あとは願いが叶うのを待つのみだ。
  写真を2枚。その1:当初は寄る予定はなかった印旛沼。意外にコースから近いところにあると気づき、寄ってみた。水辺まで降りられるポイントが少ないのが残念。その2:目的地である成田山新勝寺の大提灯。浅草ほど有名ではないが、大きさに圧倒される。詳細は、いずれ記憶倉庫で。
 
Chap1151:Untiaging
2012/10/14 58808歩(累計21285463歩)
  約2年ぶりとなるチャレンジ漫歩だ(この間に、出発はしたけれど途中で断念したチャレンジ漫歩が1回ある)。時折パラパラと霧雨が舞う中ではあるが、目いっぱい歩いた。この2年間で若干ウェイトが増しているので足への負担が少々心配されたが、まだまだこのくらいの歩数は問題なく歩ける。年齢的な衰えも、まったくもって感じなかった。
  写真を2枚。その1:千葉市は、世界一長い懸垂型モノレールが走る街。見ていて、底が抜けそうで怖い。あるいは、ポトッと落ちそう。その2:千葉駅前にフクロウ型の建物がある。これは交番。警察は、夜行性?
 


戻ります。