Fの足跡23(Chap441〜460)

 
Chap460:Blowin’ In The Wind
2007/10/23 52544歩(累計8717296歩)
  熱海漫歩2日目は、湘南の秋風に吹かれての一本道。昨日に比べてアップダウンが少ないので、体力的に楽だが飽きっぽさが頭を擡げてくる道でもある。特に、小田原市に入ってからが長く感じ、昨日の疲れが抜けきっていないせいもあり、小田原駅に着く頃には身も心も挫けそうになっていた。
  今日も、写真を2枚。その1:馬入橋を渡ってすぐ左手に、立派な教会がある。サンライフガーデンホテル付属の教会だが、実はスコットランドから移築したという筋金入りの名建築。その2:横溝正史に好かれそうな、おどろおどろしい名前の川(大磯町西小磯)。
 
Chap459:Never Say Never
2007/10/22 73264歩(累計8664752歩)
  熱海まで歩く。これは、8月に一度実行したものの、熱中症に倒れて敢えなく初日でダウンした、「曰わく付き企画」。季節を変えて、再チャレンジだ。今度は、もう熱中症の言い訳は利かない。何が何でも、最後まで歩き通す。とにかくギブアップしないこと。これが唯一のルールだ。
  いずれ「記憶倉庫」にアップするものとはカブらない写真を2枚。その1:なんか気になる交差点名(保土ヶ谷区帷子町1丁目)。その2:権太坂は歩きたくなかったので、引越坂へ迂回する。こちらもダラダラ上りの嫌らしい坂だが、権太坂に比べれば勾配も長さもだいぶ手加減してくれている。
 
Chap458:Type O
2007/10/20 17245歩(累計8591488歩)
  ちょっとしたトラブルが発生して、HPのトップページ(を含むいくつかのコンテンツ)が更新できなくなってしまった。この現状を打開するために、ビックカメラで各種パーツを買い揃える。いずれはやらないといけないことをいつまでも棚上げしておくと、こういうことになる。それは分かっているのだが、なにしろO型を地でいくズボラ人間だから、こういうことになってからでないとなかなか腰が上がらない。
  今日の写真。飛鳥山と並ぶ都電最大級の難所、大塚駅前の急カーブ。勾配があって、横断する歩行者も多い(遮断機なし)ので、電車は15km/hに速度を制限されている。
 
Chap457:Isolated Children
2007/10/17 17582歩(累計8574243歩)
  銀座・数寄屋橋のすぐ近くに、中央区立泰明小学校がある。甲子園球場を思わせる蔦の這った校舎、フランス風の校門など、重厚な建築だ。1878年開校だから、130年近い歴史を誇る。現在の建物は関東大震災後に再建されたものだが、それでも東京都選定歴史的建造物に指定されている。
  ただ、思うのは、こんなところに小学生がどれだけ住んでいるのか、ということ。実際、全校生徒数は約360人なのだが、住民票だけ区内に置いて、実際には区外から通っている生徒がほとんどなのだとか。厳密に越境通学を禁止したら、生徒数は数人になるといわれている。そりゃそうだろうなぁ。
 
Chap456:Calm,Or Not
2007/10/15 29627歩(累計8556661歩)
  締切一過の好天日。夕方に知人と待ち合わせをしているのだが、家にいると寝てしまいそうだったので、早めに出かけて歩く歩く。千葉県にはまだまだ「未踏の地」がたくさんあるから、歩くと達成感がある反面、道に迷いそうで怖い面もある。案の定、終盤に迷い、待ち合わせ時間が迫り、大久保→本郷はウォーキングではなくランニングになってしまった。
  写真を2枚。その1:何のジャンプ台かと思ったら、東葉高速鉄道が地下から地上へ上がってくるポイントだった(東海神・飯山満間)。その2:これはなかなかハイレベルな難読駅名だ。それぞれ「ん」を省略すれば読めるというわけか。
 
Chap455:Calm & Confident
2007/10/14 15142歩(累計8527034歩)
  今日は原稿締切の前日なのだが、もうすでに原稿はあらかた仕上がっているので、余裕綽々。きよせ市民まつりを楽しみつつ、ブラブラ歩くほどに、気持ちにゆとりがある。仕事とは、常にこうありたいものだ。
  きよせ市民まつりの写真を3枚。その1:会場。出店も客も、結構多い。その2:ひょっとこのダンス。ペナルティのワッキーを見ているような気分だった。見れば見るほど、よく似てるなぁ……。その3:プロ演歌歌手・佐野昇のミニリサイタル。知らない名前だが、プロだけあって歌は巧い。一カ所だけ歌詞を間違えた感があったが、ごまかし方もプロだ(^^;
 
Chap454:Extra Number
2007/10/11 14357歩(累計8511892歩)
  高架下のショップ&レストラン街・銀座インズは、「住所がない」ということで有名。もともとこの場所には京橋川や汐留川が流れていて、千代田区と中央区の境界になっていた。その後埋め立てて高架道路を通したが、この時に高架下の土地はどちらの区にも振り分けられず、そのまま現在に至っている。また、上の道路は首都高だと思っていたのだが、厳密には「東京高速道路」という別物。インズ等のテナント料で運営しているので、通行無料。両端は首都高に直結しているが、西銀座→新橋または新橋or土橋→新京橋なら、タダで走行できる。
  おまけ写真。汐留の空が綺麗だったので、思わず一枚
 
Chap453:October 10
2007/10/10 21392歩(累計8497535歩)
  ここのところ、どうも私の都合と天気の都合が合わなかった。私が暇だと雨が降り、私が忙しいと晴れる。今日は1日暇だったから、きっと雨が降るんだろうと思っていたが、意外にも晴れ間が広がった。さすが、1年でもっとも晴れる確率が高い、10月10日だ。
  今日の写真。その1:大島小松川公園のもみじ大橋。こんなに広いのに、歩行者専用。自動車が通らない橋って、気持ちいい。その2:森下3丁目児童遊園の車止めは、なぜかパトカー。ちびっ子たちが悪さをしないように……ということではなく、単に隣に交番があるからだろう。
 
Chap452:Last Dance
2007/10/5 30703歩(累計8476143歩)
  友人と、千葉マリンスタジアムへ今期最終戦を観戦に行った。そのついでの漫歩。最終戦ということで、少し早めに行ってダンスショーなどを見てから球場入り。試合は貧打の応酬といった感じで凡戦だったが、サインに応じるまーくんも見られたし、試合後のセレモニーも見られたし、いつもとは違う雰囲気を楽しめた。来年も、2〜3回は来ようかな。
  おまけ写真。その1:世界最長の懸垂型モノレール(ギネス認定)・ちばモノレール(穴川・天台間)。底が抜けそうで怖いと思うのは私だけだろうか。車両が「逆さ台形」をしているのも面白い。その2:みどり台駅近くの、ロータリー型交差点
 
Chap451:Fidgety
2007/10/3 24856歩(累計8445440歩)
  2週間以上待ち続けている返事が、まだ来ない。まったく、ラブレターの返事を待ちわびる純真な乙女じゃあるまいし、どうしてこんなに落ち着かない日々を過ごさねばならないのか。こっちは早いところケリをつけて、小さな旅にでも出たいところなのに。それほど大きくもない仕事の1つ2つに振り回されるなんて、因果な商売だ。
  写真を2枚。その1:新しい郵便局のシンボルカラーは、ダイエー(志木店)に似ていていけない。その2:JR埼京線の高架下を最短距離で歩くルートがお気に入り。だから、こういうことをされると困る(戸田・戸田公園間)。
 
Chap450:Stop My Dulling !
2007/10/2 16006歩(累計8420584歩)
  ここのところ、弱い雨が降ったり止んだりのハッキリしない天気が続いていた。だから、歩きに行こうにもなかなか踏ん切りがつかない。最近はあまり外出する用事がないから、一日中自宅に籠もっていることが多い。だから、無理をしてでも歩きに出ないと、体が鈍ってしょうがない。だから今日は、久々に雨が降りそうにない天気になったので、待ってましたとばかりに歩いた。
  今日の写真。その1:江古田駅付近で見つけた、怪しいパン屋。その2:新しい郵便局のシンボルカラーは、(特に陽が当たると)白抜き文字が見えにくくていけない(荻窪郵便局)。
 
Chap449:Be White!
2007/9/28 19058歩(累計8404578歩)
  携帯の料金プランを「白いやつ」に変えてきた。携帯を持ち初めて11年目にして、初めてのプラン変更だ。今まで使っていた「エル・プラン」は、ソフトバンクの前身のボーダフォンの前身のJ−フォンの前身の東京デジタルホン時代のプラン。もしかして、私が最後のユーザーだったのではないだろうか。私がプラン変更したことで、「エル・プラン」は絶滅してしまったのではないだろうか……。そう思うと名残惜しさがこみ上げてくるのだが、いかんせん基本料金が違いすぎる。
  今日の写真。雑司ヶ谷駅前に、とてつもなく広い道ができそうな気配。
 
Chap448:4th Anniversery
2007/9/25 16113歩(累計8385520歩)
  9月25日は、FB漫歩日記の誕生日。今年も、例年同様Chap1と(ほぼ)同じルートを歩く。まったく同じではつまらないので、鮫洲を回り、鮫洲→八ツ山橋は旧東海道を歩いた。
  江戸時代の宿場町として栄えた旧東海道だが、その歴史的情緒はあまり色濃くは残っていない。寺社の類が多いという部分に、どうにか面影を見ることができる程度。ただ、沿道の児童公園一つを見ても、公衆トイレからすべり台まで、極力宿場町の古い街並みを偲ぼうとする努力が垣間見える。板橋や千住のように、古い商店などが建ち並ぶ街並みではないだけに、甲斐甲斐しく感じた。
 
Chap447:Wild Age
2007/9/24 17068歩(累計8369407歩)
  旧実家のすぐ近くにある妙音沢(こんな正式名称があるとは知らなかった。小学生の頃は「ハゲ山の湧き水」と呼んでいた)が、しばらく見ないうちに大変貌を遂げていた。かつて蔓を使ってターザンよろしく滑り降りていた急斜面には手摺付きの階段が設置され、かつて「崖っぷち駐車場」があった(うちでも一時期この駐車場を借りていた)場所にはウッドチップ敷きの遊歩道が巡らされた。そして生意気にも、この一帯が市の「特別緑地保全地区」に指定され、動植物の採取が禁止されていた。今回は沢まで降りていないが、おそらくかつて粗大ゴミ捨て場になっていた沢も、劇的に変わっているのだろう。
 
Chap446:Long Autumn Nights
2007/9/22 17714歩(累計8352339歩)
  相変わらず「返事待ち」が続いていて、ヒマ。なので、今のうちにちょっと実家に帰っておくことにした。別に歩いて帰省する必要はないのだが、その方がHPのネタになるので。別に大泉学園でやめる必要もなかったのだが、始発が動き始めたのでつい乗ってしまった。
  それにしても、ここにきてだいぶ夜明けが遅くなってきた。7月頃に夜歩きしたときには、午前4時を過ぎるともう空がだいぶ明るくなっていたものだが、今回は5時過ぎに大泉学園駅に着いたときにようやく紺色になり始めた。「秋の夜長」とはよく言ったものだ。
 
Chap445:Kill Time
2007/9/21 21190歩(累計8334625歩)
  ここのところ、毎日のように漫歩に出ている。いい加減「ヒマだねぇ〜」と言われそうだが、そう、ヒマなのだ。今はいわゆる「返事待ち」状態なので、ヒマで困っている。かといって一日中家にいると体にウジがわきそうなので、ヒマつぶしがてら漫歩に出ているというわけ。
  今日の写真は、久々に東京タワー特集。その1:芝公園南から。その2:赤羽橋交差点から。その3:東麻布歩道橋上から。東麻布歩道橋からの眺めが一番迫力あるのだが、近すぎてデジカメのファインダーに収まりきらない。芝公園は、ビルや街灯など邪魔。よって、お気に入りは赤羽橋交差点。
 
Chap444:¥994
2007/9/20 14484歩(累計8313435歩)
  以前にテレビで紹介されていた下赤塚の激安衣料品店「のとや」に行ってみた。別に歩いて行く必要はないのだけど、歩いた方がHPのネタになるから。別に下板橋を回る必要はないのだけど、直行だと10000歩を越えるかどうか微妙だと思ったから。で、この店、やっぱり安い。モノによりけりだが、安いものは異様に安い。今日買ったのは、Gパン2本+長袖シャツ1着+プリントTシャツ1枚。これで、合計994円。あり得ん……。店員が多くて、人件費が結構かさんでいるように見えるのに、どうしてこの低価格が実現できるのだろうか。今後、衣料品が必要になったときは、この店に直行だな。
 
Chap443:The Shortest Route
2007/9/19 18364歩(累計8298951歩)
  今まで気づかなかったのだが、南浦和駅から川口駅までは、ずっと線路に沿って歩くことができる(南浦和・蕨間西川口・川口間)。線路沿いの道って、最短距離を歩けているような充足感があって、好き。これが、空が茜色に染まる夕暮れで、カーンカーンと踏切が鳴く音でも聞こえてこればなお風情が増すのだが、残念ながら今日は曇天だし、沿線に踏切はない(道路はみな立体交差になっている。線路幅が広いからということもあるのだろう)。それでも、沿線に建つマンションに電車の走行音が反射して、線路とは逆の方から電車が走ってきそうな錯覚に陥ったりして、結構楽しめた。  
 
Chap442:3 Dimensional
2007/9/17 15180歩(累計8280587歩)
  新小岩駅を出てすぐに平井大橋を渡るのだが、何の気なしに南側を眺めていて、ちょっと違和感を覚えた。平井大橋のすぐ南に、JR総武線の長い長い鉄橋があるのだが、そのすぐ上を首都高速中央環状線が横切っている。堤防と首都高が、見事に鉄橋をサンドしている。ものすごく立体的というか、「近未来」の断片を見たような感じがした。
  おまけ写真を2枚。その1:京成曳舟駅近くで見つけた、激安惣菜店(墨田区京島3丁目)。コロッケ25円は要注目。その2:3年ぶりに渡る、桜橋。カーブして見えるのは、橋が「X」字型をしているから。  
 
Chap441:Detergent Boogie
2007/9/16 16558歩(累計8265407歩)
  「そうだ、洗濯洗剤を買ってこなきゃ」 これが、今日の漫歩のモチベーションになった。たった210円(100円ショップ×2個)の買い物をするために、わざわざ160円の電車賃を払い、1時間かけて南千住まで行き、2時間以上を歩いて費やす。もう少し効率のいい生き方ができないものかと、我ながら思ってシニカル笑いが浮かんでしまう。されど、これも我が愛しき人生。
  写真を2枚。その1:南千住駅前の大規模な再開発工事が始まった。はてさて、どのように生まれ変わるのだろうか。その2:全国的に、お祭りの季節ですね(北池袋駅付近)。
 


戻ります。