Fの足跡34(Chap751〜800)

 
Chap800:Good-Bye 2009
2009/12/31 17140歩(累計15220384歩)
  30日まで仕事をして、大晦日に歩いて帰省(途中までだが)。その途中で、お馴染み・下赤塚の激安衣料品店「のとや」に立ち寄り、年明けの取材ツアー用の衣料品を買い込んだ。「買い込んだ」と言っても、1050円のジーパンと398円のパーカーだけだが。あまり厚着して身動きとれなくなるのは嫌なので、少し寒いくらいの服装で臨む。
  写真を2枚。その1:正月に向け、綺麗に正月化粧が施された材木店(中板橋駅付近)。その2:新聞受けから外の様子をうかがう覗き猫(板橋区上板橋1丁目)。ナニコレ珍百景に応募したくなるネタだ。
 
Chap799(烈風烈火編64):Centram
2009/12/23 10518歩(累計15203244歩)
  本当に偶然なのだが、松江で1日足止めを食らったおかげで、ちょうどセントラム(富山地鉄市内環状線)の開業日に富山に到着することになった。全国的には衰退傾向にある路面電車だが、富山など元気な街もいくつかある。街には鉄道小僧が溢れ、電停には乗車待ちの行列が100mくらい伸びていた。ただ、個人的には環状線用の新型車両よりも、昭和の臭いがプンプン漂ってくる旧型車両の方が好みだ。
  今日は寺田駅くらいまで歩くつもりだったが、常盤橋を越えた辺りで雪が降り始めたので、1万歩を越えたところで中止。4回連続でショボい漫歩になってしまった。
 
Chap798(烈風烈火編63):¥735
2009/12/22 10953歩(累計15192726歩)
  松江での1日足止めにより、版元に提出した計画表よりも1日長い日程になったため、今日は極限まで宿泊費を切りつめて誠意を見せる。こういうとき、名神高速の多賀サービスエリアが便利だ。一般道からでも利用できるこのSAには、なんと735円で仮眠宿泊できる浴場施設があるのだ。浴室と仮眠室だけの小さな施設(一般客室もあるが、予算オーバー)だが、凍えることなく朝を迎えるだけならこれで充分。
  おまけ写真。ブリヂストン彦根工場入口脇の、クリスマスツリー。すぐ近くのブリヂストンアパートの前庭にもツリーがあり、こちらの方が煌びやかだった。
 
Chap797(烈風烈火編62):Bivouacked
2009/12/20 10105歩(累計15181773歩)
  今日は、諸般の事情で一日松江で足止めをくらう日。長距離漫歩の絶好のャンス! と思ったのだが、こういう日に限って風が強い。宍道湖大橋を渡るときには、あまりの風で息ができなかった。湖面にも、これが湖か? と目を疑いたくなるような荒波が立っていた。松江しんじ湖温泉で足湯に浸かるなど楽しめた部分もあったのだが、後に雪となり、風は激しさを増し、松江イングリッシュガーデン前のバス停(ガラス張りの待合室があった)でやむなくビバーク。その後も天候回復の兆しが見られず、1万歩を越えているのを確認した後、諦めて一畑鉄道に乗り込んだ。
 
Chap796(烈風烈火編61):Misty Top
2009/12/18 11561歩(累計15171668歩)
  今日も、本来は歩く予定はなかった日なのだが、普通列車で佐伯から大分へ移動しているときに何気なく時刻表を繰っていたら、次々に列車を乗り継いでも大分で2時間滞在しても、中津に着く時間は同じであることが分かった。それならば、少し歩こう。地図なし漫歩だったので少し道に不安があったが、常に前方に見えている別府の山々を目標にすれば大丈夫(滝尾橋より)。晴れていれば由布岳までバッチリ見えるのだろうが、今日は山頂付近を雲が覆っていた。
  おまけ写真。3玉でも1玉価格という、すごいうどん屋。1玉300gという時点で、すでに多い(大分市錦町3丁目)。
 
Chap795(烈風烈火編60):Shaomai Lunch
2009/12/17  14430歩(累計15160107歩)
  鳥栖での取材が予定していたよりも早く終わり、次の取材までにだいぶ時間があったため、少し歩くことにした。もっとも、まさかここまではかからないだろうという考えに基づいて予定を組んでいるので、時間が空くだろうという想像はついていたのだが。まぁ、このくらいの時間的余裕があった方が、焦らなくていいぶん、取材精度も高まるだろう。
  道中、小さな公園で、鳥栖の取材先でもらってしまった焼麦(しゃおまい)弁当をいただく。普段、なかなか駅弁に手が届かない旅をしている私にとって、これは何よりのご褒美だ。たいへん美味しかったです。ごちそうさまでした。
 
Chap794(烈風烈火編59):Lonely Coaster
2009/12/16 27608歩(累計15145677歩)
  今日はいくぶん余裕のある日程なので、長距離漫歩を強行。目標の3万歩には届かなかったものの、まずまず充実した漫歩デーを過ごすことができた。道中、香椎花園の周囲をぐるりと歩いた。名称から「植物園なのかな」と思っていたが、実際にはあまり規模の大きくない遊園地のようだ。目玉は回転数の多いジェットコースター。しかし、冬場の平日、しかも曇り空とあって、中年のおじさんが一人乗っていただけ。なんとも寂しいジェットコースターだ。
  おまけ写真。和白駅近くには、住宅密集地のすぐ裏に広大な干潟が広がっている。
 
Chap793(烈風烈火編58):Rail Star
2009/12/15 19638歩(累計15118069歩)
  日立製作所笠戸工場の前を通りがかったとき、壁の向こうに新幹線の車両が見えた。もしかして、新幹線の車両はここで製造しているのかなと思ったら、やっぱりそうだった(下松駅前)。日立製作所が独占製造しているわけではない(5社体制らしい)が、昭和37年に試験車両を製造して以来、0系から最新のN700系、800形「つばめ」に至るまで、歴代の新幹線車両を世に送り出している。完成車両が引き込み線から搬出される際には、街が鉄道小僧だらけになるそうな。
  おまけ写真。光駅近くの虹ヶ浜緑道にて。下方に伸びた枝が一度接地して、また上に伸びている不思議な松の木
 
Chap792(烈風烈火編57):Gold Tower
2009/12/13 20106歩(累計15098431歩)
  今日は香川県内を取材する日なのだが、この辺りは列車の便がかなり悪い。各駅で降りて調査する必要がある今回は、むしろ歩いて回った方が早いくらいだ。……と言い訳を前置きして、今日も漫歩開催。ひととおりの仕事(調査)を終えた後、宇多津臨海公園へ。公園と道路を挟んだところにあるゴールドタワーは、陽光を受けて、本当に金色に輝く。ただし今日は曇りがちだったので、下の方だけややゴールド(これでも1時間ほど粘ってようやく撮れたんです)。
  ちなみに、道の駅にも加盟している宇多津臨海公園からは、瀬戸大橋を望むことができる。やや遠景だけど。
 
Chap791(烈風烈火編56):Super Laundry
2009/12/12 13816歩(累計15078325歩)
  長期取材に当たって一番苦労するのは、実は洗濯である。ランドリーサービスがあるようなお大尽ホテルに泊まるのならいざ知らず、基本的にカプセル巡りとなる私にとっては、なかなか厄介な問題なのだ。荷物をあまり大きくしたくないので、道中3回、コインランドリーに立ち寄る必要がある。その意味でも、漫歩する時間を割けるような予定にしておかないといけない。で、今日は東岡山駅近くのスーパーランドリーおだで洗濯。このコインランドリー、無料のアイロンまで用意している素晴らしい施設だった。
  おまけ写真。岡山駅前も、すっかり冬の装い。
 
Chap790(烈風烈火編55):Sold Out
2009/12/10 21195歩(累計15064509歩)
  いよいよ、長期取材ロードが始まった。初日は、名古屋まで。いつもの旅に比べるとかなり余裕のある行程だが、取材に立ち寄りながらなので、それなりに忙しい。それでも、暗くなる前に予定をすべてこなし、最後の取材地である千種から宿まで歩けたのだから、順風満帆の滑り出しだ。
  写真を2枚。その1:ピアゴ今池の6階に立ちそば「どんどん庵」があると聞いて立ち寄ったが、すでに売り切れていた。その2:本日の宿は、柴田駅前のカプセルイン柴田。階下にパチ屋があるのだが、勝った人が泊まるのか、それとも負けた人が泊まるのか。どっちなのだろう……?
 
Chap789:231m
2009/12/8 21226歩(累計15043314歩)
  東武伊勢崎線業平橋駅近くで、新東京タワーこと東京スカイツリーの建設が進んでいる。F東京漫歩では、今後、不定期ではあるが定点観測して建設の進行を見守ることにしたい。本当は東武橋上からの眺めが一番いいのだが、そろそろフレームにおさまりきらなくなるので、観測ポイントは業平橋上吾妻橋1丁目歩道橋上とする。現在の高さ、231m。まだまだ東京タワーよりもだいぶ低いが、次に訪れるときにどのくらい成長しているか、楽しみだ。
  おまけ写真。JR越中島駅付近にて、高層マンション火災発生。消防車の大名行列が、大渋滞を引き起こしていた。
 
Chap788:Yellow Promenade
2009/12/7 14237歩(累計15022088歩)
  昨日に続いて、今日も取材で上野駅へ。これで、旅立つ前にやっておかなければならない取材は完了。あとは、原稿を書いて、旅の準備に勤しむだけだ。今日からの3日間は、なかなか忙しくなりそうだ。明日も漫歩したい気持ちは山々だが、果たして今晩中にどれくらい仕事が捗るか。徹夜で仕事をして昼間歩くか、漫歩を諦めて人並みに睡眠時間をとるか。そこが問題だ。
  今日の写真。御茶ノ水女子大前のイチョウ並木。若木なので迫力はそれほどないが、なかなかいい感じに色づいてきている。上り坂と緩やかなカーブの感じも、情緒を深める。
 
Chap787:False Charge
2009/12/6 17965歩(累計15007851歩)
  2週間バイトに明け暮れ、仕事がだいぶ溜まっているので、今日は取材で綱島へ。無事に取材を終えたまではいいのだが、最後に店舗の外観写真を撮ろうとした時、店の真ん前で某眼鏡店のチラシ配りのバイトさんに893が言い掛かりをつけ、警官が駆けつけ、某眼鏡店の責任者も駆けつけ、大声でのやり合いが始まった。なかなかフレームアウトしてくれないので、写真を1枚撮るのに1時間ほど費やした。あのバイトさん、二度とチラシ配りはやらないだろうなぁ……。
  写真。トレッサ横浜に、サンタが一匹へばりつき。裏から見れば、見事にツルッパゲ
 
Chap786:Myodynia
2009/12/4 10326歩(累計14989886歩)
  怒濤の2週間が、ようやく終わった。バイトに明け暮れ、酒を痛飲して転倒、大けが。週が明けたらまた朝から夜まで働き詰め。こうまでして手にしたものは、10万少々の現金と、筋肉痛・腰痛、顔のかさぶた。以前から分かりきっていたことではあるが、バイトってのはなかなか報われない。
  バイト先近くの倉庫街から、冬場恒例のイルミネーション系写真を2枚。その1:新砂1丁目の佐川急便倉庫の壁面。クリスマスツリーのつもりだろうが、私の目にはイカにしか見えない。その2:同じく佐川急便倉庫だが、新砂2丁目の倉庫前には、なかなか立派なクリスマスツリーがある。
 
Chap785:Fresh Wounds
2009/11/28 10909歩(累計14979560歩)
  新宿三丁目駅近くの中華系居酒屋「南国亭」で飲み、歩いて帰った。まぁよくあるパターンではあるのだが、今回は若干アルコール摂取量が多かったようで、歩き始めから中野坂上までの記憶がほとんどない。明治通りを北上していたはずが、気づいたら青梅街道で中野坂上に達していた。
  この間、唯一記憶が鮮明に残っているのが、つまずいて転んで、顔面をしたたかにアスファルトに打ちつけ、顔面の右半分が血だらけになったシーン。さほど深くない擦り傷ではあるが、かなり広範囲に及んでいる。この傷跡、果たして完治後に消えてくれるだろうか。
 
Chap784:36th Growin’ Up
2009/11/24 10839歩(累計14968651歩)
  誕生日だというのに、憂鬱な臨時バイトが始まった。忙しくなりかけている時期だから、本当はバイトなどやっている場合ではないのだが、今の調子だと来年4月か5月頃に財政が破綻しそうなので、やむを得ない。少しでも現金を稼いで、破綻のXデーを先送りせねば。そのために、今日からの2週間は犠牲にする覚悟だ。
  写真を2枚。その1:江東区塩浜と枝川を結ぶしおかぜ橋は、立派な立派な、歩行者専用橋。その2:木場駅前のウインターイルミネーション。冬場の夜間歩きは、これが一番の楽しみかもしれない。
 
Chap783:50 Yen30 Min
2009/11/22 11927歩(累計14957812歩)
  散髪をしに、大塚へ。ここのところ、大塚駅前の950円床屋を愛用している。地元大山に1000円カットの店があるのだが、まぁ50円安いという理由で、わざわざ30分も余計に歩いて通っている。バカな話だと思うかもしれないが、どちらの床屋に行っても、どうせ10000歩を超えるまでは帰らないのだから、30分の差を実感することはないのだ。それだったら、安くて、技術者が多くて待たされない大塚の方がいい。
  写真を1枚。向原・大塚駅前間を走る都電。この辺りは急坂と急カーブの連続なので、歩行者と同じくらいのスピードでのろのろと走っている。
 
Chap782:Spin Down
2009/11/20 16170歩(累計14945885歩)
  今日は、一ヶ月の中で一番のんびりできる、〆切明け。しかし、原稿が上がったのは午前7時(徹夜)。泥のように眠りたい気持ちもあったのだが、せっかくのオフを寝て過ごすのは勿体ないと思い、神宮球場へ大学野球の神宮大会決勝を観戦しに行くことにした。
  カードは、立正大vs上武大。どちらも新鋭というか、優勝戦線に名が上がったことがない大学だ。試合は、立正大のエース・小石投手が、変則的なフォームから繰り出す快速球で文字通りの快刀乱麻を披露。上武大の各打者は絵に描いたようなきりきりまい。2−0の完封勝利で初優勝を飾った。
 
Chap781(烈風烈火編54):Cherish
2009/11/16 17349歩(累計14929715歩)
  大阪滞在最終日。今回の旅の最大の目的、南海なんば駅での取材を済ませた。取材中の歩行分を計測に加算するという、公私混同甚だしい私(^^; もともと、趣味が高じて仕事になっているのだから、混同するなと言う方が無理。大事なのは、仕事が趣味並みに楽しいものであり、趣味が仕事並みにやりがいのあるものであり続けるということ。これこそが、私が生きる意味なのではないかという気がする。
  無事に本懐を遂げ、だいぶ神経を使って疲れてはいたけれど、帰りのバスまでの時間調整を兼ね、桜ノ宮まで歩いた。大阪も、だいぶ土地鑑が身に付いてきた。
 
Chap780(烈風烈火編53):Triangulation
2009/11/15 35339歩(累計14912366歩)
  今日は取材の予定がないので、一日歩くことに。行き先は、大阪港駅近くの天保山公園。ここには、日本一低い山として知られる天保山がある。頂上の標高、なんと4.53m。登山所要時間、20秒。「もはや山とは言えない」と思うかもしれないが、二等三角点があり、公式に「山」と認められている。
  おまけ写真は橋がらみで2枚。その1:なみはや大橋はかなり高度があるので、橋上からの眺めが素晴らしい。その2:激しくとぐろを巻く千本松大橋。歩道もループを回るので、かなり距離のロスが生じる。どちらの橋も、橋の下を大型船舶が航行できるよう、橋桁を高くしているのだろう。
 
Chap779(烈風烈火編52):Ropeway
2009/11/14 22700歩(累計14877027歩)
  神戸市の西部、須磨区や垂水区内では、JR山陽本線と山陽電鉄が並行して走っている。JRの駅は概ね山陽電鉄に接続しているが、山陽電鉄の方が駅が多いため、山陽電鉄の駅はJRに接続していないこともある。須磨浦公園駅も、JRには接続していない駅の一つ。しかし、鉢伏山ロープウェーとの接続があり、駅は大きい。とはいえ、駅舎の大部分はロープウェーが占めていて、山陽電鉄の駅舎は右側の平屋部分のみ。ロープウェーに乗りたい衝動も起こったが、乗ると0歩から再計測になるルールなので、諦めた。
  おまけ写真。新長田駅前に、等身大(?)鉄人28号現る!
 
Chap778(烈風烈火編51):Amida Buddha
2009/11/13 18821歩(累計14854327歩)
  ほとんど眠れない夜行バスで大阪に乗り込み、着くなり京阪電車で中書島へ移動・取材。ラッシュ時だったので電車内でも眠れず、京橋駅に降り立り、這々の体で歩き始めた。途中、四天王寺の参拝者用休憩室で30分ほど仮眠をとる。これでようやく元気になった。元気をもらったお礼に、300円払って伽藍を参拝。五重塔も金堂も昭和30年代再建のものだから、史跡としての価値は低い。しかし、講堂では本格的に念仏を唱える参拝者が多く、格式の高さを感じた。
  おまけ写真。JR天王寺駅構内にお目見えした、クリスマスツリー。もうそんな季節ですか。
 
Chap777:Secretary:Failure
2009/11/10 13015歩(累計14835506歩)
  昔の職場の仲間たちと定期的に集まって飲んでいるのだが、この会は幹事がもち回り制になっている。察しの良い方ならピンとくると思うが、次回の幹事は私だ。忙しくなる前に渉外関連を済ませておこうと思い、大崎ゲートシティ内の某飲食店に予約をしに行ったのだが、すでに満席で予約が取れなかった。う〜む、忘年会シーズンを甘く見すぎたか。電話で予約すればよかったのだが、店の雰囲気を見ておきたかったもので。今日は無駄足になってしまったわけだが、漫歩のきっかけになったので、多少は救われた気がする。もし、私に漫歩の趣味がなければ、大きくへこむシチュエーションだから。
 
Chap776:IC Recorder
2009/11/9 15631歩(累計14822491歩)
  これから1月いっぱいまでの間に、合計30日間を超える大規模な取材旅行を予定している。そこで今日は、今後の取材活動をよりスムーズに行うために、ビックカメラ池袋本店へICレコーダーを買いに行った。今まではMDプレーヤーを使っていたのだが、PCとのデータのやりとりや携帯性能、メディアの扱いやすさなどを考えると、ICレコーダーの方が便利なのだ。しかもこれ、USBメモリや音楽プレーヤーの代用にもなるから、プライベートでも活躍する機会がありそうだ。
  今日は代々木で歩きやめるつもりだったのだが、Bとの絡みで14807歩を超えたかったので、神宮前まで粘った。
 
Chap775:On The Wire
2009/11/6 20251歩(累計14806860歩)
  東京都清瀬市は、その名に恥じない、住むにはなかなかいい環境の街だ。駅近くは市街化されているけれど、少し郊外に出れば緑や清流が多く残っている。新興の分譲住宅も増えてきているけれど、電線の上で羽を休めているのは鳩ではなく、カラスでもなく、スズメでもなく、白鷺。かといって、都心からそう遠いわけでもない。充分、通勤範囲内。将来的には、こういう街に住みたいものだ。
  おまけ写真。JR武蔵野線は、東所沢止まりの便が多い。大きな車両基地があるためだ。東所沢電車基地は、本線から垂直方向に引き込み線を伸ばす形になっている。ラッシュ時には、これらの車両が全部出払うのだろうか。
 
Chap774:Contact Debut:Completed
2009/11/5 15634歩(累計14786609歩)
  八王子と立川で取材した帰りに、おもむろに国分寺で下車。漫歩を兼ねて、先月保険証不所持で達成できなかったコンタクトデビューを果たすべく、田無アスタへ。別に田無にこだわる必要はないのだけれど、前回行ったときにとりあえずメンバーカードだけ作ってあったので、まったく別のところで一からやり直すよりは話が早いかなと。
  で、ようやくコンタクトを手にしたわけだが、慣れるまでは出し入れが結構大変だ。出す方は比較的簡単にできたが、入れる方が難しい。担当医は「慣れですよ」と言っていたけれど、果たして私は慣れることができるのだろうか……。
 
Chap773:High-School Lullaby
2009/11/4 19617歩(累計14770975歩)
  JR高円寺駅から阿佐ヶ谷駅までは、ずっとガード下を歩けるようになっている。薄暗くて人気があまりないところだが、車がほとんど通らないので、個人的に好きな散歩道。時間帯(特に高校の下校時刻に重なると)によっては、自転車がすごく多くて危なっかしい道ではあるが。
  ここを歩くのは10回目くらいになると思うのだが、今までこのガード下にこんなものがあるなんて知らなかった。もちろん、母屋はガード脇にあるのだが、道場(剣道場?)がガード下にある。石川君、こんなところに通っているのか……。庶民的な造りの学校なので、少しだけ親近感が増した気がする。
 
Chap772:Limited Exp.
2009/11/3 17417歩(累計14751358歩)
  今日は、取材で東京駅へ。入場券で改札内に入り、さらに新幹線改札内へ! 普段ほとんど新幹線を利用することがない身の上なので、何もかも新鮮で、童心に返ったような気分になった。在来線のホームに比べて、店舗類がすごく多いね。喫煙所がまだ生きていたことにも、少々感動してみたり。
  今日の写真は、N700系車両。流れるようなフォルムだが、近くで見ると結構汚れている。小鳥か何かを撥ねたと思われる血痕なども無数に。自然界ではあり得ないスピードだから、逃げ切れないのだろう。便利な生活の裏では、常に動物たちが犠牲になっている。
 
Chap771:Lost The Hoop
2009/10/31 15875歩(累計14733941歩)
  公共料金の支払いのために近所のコンビニに行って、ふと気がついたら皇居のお堀端を歩いていた。ここのところ若干出不精気味な私だが、何か一つきっかけがあると、タガが外れたように歩きたくなる。まったく出歩かないか、極端に歩きまくるか。微調整の利かない、なんとも不器用な人間だ。
  写真を1枚。自宅から歩いて10分ほどの要町一丁目にて。どちらが正しいのでしょうか。2枚の表示板の間に境界があるようには思えない場所なのだが。調べたところ、1−33が優勢。1−47は、路地(この場所は角地)を100mほど入ったところになる。なぜ、この場所に表示板が?
 
Chap770:Towers WEST
2009/10/30 27971歩(累計14718066歩)
  しばらく行かないでいた間に、市川駅南口がガラリと様変わりしていた。まだ駅舎は工事中だが、それを挟んで2棟の巨大ビルがそそり立っていた。アイ・リンクタウンと名付けられたツインタワーだ。ご丁寧に、それぞれのビルに立ちそばが入店しているという、素晴らしいビル。おまけに、タワーズ・ウエストの45階(最上階)は、無料の展望施設として開放されている。には松戸方面の住宅街、にはミニチュアのようなJR総武線の線路とタワーズ・イースト、そして西には遙か彼方に霞む東京の摩天楼が望める。午後9時まで見学可能なので、夜景も楽しめる。これはなかなかいい新名所だ。
 
Chap769:Beans & Pigeons
2009/10/27 23454歩(累計14690095歩)
  12月から1月にかけて大規模な取材が入るため、軍資金を入手すべくバイトをすることにした。今回の仕事は取材費が出るのだが、一時的に立て替えなければならないから、やっぱり手元に現金が必要なのだ。で、今日が面接。無駄足(落とされる)を避けるため、経験がある会社を選んだ。
  今日の写真。亀戸駅の北、明治通りと蔵前橋通りの交差点の角に、但元(たじもと)いり豆本店がある。天神様のお膝元に相応しい、つい覗いてみたくなる人情味のある老舗だ。しかし、覗いてみたくなるのは人間だけではないようで、店内はいつも、に半分占拠されている。
 
Chap768:Brand New Building
2009/10/22 14526歩(累計14666641歩)
  長いことJR田端駅の改築工事が続いていたのだが、ようやく新駅舎が完成した(完成は昨年7月。最近あまり前を通っていなかっただけ)。改築に際して、待合室(というか、みどりの窓口)内にあった駅そば「あじさい茶屋」が撤退したのだが、新駅舎には駅そばは入らなかったようだ。綺麗な駅ビル「アトレヴィ田端」にも、それらしき店の姿はなかった。みどりの窓口内の駅そば、珍品だったんだけどな。
  おまけ写真。田端駅から歩いて10分ほど離れたところに、田端銀座商店街がある。上空を蜘蛛の巣のように伝う電線が昭和中期の面影を残していて、なかなか風情がある。
 
Chap767:No NG
2009/10/21 13094歩(累計14652115歩)
  TBSでの番組収録を終え、ホッと安堵したところで歩いて帰った。思えばここ一週間ほど、緊張のためほぼ不眠状態に陥っていた。別の仕事の締切が重なっていたこともあるが、それ以上に、生涯初となるテレビ出演のプレッシャーが大きかった。しかし、緊張していたのは始まる前まで。収録が始まってからは、緊張する暇もないほどのマシンガントークとなり、ふと気づいたときにはもう終わっていた。NGというか、途中でのカットは1回もなし。我ながら、上々だ。拙い私を見事にフォローしてくれたアナ・出演者・スタッフの皆さんに多謝。OA日については、確定し次第「NEWS」ででもお知らせします。
 
Chap766:Contact Debut:Impossible
2009/10/18 16478歩(累計14639021歩)
  ファミコンを初めて急激に視力が落ち、高校時代から眼鏡をかけている。眼鏡一筋、20年。そんな私が、コンタクト・デビューを考えた。今後、あまり眼鏡をかけて臨みたくない場が多々発生するだろうと思われたためだ。そこで、田無駅前のアスタ内の眼鏡店に寄ってみたのだが、保険証が必要(眼科検診があるため)と言われ、すごすごと退散。知っている人にとっては当たり前なのかもしれないが、私にとっては寝耳に水のことだった。出直し、出直し。
  おまけ写真。練馬区大泉は、日本アニメの発祥地。「アニメの殿堂」も、作るんなら大泉にしなきゃ(大泉学園駅構内)。
 
Chap765:Grave Matter
2009/10/16 26541歩(累計14622543歩)
  いろいろと雑務が発生し、実家に帰ることにした。目下締め切り間近で忙しいのだが、締切直後の一大イベントのために準備しておかなければならないことがたくさんある。買い物やらなんやら。面倒ばかりであまりお金にならないイベントではあるが、もしかしたら一生に一度のことかもしれないので、気合いは入っている。
  どうでもいい余談だが、今日の漫歩で面白いことに気がついた。「光が丘」と「ひばりヶ丘」。一見、全然違うように思えるが、平仮名にすると一字違い。早口で読んだりすると、実はすごく紛らわしい。
 
Chap764:Homebody
2009/10/15 24225歩(累計14596002歩)
  最近、どうも出不精でいけない。3日に1回の漫歩に出るのがやっとで、日によってはスーパーに買い物に行くとか、洗濯のためコインランドリーに行くのも億劫でサボってしまう。だから、1日何も食べないとか、洗濯物が山のように溜まってしまったりする。鬱病の兆候なのかなぁ。3日に1回の漫歩も億劫でサボるようになったら、黄信号だな。
  今日の写真。西川口駅付近に、合格通りという面白い名称の商店街がある。近くには合格の鐘、合格稲荷などがあるのだが、有名な進学校があるわけではない。由来は、地元の人でもあまりよく知らないようだ。
 
Chap763:48h
2009/10/12 18861歩(累計14571777歩)
  土曜の昼から今日の昼までの48時間のうち、43時間くらいはPCと向き合っていた。特に急ぐ仕事をしていたわけではないのだが、やり始めるとなかなか手を止めるタイミングが掴めなくなる。さすがに目に見えて視力が落ちてきた(この表現はかなり違和感があるな……)ので、リフレッシュ放牧に出た。考えてみれば、漫歩するときにも、なかなか止められなくなることがある。動き始めたら止まらない性分なのだろうか。
  写真を1枚。西台交差点に架かる歩道橋。写真では分かりにくいが、この歩道橋はかなり複雑な形をしている。上空からは、スキーヤー(しかもボーゲン)のように見えそうだ。
 
Chap762:Blow Away The Front
2009/10/9 24865歩(累計14552916歩)
  ここのところ雨天続きでなかなか歩けなかった(おまけに、昨日は体調不良で寝込んでいた)のだが、本州南岸に停滞していた秋雨前線を台風18号がきれいさっぱり吹き飛ばしてくれたようだ。今日はスッキリと晴れ、暑くも寒くもない絶好の漫歩日和となった。もう少し早い時間に歩き始めればよかったのだが、なにしろ用事のついでなもので。
  写真を2枚。その1:御殿山のふもとに、何やら巨大な商業施設(あるいはオフィスビル?)ができそうな気配。その2:ベタではありますが、たまには東京タワーのライトアップでも(三田2丁目、パプアニューギニア大使館付近にて撮影)。
 
Chap761:Genesis
2009/10/4 18719歩(累計14528051歩)
  「千住」は、しばしば「千寿」と表記される。北千住界隈にある小中学校も、校名には概ね「千寿」の字が当てられている。不思議に思って調べてみたら、面白いことが分かった。「千住」の由来には諸説があるが、有力なのは千手観音から来ているという説と、足利義政の妾・千寿から来ているという説。今もなお「千寿」の字が多用されていることを考えると、個人的には後者の方が信憑性が高いような気がする。この地名が存在することまた、千寿説を後押しするように思える。
  おまけ写真。自宅近くを通る谷端川緑道が板橋駅前まで続いていることを知り、漫歩の幅がずいぶん広がった。
 
Chap760:Manner Station
2009/10/3 20347歩(累計14509332歩)
  ここのところ天気がぐずつく日が多く、なかなか歩けなかった。今日も、家を出るときにはパラパラと降っていたのだが、まぁ傘がなくても大丈夫な程度かなと思い、歩き始めてみたらじきに止んだ。夕方には、少しだけだが陽も射した。明日は晴れて、明後日からまた天気が崩れるみたいだから、明日もまた歩きに行こうかな。
  今日の写真。九段下駅付近にある、「マナーステーション」という名の公共喫煙所。結構あちこちにあるので、路上禁煙政策はさほど苦にならない。コンビニやたばこ屋も灰皿があるし。わざわざ歩行喫煙したいとは思わなくなってきた。
 
Chap759:Spirited
2009/9/30 17839歩(累計14488985歩)
  今日は打ち合わせで赤坂へ。打ち合わせが終わって外に出てみると、雨。しかも、すでに夕闇に包まれている18時。普通なら歩くのは断念して、おとなしく電車で帰りたくなるところなのだが、今日は気合いが違っていた。なにしろ、今日の打ち合わせ先はここなので。
  これまでに、雑誌・書籍・新聞・ウェブと、様々なメディアに打って出てきたけれど、遂にメディアの王様・テレビに片手がかかった。ただ、まだ決まった話ではないんだよねぇ。以前にTVチ●ンピオンでぬか喜び→結局ボツという苦汁をなめた前例があるので、もう少し慎重に、慎重に。
 
Chap758:Top & Bottom
2009/9/28 17487歩(累計14471146歩)
  上野駅の北西部に、台東区下谷という地名がある。「上野」と「下谷」、よくよく見れば対照的というか、正反対だ。「上野」はもともと寛永寺の門前町だから、寛永寺がある丘を指していたのだろう。Wikiによると、江戸時代に伊賀国上野の大名が屋敷を構えたこと(また、故郷の上野に地形が似ていたこと)に由来する(諸説あり)らしく、それ以前は「忍岡」と呼ばれていた。今でも、忍岡中学校が寛永寺脇にある。
  明治に入って東京15区が制定されたときには、上野は「下谷区」の一部だった。今の上野広小路も、かつては「下谷広小路」だったらしい。なんだか複雑な関係だ。
 
Chap757:6th Anniversery
2009/9/25 19948歩(累計14453659歩)
  9月25日は、FB漫歩開幕記念日。毎年、この日は第一京浜を歩く。例年は大井町・三越前間を歩いているのだが、今年(今回の漫歩)はB漫歩との絡みで19623歩を越えたい事情があったため、スタートは大森、ゴールは竹橋となった。別に第一京浜にこだわる必要はないんだけどね、年に1回くらいはこういう「特別な日」を設けるのも悪くないかな、と。
  今日の写真。大森・大井町間を縦走している桜新道に架かる歩道橋。道路の名称が名称だけに、ピンク色に染めたい気持ちは分からないでもないけどね、歩道橋の色としてはセンスが悪すぎる。渡っていて背筋に悪寒が走った。
 
Chap756:Cheers In Slack
2009/9/23 17256歩(累計14433711歩)
  友人と神宮球場で東都大学野球を観戦し、そのまま歩いて帰った。友人に誘われるからということもあって、近年はたまに大学野球も見に行くのだが、どうも高校野球に比べてのめり込めない。興味の度合いは、高校野球を10とすると、プロ野球4、大学野球1くらい。どうやら、地域性の度合いに比例しているらしい。ということは、全国の各リーグ覇者が集う明治神宮大会ならば、もっとのめり込めるのだろうか。
  特に注目していた選手も出場していなかったので、今日の写真は東洋大学のチアリーダーで。観客が少ない中、よく頑張って声を出していたと思う。
 
Chap755(烈風烈火編50):Massed Street
2009/9/21 11240歩(累計14416455歩)
  松山市内には、路面電車がぐるりと張り巡らされている。車で走っていると邪魔でしょうがないのだが、歩き回るとなると話は別。道標になるばかりか、風景としてもなかなか楽しませてくれる。そんな松山市の中心部をひととおり歩いたのだが、どうもJRの松山駅周辺は市街の外れで、中心となるのは伊予鉄道の松山市駅付近、特にアーケードの掛かった銀天街大街道辺りだ。どちらもいかがわしい雰囲気はなく、健全な商店街。歩行者専用道路だから、歩くには好適。
  おまけ写真。道後公園で妙になついてきた野良猫。座るベンチを変えても、どこまでもついてくる。かわいい。
 
Chap754:On The Very Day
2009/9/18 15241歩(累計14405215歩)
  今週はとにかく忙しかった。旅立ちの前日は半徹夜で仕事、明けて当日の午前中にまで予定が入り、ドタバタ騒ぎ。午後から旅に出るのだが、ETC1000円均一の絡みで激しく渋滞するであろうことを考えると、早くも頭が痛い。まぁ、こちらもETC1000円均一の恩恵を受けようとしているのだから、とやかく言えた筋ではないのだが。NEXCO(東日本だったか中日本だったか忘れた)の公式HPによると、予測される渋滞は京都・大阪間で50km。高速運転を苦手とする(退屈で眠くなる)私にとっては、かなりへヴィな数字だ。しかし、賽は投げられた。もはや、匙は投げられない。やるしかない。
 
Chap753:Right Away
2009/9/15 12805歩(累計14389974歩)
  午前中に麹町で打ち合わせ、歩いて高田馬場へ移動、午後イチでまた打ち合わせ。その席で、石神井公園へ取材に行く必要性が発生し、帰りの足で即刻行動(椎名町から電車で移動)。非常に効率よく動けたように見えるが、実はそうでもない。雨が降ってもいないのに傘を持って出たのが間違いのもと、高田馬場の打ち合わせ場所に置き忘れ、取りに戻るハメに。なんで、今日に限って傘を持って出たかなぁ……。
  写真を1枚。麹町・仲良し公園内の喫煙コーナー。麹町(というか、四ッ谷)で打ち合わせがあるときには、必ずここで頭の中を整理してから臨むことにしている。
 
Chap752:Busy-ness
2009/9/14 11064歩(累計14377169歩)
  北海道から帰ってきて、さて一息と思っていたら、俄に忙しくなってきた。今日は千葉と北浦和で取材、明日は午前・午後にそれぞれ打ち合わせ、場合によっては夕方に取材。16・17の両日で今月20日締切の原稿をすべて書き上げ、18日は午前中にバイトの面接を受けて、そのまま旅に出る。蟻の入り込む隙もないほどの忙しさだ。英語の「Business」は、忙しい(=Busy)の名詞形なのだなと、つくづく感じた。
  今日の写真。武蔵浦和・北戸田間の埼京線ガード沿いの道路には、えらく広い歩道が整備されている。車道よりも広い。ラバー地で歩きやすいので、好きな漫歩コースだ。
 
Chap751(烈風烈火編49):Lakeside
2009/9/11 15317歩(累計14366105歩)
  河口湖駅から河口湖畔までは、歩いて10分ほど。湖の南東部の、入江のようになっている部分に出るので、一瞬、「あれ? 河口湖ってこんなに狭いの?」と思ってしまうのだが、写真の右奥に見えている橋の向こう側に、本体がある。しかし、観光地としてはこの辺りがもっとも開発されているエリアで、遊覧船やアヒルボート、貸し釣り船などがひしめいているほか、山側には観光ロープウェイもある。残念ながら、この場所から富士山は見えない。
  おまけ写真。絶叫マシン命の遊園地・富士急ハイランド。いたる所から阿鼻叫喚の悲鳴が聞こえてくる。
 


戻ります。