Fの足跡38(Chap951〜1000)

 
Chap1000:Fine!
2011/8/1 14763歩(累計18721086歩)
  仕事の打ち合わせで護国寺へ。ここのところ、細かい仕事がパラパラと舞い込んでいる。とりわけ「忙しい」というほどの仕事量ではないのだが、そろそろ甲子園行きの準備にかかろうかという頃合いだけに、なんとなく気忙しい。甲子園ついでに、仕事で九州(熊本・長崎)まで足を延ばすことになりそうだし。甲子園は盆明けでもいいけれど、九州行きの方は早めの方がいい。もしかしたら、行った先でネットカフェに入り浸って仕事をすることになるかもしれない。
  2003年9月25日に始まったFB漫歩は、今回で恙なく1000回目を迎えた。すっかり長寿番組になったものだ。
 
Chap999:Triumph
2011/7/29 18869歩(累計18706323歩)
  夏の高校野球・神奈川大会決勝を観戦に横浜スタジアムへ。この球場に来るのは、約2年ぶりだ。2年前も夏の高校野球決勝で来たのだが、今年も2年前に負けず劣らず、盛り上がる決勝戦になった。観客も、ヘタな甲子園試合よりも多いくらい。イニング間のトイレの混雑が激しくて参った。
  今年の決勝カードは、横浜vs桐光学園。試合は息が詰まるような投手戦、というか凌ぎ合いになり、1−1のまま延長戦に突入。10回裏に中前サヨナラヒットで横浜が甲子園への切符を手にした。写真は、9回途中まで好投した横浜・柳投手と、優勝旗を手に球場内を一周する横浜ナイン
 
Chap998:Not Sizzling
2011/7/28 14586歩(累計18687454歩)
  ここのところ、うだるような猛暑が少し和らいでいる。体が猛暑に慣れてしまったのか、もはや30度くらいではとりわけ「暑い」とさえ感じなくなってきている。恐ろしいことだ。歩けばやっぱり汗まみれになるけれど、時折そよぐ浜風が心地よく、とても真夏とは思えなかった。本来なら、もっとも暑さが厳しい頃合いなんだけど。
  写真を2枚。その1:一瞬、広告看板かと思った。こんな語感の商品か会社、実在しそう(港区芝浦3丁目)。その2:紐をくくりつけた岩が一カ所に集められているのだが、どんな意味があるのだろうか(港区虎ノ門2丁目)。
 
Chap997:Walk & See
2011/7/26 24387歩(累計18672868歩)
  長いこと震災ボランティアに出かけていたため、約2週間ぶりの漫歩になった。ボランティアでずっと体を動かしていたので「鈍っている」ということはないが、むしろ筋肉痛で若干歩きづらかった。今日は騙し騙し歩く。「昼頃から雨」という予報が出ていたこともあって、なるべく線路から離れないように。
  「まぁ、練馬くらいまで歩いて15000歩に乗ればいいかな」と思ってスタートしたのだが、終わってみれば自宅まで歩ききって24000歩。久々にしては上出来だろう。心残りがあるとすれば、筋肉痛に気を取られていたためか、写真を撮る機会が一度もなかったことくらいだ。
 
Chap996:Working Up
2011/7/15 14749歩(累計18648481歩)
  今日は朝から夕方まで、雑誌のロケで都内を奔走した。夕方に東京駅でスタッフと解散し、最後に一人で品川へ取材に向かうのだが、すでに3杯のそばを完食したあとなので、まっすぐ品川へ行ってもこれ以上腹に入らない。そこで、腹ごなしに歩いて品川へ向かうことにした。本当は1分1秒を無駄にしたくない状態なのだが、食べないことには記事が書けない。食べ物を扱うライターの辛いところだ。
  なお、漫歩の終点が品川ではなく恵比寿になっているのは、帰りの電車賃を安くあげるため。駅改札内の取材だと、こういうことができる。
 
Chap995:Save Electricity
2011/7/8 20660歩(累計18633732歩)
  午後から、銀行回りがてら散髪に出かけた。が、床屋も節電ブームに飲まれて大変。超弱冷で、座っているだけでダラダラと汗が吹き出てくる。座席が革張りなのもよくない。背中も尻も、びしょ濡れ。髪がべとついて、切る方もやりにくいのではないか。節電も、極力影響の少ない方法を考えてほしい。ちなみに、漫歩だって節電運動の一環だということ、ご存じ? 家にいるとクーラーをつけたくなるので、最近はなるべく電力使用のピーク時間帯に漫歩に出るように心がけているのだ。
  写真を1枚。北池袋の商店街は、すっかり七夕仕様。綺麗なだけでなく、どことなく涼やかで歩き心地が良い。
 
Chap994:Crack & Collapse
2011/7/7 12264歩(累計18613072歩)
  久しぶりに、知人と野球を観にQVCマリンフィールドへ行った。要するに、千葉マリンスタジアム。ったく、ネーミングライツってやつは面倒で嫌だ。
  ここ幕張辺りも、震災当時にはかなり液状化等の被害が出たようだ。道路、特に歩道のあちこちに、不自然な凸凹が多く見受けられた。海浜幕張駅前の広場にも、そこにあるはずのない段差ができていたりする。そして、スタジアムへ続く歩道橋は、今も一部通行禁止。完全復旧は、来年3月の予定。スタジアムの駐車場も、陥没や亀裂のため使えない(代替駐車場あり)。大変なのは、東北だけではない。
 
Chap993:
2011/7/6 14471歩(累計18600808歩)
  今日は、完全オフ。最近は結構忙しかったのだが、すべての用事が今日を嫌った。うまく予定が分散してくれない。PCみたいに、ワンクリックでデフラグできたらいいのに。
  写真を2枚。その1:新末広橋上から東京港ゲートブリッジを眺める。中央部の橋桁が繋がって以来話題から遠ざかっているが、震災の影響はなかったのだろうか。その2:晴海と勝どきを結ぶトリトンブリッジが閉鎖されていた。節電は分かるが、閉鎖してしまうと、晴海通りの歩道が混雑して歩きにくくなる。動く歩道は止めてもいいけど、歩行者が通れるようにしてほしい。至るところで止まっているエスカレーターも同様。
 
Chap992:Biotope
2011/7/3 14929歩(累計18586337歩)
  仕事半分・遊び半分で東京駅へ行き、その帰りに歩いた。この漫歩コースは、実に懐かしい。漫歩日記の黎明期から2007年夏頃にかけて、頻繁に歩いた道程だ。あの頃私は、若かった。というか、青かった。若いがゆえ、青いがゆえに楽しかった。今は、楽しさの種類が多少変わっているけれど、日々は青かった頃と同じくらい楽しい。素晴らしき哉、人生。
  写真を1枚。駿河台下交差点近くの建設現場に、ホタルのビオトープが設けられていた。生き物好きの私はついつい足を止めて眺めてしまうのだが、ふと「成虫になったホタルはどうなるんだろう?」と、妙な心配をしてしまう。
 
Chap991:Killer Whales?
2011/7/2 16537歩(累計18571408歩)
  今回は、期せずして「100周年」つながりの漫歩となった。所沢市内には、至るところに「日本の航空100周年」の旗やらポスターやらが掲示されている。これは、明治44年に、日本で最初の飛行場が所沢に開設されたことに由来している。
  しかし、残念ながら、本当の100周年は2010年。今年は、厳密には101周年になる。初の動力飛行に成功したのが1910年12月なので、2010年12月で100周年。だからまぁ、今年12月までは「100歳」ということで認めていいのだろうか。それにしてもこの「100」のロゴ、飛行機ではなくシャチに見えてしまったのは私だけだろうか?
 
Chap990:Origin Of Japanese Sports
2011/6/30 10336歩(累計18554871歩)
  今日も、山手線沿線調査。これで、一応ひととおりの調査が終わり、第一段階終了。来週以降、どんな展開が待っているのか、楽しみだ。
  原宿から渋谷へ、NHK周辺を経由して歩いていたら、岸体育館という建物が目に入った。体育館という名が付いているが、外観はどう見ても古ぼけたオフィスビル。実はこのビル、日本オリンピック協会(JOC)や日本体育協会など、日本のスポーツに関する団体の本部が入居しているビル。今年は、ちょうどJOC設立100周年に当たるそうで、日本のスポーツ100周年と銘打たれた看板が出ていた。
 
Chap989:Investigation
2011/6/29 21431歩(累計18544535歩)
  昨日に引き続き、山手線・中央線エリアの調査に出かけた。なにしろ資料がない世界なのでねぇ、調べたいときには歩いて回るしか手だてがない。ちなみに、東日本橋や大手町に立ち寄ったのは、ほんの遊び心。
  写真を2枚。その1:お色直し中の東京駅(丸の内側)。なにやら、メルヘンチックな駅舎に生まれ変わりそうな気配がする。その2:同じく東京駅。丸の内北側のガード下で、人工的な噴霧が行われていた。が、噴出口近くに手をかざしてみると、生温い。街を冷やす効果があるかどうか、やや疑問だ。いたずらに湿度を上げているだけのような気もする。
 
Chap988:Still Morning
2011/6/28 22866歩(累計18523104歩)
  京成関屋ライフの最終日。昨日歩いておいたから今日はいいかなと思っていたのだが、朝になってみたらやっぱり歩かずにはいられなかった。パラパラと雨が降っていたけど、傘が必要ない程度だったので、敢行。本業の方の絡みで、山手線・中央線エリアの実地調査をしなければならなかったということもあるし。調査はまだまだ半ばなので、明日・明後日も漫歩が続く予定だ。
  写真を1枚。朝6時半、上野のアメ横はひっそりと静まり返っていた。ほぼ、ゴーストタウン。早朝漫歩は、賑やかな繁華街の裏の顔を覗くことができ、なかなか楽しい。
 
Chap987:Early Morning
2011/6/27 17916歩(累計18500238歩)
  定期が切れたため、俄然、漫歩欲が高まっている。京成関屋ライフは明日で終わりの予定だが、思っていたよりも実入りの良いものとなった。おかげで、7・8月は少しのんびりできそうだ。旅にも出たいし、ボランティアにも行きたいし、高校野球の地区予選も始まるし、本業も忙しくなりそうな気配があるし。やりたいことが山ほどある。
  写真を1枚。早朝の公園はいろいろな使い方がされていて、歩いていても楽しい。飛鳥山公園では、太極拳のような動きの踊りを練習するグループの姿が。定番のラジオ体操をするグループの姿もあった。
 
Chap986:Devine Forest
2011/6/24 11368歩(累計18482322歩)
  万歩計を新調したので、お試し漫歩を。私のイメージでは、万歩計はクリップでベルトに装着するもので、内蔵されている重りが上下に振られることでカウントしていくもの。振ればカチャカチャと音がするイメージ。しかし、最近の万歩計には高精度な3Dセンサーが内蔵されていて、ポケットインやバッグインでもカウントできる。振っても、一切音がしない。
  写真を1枚。日暮里に、カンカン森通りという面白い名称の道がある。近くにある猿田彦神社が、かつて「神々森(かんかんもり)」と呼ばれていたことに由来する。カタカナ表記よりも漢字表記の方が雰囲気が出るように思うのは、私だけ?
 
Chap985:Additional Order
2011/6/19 16842歩(累計18470954歩)
  「劇場」の追加注文が入ったので、またしても書泉へ走った。前回と同じ書店で買うのはつまらないので、秋葉原の「書泉ブックタワー」へ。嬉しいことに、こちらでもまだ平積みで置いてあった。今後も追加注文が入るかもしれないので、思い切って3冊まとめ買い。ムダにならなければいいが……。
  写真を1枚。文京区本郷3丁目にある金花商店街に、サッカー通りという愛称が付されている。日本サッカー協会(JFA)やサッカーミュージアムなどが入居しているビル「JFAハウス」がこの通りにあるためだが、個人的には「金花商店街」の方が愛着が湧く。
 
Chap984:Cross The Border
2011/6/18 27120歩(累計18454112歩)
  松戸市と東京都葛飾区を結ぶ道としてもっともメジャーなのは国道6号だが、裏ルートも結構充実している。県道54号の葛飾橋、そして国道298号の葛飾大橋。葛飾大橋は、将来的には外環道が併走する形になるようで、目下工事が進められている。すでに橋脚はだいぶ出来上がっているので、外環道が埼玉・東京・千葉の県境を縦貫する日も近いだろう。このルートは、個人的にたいへん便利なものになると思われるので、開通が待ち遠しい。
  おまけ写真。この時計、偽物につき要注意(松戸駅付近)。絵なので、動きません。
 
Chap983:Asymmetry(634m)
2011/6/15 15503歩(累計18426992歩)
  展望台の入場料が公表されたとともに、急速に熱が冷めてしまったのではないかと危惧する東京スカイツリー。建設はひととおり終わり、目下、高所建設に試用したクレーンの解体が進められている。現在、4本あった(大2・小2)クレーンのうち、大1本が解体済み。ヴィジュアル的に左右対称ではない状態になってしまっているので、どことなく不格好だ。タワーものは、シンメトリーが絶対条件であるような気がする。
  観測写真を。その1:言問橋西詰。その2:吾妻橋1丁目歩道橋上。その3:業平橋上。高さはもう変わらないので、今後写真は載せない。
 
Chap982:Toy Town
2011/6/12 16408歩(累計18411489歩)
  東武宇都宮線に、「おもちゃのまち」という、冗談としか思えないような駅がある。これは、近くにトミー工業(現・タカラトミー)が工場を構えたのを契機に玩具メーカーの工場が林立するようになったことに由来している。なんと、付近一帯は町名も「おもちゃのまち」となっている。
  ただ工場があるだけではつまらない話なのだが、道の駅「みぶ」から徒歩10分ほどのところにおもちゃ博物館まである。今日は栃木県民の日ということで無料開放されていたのだが、残念ながら時間がなく、入場しなかった。一回入ってみてもいいかな、と思う。
 
Chap981:Mirage
2011/6/9 12264歩(累計18395081歩)
  今週はちょっとお疲れ気味。連日夜勤で、しかも残業盛りだくさんなので。なかなか、長い距離を歩こうという気力が湧いてこない。今週末くらいまでの我慢だと思うけれど。それなりの頻度で漫歩成立にこぎつけることができているだけでも、まだマシな方か。
  写真を1枚。汐入橋上から、東京スカイツリーを望む。今朝はガスがかかっていたので、ちょっと蜃気楼っぽく見えた。手前の高層ビルがくっきり見えているだけに、なおのこと幻想的な雰囲気が増している。展望台、3000円かぁ。ほとぼりが冷めるまでは上がらないかもしれないな……。
 
Chap980:Vying
2011/6/5 21600歩(累計18382817歩)
  久々に注文が入ったので、「劇場」を買いに書泉グランデへ走った。発売から1年近く経つというのに、まだ平積みでたくさん置いてあったことにびっくり。ありがたいことだ。
  行きがけに上野公園の中を歩いていたら、震災復興イベントが開催されていた。自治体ごとのテントがあり、それぞれの物産などを販売。これはこれで良いと思うのだが、単価の高い商品が多かったのがちょっと気になった。通りすがりの人の財布を狙うなら、単価を下げ、気軽につまみ食いできるようなものを販売した方がいいような気がする。写真は、青森県産品のPRキャラクター・決め手くんとうえのパンダの競演
 
Chap979:Wholesale Market
2011/6/3 12674歩(累計18361217歩)
  北千住駅の南、千住大橋の少し北に、「旧日光街道やっちゃ場跡」がある。やっちゃ場とは、「市場」のこと。かけ声の「いらっしゃい」が転訛したものだ。この道中には随所に看板が立っていて、その場所にその昔、何があったのかが逐一記されている。たとえば、このコンビニがある場所には、江戸時代には「相州屋」という酒屋があったらしい、という具合。
  というか、現在の足立卸売市場がやっちゃ場跡のすぐ近くにあるのも、何か意味深げだ。さらに言うと、「市場」と「やっちゃ場」の音感が非常に近いことにも気づく。もしかして、これが語源? 気づくことが多いから、歴史散歩は面白い。
 
Chap978:Convalescence
2011/6/1 10831歩(累計18348543歩)
  ここ1週間ほど、天気と体調がともに思わしくなく、なかなか漫歩することができなかった。週末に雨と寝たきり生活が重なったのが、特に痛かった。とりあえず天気は回復し、体調もだいぶよくなってきた(現在、非常に粘りけの強い鼻水がはびこっている状態)ので、ようやく重い腰が上がった。とはいえ、病み上がりなので、今日のところは歩数もこのくらいで。
  写真を1枚。東武伊勢崎線東向島駅前に、古めかしい特急車両が静態保存されている。形、色合い、エンブレム。どれをとっても「古き良き鉄道大時代」のもの。幼い頃に興味を抱かなかったことが悔やまれてならない。
 
Chap977:Northern Road 1010
2011/5/25 16603歩(累計18337712歩)
  北千住駅西口から国道4号へ続くバス通りの商店街で、こんな垂れ幕(のようなもの)を見つけた。この商店街は、「きたろーど1010」というらしい。「きたろーど」はさておき、「1010」はいったい何を意味するのか……と一瞬考えたが、答えは明白だった。1010→せんじゅう→千・十→千・住→千住。
  なるほど、パッと見たときに「いちまるいちまる」と読んでしまったから、すぐに思いつかなかったわけだ。字面から私が最初に連想したのは、「丸井(OIOI)」だった。こういう誤解って、日常の中に結構潜んでいる。「丸井」だって、「オイオイ」と読んだ人がいるくらいだから。
 
Chap976:Piled Time
2011/5/23 11736歩(累計18321109歩)
  少しご無沙汰になったが、これからまた京成関屋発の漫歩が多くなる。というか、これまではほんの序章で、今日からが京成関屋ライフの本番だ。とはいえ、たった1カ月程度なのだけど。今の季節は早朝の漫歩が気持ちいいので、ま、せいぜい些細な楽しみを。
  写真を1枚。上野・公園口を出てすぐのところにある松竹デパート。すぐ隣の上野百貨店(レストラン「聚楽台」が入っていた建物)は建て替えのため解体されていたが、松竹デパートは昭和30年代で時が止まったまま残っている。なかなか足を踏み入れづらい外観だが。
 
Chap975:By Products
2011/5/21 21435歩(累計18309373歩)
  4月に亘理へ震災ボランティアに行ったときに知り合った人たちと、新橋で飲んだ。会うと自然に、「次はどの街へ行こうか」「あの街は人手が足りないみたいだ」「その街で受け入れが始まったよ」などと、ボランティアトークになる。もちろん、それ以外のたわいのない会話も弾む。
  ボランティアに行く前には、まさかこんな人脈ができようとは思いもしなかった。完全に副産物ではあるけれど、ボランティアの経験と同じくらい大きな財産になっている。「被災地のために、被災者のために」と思って行ったボランティアだが、どうやら結果的には自分自身の糧になったようだ。
 
Chap974:Mercies
2011/5/19 20990歩(累計18287938歩)
  京急の弘明寺駅を出て右の坂を下っていくと、中腹に弘明寺という寺がある。縁起は8世紀(奈良時代)まで遡ることができる古刹だ。門前にはアーケードの商店街が広がっており、いかにも「門前町」という風情がある。東京で言えば、巣鴨の地蔵通りに近い雰囲気(そこまでごった返してはいないが)。商店街の店々が挙って「かんのん」を標榜している(特に不動産屋に多い)ことからも、寺と街が一体化している様がうかがえる。しっとりと落ち着いている中にも活気があり、なかなか歩き心地が良い。観光目的で訪れるのもよいが、住み心地もなかなか良いのではないかと思った。
 
Chap973:Remember 1979〜1985
2011/5/18 16701歩(累計18266948歩)
  私の母校である、新座市立栄小学校。校舎の色は塗り替えられたが、建物はそのまま残っている。私が在学していた頃には隣に自衛隊の演習場があり、侵入して蛇をつかまえて遊ぶこともできたのだが、今では演習場跡地にマンモス団地が建っている。蛇たちは住処を追われてしまっただろう。
  おまけ写真。小学校時代の通学路にある、古めかしい自販機。小学校からの帰路の途中、50円玉に糸をくくりつけて投入するイタズラ(返却レバーで50円を回収し、糸を引いてもう50円回収できるか試した)をして壊してしまった自販機。今も壊れた状態で放置されているのだが、もしや……?
 
Chap972:Jerky Steps
2011/5/16 17168歩(累計18250247歩)
  ゴルフ場バイトから帰って即、第2回被災地ボランティアに行ったので、実に12日ぶりの漫歩となってしまった。ボランティアで普段使わない筋肉を酷使し、かたや歩く機会が少なく普段使っていた筋肉がなまったので、どうにも歩行がギクシャクしてしまう。体が妙に固くなったような、関節の油が切れたような、違和感だらけの体。徐々に慣らしていくしかないか。
  写真を2枚。JR東小金井駅北口周辺で、区画整理が進められている。駅前が綺麗に整備されるのはいいが、立ち退きを迫られる人々がかわいそう。駅そば店も閉店に追い込まれてしまっていた。
 
Chap971:Stay Overnight
2011/5/4 13135歩(累計18233079歩)
  今日から4日間、つくばのゴルフ場で泊まり込みバイト。GW明けに第2回被災地ボランティアに行きたいので、その軍資金稼ぎだ。一方では、GW中は被災地ボランティアも混雑するだろうから、敢えてGWを外すためにバイトに出ることにした、という側面もある。いずれにしても、日程的にうまくはまるバイトに巡り会えたことはラッキーだった。
  4泊するので、それなりに荷物が大きい。北千住まで歩けば交通費をさらに160円浮かせることができたのだが、三河島あたりでしんどくなった。これでも120円浮いているけれど、苦労のわりに「うまみ」は少ない。
 
Chap970:Unexpected Rain
2011/5/1 13228歩(累計18219944歩)
  最近、なかなか20000歩に到達できない。今日は絶好のチャンスだったのだが、途中で「天気予報外れの雨」が降り始めてしまった。マンションのエントランスでちょっと雨宿りしてみたが、むしろ雨は強まる方向に。結局、茗荷谷でギブアップ。またしてもショボい歩数で終わってしまった。
  写真を1枚。東京ドームシティ内のプリズムホールで、漫画『ワンピース』のグッズ販売イベントが開催されていた。ものすごい行列ができていたわけだが、その多くがいい年こいたオッサン・オバサンだったことにびっくり。それだけ、息の長い作品だということなんだろうけど。
 
Chap969:No More Height (634m)
2011/4/30 16496歩(累計18206716歩)
  第9回東京スカイツリー定点観測に出かけた。上方向への成長は、すでに完了。あとは、クレーンをどうやって降ろすか。これが見ものだ。なかなかピンポイントで作業現場を見ることはできないと思うけれど。観測写真を。その1:言問橋西詰。その2:吾妻橋1丁目歩道橋上。その3:業平橋上。高さは、予定どおり634mに到達。
  おまけ写真。牛嶋神社の灯籠が、全部で6基、倒壊していた。これも、3.11の大地震で倒れたものだという。探せば、都内でもまだまだ爪痕がたくさん見つかりそうだ。てか、そろそろ元に戻してあげようよ。
 
Chap968:Ominous Sky
2011/4/28 12807歩(累計18190220歩)
  今日も、京成関屋発。この街は、私にとってはちょっと微妙な位置にある。自宅まで歩くにはちょっと遠い(翌日がオフなら問題ないが……)し、途中で歩きやめると交通費節約のうまみが少なくなる。漫歩しない日は南千住まで歩いていて、電車賃は160円。田端からだと150円なので、たった10円しか節約できないのだ。
  昨日・今日と、空模様が不安定。今日は雨は降らなかったが、夕刻には妖気をたっぷり含んだ生暖かい風が強く吹いた。新三河島駅付近で空を見上げてみれば、なにやら不吉な色合い。災いの前兆でなければいいのだが。
 
Chap967:Carp Wisteria
2011/4/26 19856歩(累計18177413歩)
  朝霞台駅に新しい駅そば店がオープンしたと聞き、偵察に出かけた。チェーン店ではあるけれど、味覚的に大好きな「小諸そば」。新越谷に続いて、2軒目のエキナカ店舗。同時に、2軒目の都外店舗。今後も、埼玉県内、とりわけ武蔵野線沿線で展開していくのだろうか。嬉しいんだけどねぇ、できれば競合店のない駅に出店していただけると……。
  季節感たっぷりの写真を2枚。その1:GWを前にして、鯉のぼりがちらほらと見られるようになってきた(新座市栗原1丁目)。その2:たわわに「実った」と表現したくなる、満開の藤の花(朝霞台駅付近)。
 
Chap966:Jigsaw Puzzle
2011/4/22 11706歩(累計18157557歩)
  わけあって、今後しばらくの間(6月末くらいまで)は京成関屋発の漫歩が多くなる。あまり馴染みがない街だけに、ちょっと楽しみなことだ。漫歩を重ねることで見えてくるものがあることを期待している。1回歩くだけでは気づかない、見過ごしてしまうような小さなトピックスを取りあげていくことができれば、と思う。
  どうやら、今年のGWは働きづめになりそうな予感。3月・4月とちょっと怠けてしまったので、そのしっぺ返しか。第2回被災地ボランティアにも行きたいし、日程のやりくりで苦労しそうだ。うまくパズルを填め込んでいかないと。
 
Chap965:Megaspider
2011/4/20 13644歩(累計18145851歩)
  被災地滞在を1日延長した(土曜も宿泊したので、実質2日延滞)関係で、帰郷してから今日まではなかなか忙しかった。どうにか今朝の締切をクリアして、今日は銀行回りのついでに漫歩。締切明けは、身も心も清々しくていい。
  写真を2枚。その1:以前に、御殿山で大規模な建設工事が行われていると紹介したが、早くも建物が出来上がっていた。ガーデンシティ品川御殿山。う〜む、マンモスマンションでしたか。ちょっとアテが外れた。その2:森ビル前の66プラザに、巨大蜘蛛現る。名前は「ママン」というらしいが、虫嫌いの人は近寄れないかも。そのくらいリアルだ。
 
Chap964:Election
2011/4/10 10532歩(累計18132207歩)
  いよいよ明日、震災ボランティアに出発することになった。しばらく歩けなくなる(被災地でかなり歩くことになるが、万歩計は装着しないつもり)ので、せいぜい歩き納めを。とはいえ、出発前にあまり体力を消耗したくないし、時間的にもあまり余裕がないので、10000歩を超えたところで即終了。
  今日は統一地方選挙の投票日だったので、投票所となっている板橋五小に寄っての漫歩。ハナから結果が見えている選挙ではあるけれど、とりあえず一票を投じた。東京に移り住んで以来、ほぼすべての選挙で投票している。やっぱり、選挙は埼玉よりも東京の方が数段面白い。
 
Chap963:Perfect Equipment
2011/4/8 20694歩(累計18121675歩)
  近々決行を予定している被災地ボランティアに向けて、足りない装備品の買い出し。まとめて手に入る店というと、どうしてもロヂャースが真っ先に思い浮かぶ。しかも、馴染みのある戸田店。両手に大荷物を抱えて高島平まで歩くのはしんどかった(しかも、ほぼずっと強い向かい風だった)が、これで完全武装。あとは、出発を待つのみだ。
  写真を2枚。その1:ようやく、震災以来行方をくらませていた単1乾電池が手に入るようになりましたか(与野駅付近)。その2:武蔵浦和駅付近の桜並木。くそぅ、昨日の千住仲町公園や飛鳥山公園よりも綺麗じゃないか。
 
Chap962:HARU-URARA 8th Season
2011/4/7 21298歩(累計18100981歩)
  次の仕事が決まり、ホッと一息。ふと気づけば、桜が満開になっていた。今日は穏やかに晴れ、花見漫歩日和だ。
  向かった先は、地名に「桜」の字が入っている千住桜木。さぞや美しい桜並木があるに違いないと思って行ったのだが、残念ながら街路樹は桜ではなかった。明治時代には荘厳な桜土手があったらしい(それが地名の由来)のだが、荒川放水路開削と発電所建設に伴い、消えた。ちなみに、この発電所は「おばけ煙突」で有名な千住火力発電所。これも昭和39年に解体され、現存しない。桜の写真は、近くの千住仲町公園にて。ほぼ、満開! ついでに、飛鳥山公園の桜も!
 
Chap961:Self Restraint
2011/4/6 10445歩(累計18079683歩)
  東都大学野球の春季リーグが開幕し、友人と我らが母校・中大の応援に出かけた。注目の、昨年甲子園春夏連覇の立役者・島袋投手は登板しなかった(昨日の開幕戦で先発したので)が、入江投手の好投と、打っても2本塁打などで9点を挙げ、駒大に快勝。昨日の雪辱を果たした。
  学生野球界にも、なにかと自粛ムードが広がっている。球場内の照明機器の減灯はいいとして、鳴り物を使っての応援を自粛する傾向があるのは何故なのだろうか? 甲子園でも不思議に思ったのだが、これは特に必要ないことなのではないかと思う。ちょっと神経質になりすぎではないだろうか。
 
Chap960:Liquefaction
2011/4/4 19710歩(累計18069238歩)
  東日本大震災は、首都圏にも大きな被害をもたらした。ニュースでよく報じられたのは、千葉県浦安市の液状化。しかし、埋め立て地は浦安だけではなく、東京にもたくさんあるわけで。豊洲から東雲、新木場、そして埋め立て地の代名詞とも言える夢の島公園まで歩いてみた。
  まず目に入ったのは、夢の島公園内のなぎさ橋の通行止め。さらに、夢の島公園の北、江東区新砂で歩道の路面が大きく波打っているのを見つけた。紛れもなく液状化の跡だ。背後の電柱も傾いている。浦安に比べ、市民生活への影響は少なかったが、やはり都内でも液状化現象は起こっていた。
 
Chap959:Hollow Out a Log
2011/4/1 18524歩(累計18049528歩)
  赤坂・一ツ木通りの街灯が面白い。いつの間にこうなったのか、一見すると「キノコ」のように見える。実はこれ、普通の街灯に傘をかぶせて、クヌギの原木の中をくりぬいたもので覆っている。だから、脚もとはコンクリの柱が露出し、妙な出で立ちになっている。偽物ではなく本物の原木を使ったセンスは認めたいが、なにしろ伐採されてすでに死んでいる木なので、朽ち果てるのも時間の問題。実際、すでにひび割れが随所に入っている。そう長くはもたないだろう。
  おまけ写真。今年は春が遅い。4月に入って、ようやくがほころび始めた(南桜公園)。
 
Chap958(烈風烈火編89):Below The Runway
2011/3/29 31914歩(累計18031004歩)
  春の甲子園を観戦し、そのあとひたすら歩いた。春は1日に3試合しかないので、終わった後に歩く時間が長くとれる。夏に比べて投手戦が多いから、試合時間も短いし。
  伊丹と豊中を結ぶ県道は、大阪空港の滑走路の下を潜っている。トンネルの直上で大型旅客機が次々に離発着しているので、トンネル出口付近では大迫力シーンを眺められる。しかし反面、トンネルの崩落とか、そういう心配はないのかな、と思う。結構古い造りのトンネル(昭和44年竣工)だし、実際に壁が剥がれ落ちて鉄筋が剥き出しになっているところもある。長時間滞在は遠慮したい場所だ。
 
Chap957(烈風烈火編88):Go To Underpass
2011/3/28 10436歩(累計17999090歩)
  九条駅と西九条駅の間は、駅名から考えても分かるように、近い。しかし、安治川がこの間を隔てているため、相互の往来があまり便利でない。付近に橋はなく、唯一往来可能なのが安治川隧道だ。エレベーターがあるので、自転車も通行可能。実際、かなりの利用者がある。
  一見、どこにでもありそうな地下道に見えるかもしれない。しかし、この地下道は車がエレベーター経由で通行するという点において、大変ユニークなトンネルなのだ。ただし、車のエレベーターは昭和52年を最後に閉鎖されてしまい、現在は通行不可。車にとってはなおのこと、九条・西九条間は遠い。
 
Chap956:Radiation Leak
2011/3/25 25491歩(累計17988654歩)
  福島第一原発事故の直接的影響が、東京でも出始めた。金町浄水場などで乳児の摂取制限値を越える放射線が検出され、水道水の飲用規制が敷かれた。ただでさえ飲料が品薄になっていたところに、この大打撃。乳児のいる家庭は本当に大変だと思う。自治体ごとに、乳児のいる家庭へミネラルウォーターが配られるなどの対応措置がとられているが、果たして充分なのかどうか(写真は北沢小学校)。
  おまけ写真。笹塚・観音通り商店街の中ほどにある、笹塚観音。賽銭箱があるが、ガラス張りになっていて賽銭を投入できない。自販機みたいに、投入口を作ってはどうだろうか。
 
Chap955:National Pension
2011/3/24 15240歩(累計17963163歩)
  長いこと棚上げになっていた、厚生年金から国民年金への切り替え手続きをしに、板橋区役所へ。あちこちの窓口をたらい回しにされることもなく、手続きが遅れたことを咎められることもなく、わずか5分ほどで手続きは終了。晴れて、キレイなカラダになった。区役所の各種手続きで、これだけスムーズに事が進んだのは初めてかもしれない。
  実はこの手続きをするに当たって、不安に思っていたことが1つあった。ヤブヘビを避ける意味でも詳しくは書かないことにするが、どうやらその不安は杞憂に終わったようだ。「本当にこれでいいのかな?」という疑問が残るのだが。
 
Chap954:8/100
2011/3/23 14221歩(累計17947923歩)
  小雨が降る中、性懲りもなくバイトの面接へ。たまたま好条件の求人が出ていたのと、「計画停電などの影響で応募者が少ないのでは?」と目論んで応募したわけだが、面接時に「8人の採用枠に対して100人を越える応募者が」と言われた。こりゃ、見込み薄だな。
  前回の面接(もちろん、落ちたわけです)と同じく、タイピングのテストがあったのだが、前回よりはマシな結果が出た。あとは、ライバルがどれくらい強いか。結果が出るまでにだいぶ時間があるので、もう一・二社併願しておこうかな。そう切羽詰まっている現況ではないけれど、暇すぎるのも癪なので。
 
Chap953:Bended
2011/3/20 19651歩(累計17933702歩)
  前回の漫歩で八幡橋八幡神社の壊れた外柵を見て、ふとニュースで「地震で東京タワーの先端が曲がった」と報道されたのを思い出した。これは、是非見ておかねば。実際に行ってみると、芝公園あたりから眺めるぶんには特に曲がっているようには見えなかったのだが、直下から見上げてみると、なるほど、曲がっていた。これ、危険ではないのだろうか。もしかして、高さも333mではなくなっていたりするのでは。
  ところで、これまで漫歩日記では東京タワーの写真を何回か載せてきたが、直下まで行ったのはこれが初めて。なんか意外だ。せっかくなので、ベタな記念写真も一枚。
 
Chap952:Broken Fence
2011/3/18 24462歩(累計17914051歩)
  取材で海老名へ行った帰りに、天王町で途中下車して漫歩開始。横浜の市街地をぐるりと歩いたわけだが、どうしてもこのご時世、「ここに津波が来たらひとたまりもないだろうな」という観点で街を見てしまう。そして実際、震源から遠く離れた横浜でも、震災の爪痕を発見してしまうのだった。JR根岸駅近くにある八幡橋八幡神社の外柵が、ほとんど全部なぎ倒されていた。これも、11日の地震で倒れたものなのだという。地震の規模の大きさを改めて痛感した。
  おまけ写真。根岸駅近くのガソリンスタンドは、遂に「営業時間不明」に。ちょっと深刻な事態になってきた。
 
Chap951:Prick The Sky(625m)
2011/3/16 20609歩(累計17889589歩)
  大震災当時に作業員が避難するなど、話題に上った東京スカイツリー。しかしその後工事が再開され、そろそろ上方向への成長はほぼ完了したのかな、という形になってきた。展望台あたりを建設していたときには「うひゃ、高いな」と思っていたが、完成形を眺めてみると「展望台はもう少し高いところに作れなかったものなのかな」と思えてくる。
  早速、第8回定点観測の写真を。その1:言問橋西詰。その2:吾妻橋1丁目歩道橋上。その3:業平橋上。現在の高さ、625m。タワーに付随する建物群もだいぶ出来上がってきた。どんな施設が入るのか、楽しみだ。
 


戻ります。