Fの足跡19(Chap361〜380)

 
Chap380:Crazy Lazy Rainy Blues
2007/4/9 11737歩(累計7115403歩)
  昼過ぎに降り出した雨が夕方に上がったので、中野坂上のダイソーに寄りつつ歩いて帰ることにした。が、買い物を終えてダイソーを出てみると、雨。なんてこった。しかも風も出ているので、小さな折りたたみ傘はあまり役に立たない。せっかく中野坂上まで歩いたのだからと強引に歩き続けたのだが、やはりというか何というか、中井駅辺りからは「開き直って歩く」ハメになった。左半身べっとり、靴の中ぐっちょり。そして、家に着く頃にはしっかり小止みに。まぁ、降り出した時点でだいたいこうなるだろうことは予感してたんだけど。その後、倦怠感と厭世感が私を襲ったことは言うまでもない。
 
Chap379:TOKYO Precious Election
2007/4/8 12614歩(累計7103666歩)
  今日は、待ちに待った都知事選挙の投票日。自宅近くの投票所(板橋第五小学校)へ行き、そのまま歩いた。私が東京都民になってそろそろ8年になろうとしているが、一番「ヨカッタ」と感じるのは「面白い選挙に投票できるようになった」ということかもしれない。埼玉県民時代には、選挙がつまらなかった。知っている人が一人だって出てきやしない。知らん奴らが喧しいだけの街宣して、それで投票しろったって、そりゃ無理な話。東京の選挙は、話題性があって面白い。
  おまけ写真。音無親水公園の散り桜。川面が白く見えるのは、全部桜の花びら。
 
Chap378:Uninhabited Station
2007/4/6 16144歩(累計7091052歩)
  都電荒川線以外にも、23区内に無人駅があった(西太子堂駅)。というか、東急世田谷線は、都電並みに「スゴイ」。最近車両は新しくなったみたいだが、10年くらい前に乗ったときには黒光りのする板を張った床で、レトロそのものだった。都電よりも風情豊かだ。なにしろ、私は路面電車が大好き(別に詳しくはありません)な人間。だから、この路線も、いずれこのコーナーで詳しく取り上げたいと思っている。電車に乗るのもいいけど、線路沿いに歩くのもなかなか楽しいもの。なぜなら、線路や車両だけでなく、沿線の街並みにも風情があるから。
  
20070401.jpg Chap377:HARU-URARA 4th Season
2007/4/1 28447歩(累計7074908歩)
  新百合ヶ丘から柿生にかけての線路沿い(川沿い)に、ずーっと桜並木アップ)が続いている。今年の桜漫歩はここからお届け。度重なるロケハンは見事に徒労に終わった(^^; ほぼ1駅分桜が続いているわけで、それはそれはたくさんの人で賑わっていた。もちろん、ただ見るだけではなく「花より団子」の人々も繰り出している。その割に出店の類は少なく、焼き芋屋をはじめ5軒くらいしか出ていなかった。
  おまけ写真。その1&2:住所は荏田なのに、なぜか江田駅。荏田駅じゃダメなのかな。その3:鷺沼駅前の桜並木は、もう散り盛り
  
20070330.jpg Chap376:Bills
2007/3/30 13105歩(累計7046461歩)
  ここ数日急激に気温が上がり、汗ばむくらいの陽気が続いている。これによって、桜の開花も一気に進んだ。毎日視野に入る桜が、目に見えてボリューム感を増している。しかし、私のカバンの中はというと、桜のイメージとはほど遠い未納公共料金の督促状が大輪の花を咲かせている。携帯、そろそろ停められそうだ。家電……は別に停められてもいいが、ガスはまずいな。ネットも利用停止日が近い。手元に現金はあるのだけど、口座に入れに行く暇がない。
  今日の写真。「端末がある=ハイテク」という、なんとも役所的思考の交番(新宿区大京町)。
 
Chap375:Always Gorgeous
2007/3/26 11088歩(累計7033356歩)
  代官山の街は、いつ行ってもクリスマス並みの煌びやかさだ。イルミネーションというのは、冬場の寒い夜だからこそ幻想的に輝く(と思う)わけで、この街にはまったくもって季節感がない。「おしゃれな街」として人気があるようだが、どうも私は馴染めない。小高い丘から下界を見下ろしている人々に対する、軽いジェラシーも入っているかもしれない。
  が、この小高い丘を降りていくと、とても「代官山」の名にふさわしくない街並みが広がっているということを、皆さんはご存じだろうか。今日は夜間漫歩だったから写真を撮らなかったが、いずれ衝撃的な「代官山」の姿をお目にかけたい。
 
Chap374:Desolation
2007/3/24 19183歩(累計7022268歩)
  Chap119で紹介した富岡八幡宮と仲良く並んでいる、深川不動尊。どちらも同じように有名な寺・神社なのだが、今日参拝した深川不動尊は実に寂しい有様だった。なにしろ人が少ない。富岡八幡同様、門前には出店の類が並んでいるのだが、参拝客よりも出店の方が多いくらいだ。門前の商店街も、もう少し活気が欲しい。
  おまけ写真を2枚。その1:「もんじゃ焼き」って、こう書くのね。それにしても、電話番号はちゃんと書体を揃えましょう(深川不動門前)。その2:菜の花畑を切り裂く東武特急スペーシア(鐘ヶ淵〜堀切間)。
 
Chap373:Cry For The Moon
2007/3/22 12889歩(累計7003085歩)
  嵐のような2ヶ月が過ぎ、ようやく平常通りのダイヤに戻った。忙しかった頃にはこの平穏さが欲しくてたまらなかったのだが、いざ手に入れてみるとそれは私が本当に望んでいたものではなかったような気がする。忙しかった頃の方が充実していたというか、日々に張りがあったように思う。結局、私はいつも「無い物ねだり」をしているに過ぎないのかもしれない。
  だとすると、私が今「本当に欲しい」と思っているものを手に入れてしまった場合、その瞬間にそれは「本当に欲しかったもの」ではなくなってしまうのだろうか。結局、「本当に欲しいものが手に入る」瞬間は一生訪れないのだろうか。
 
Chap372:No Loop
2007/3/19 14954歩(累計6990196歩)
  仕事帰りに新宿西口のビックカメラに寄り、乾電池を購入、そのまま歩いて帰った。漫歩するようになって以来、乾電池の消費量が急激に増えている。1年で単3を50本くらい使っているだろうか。去年の春頃から、「そろそろエネループ(充電式乾電池)にしようかな」と考えているのだが、未だに使い捨ての電池を使い続けている。「エコロジー」など口にするのも恥ずかしいような身分の私だが、それにしても地球に優しくない……。長い目で見れば経済的にもだいぶ損をしているような気がする。今月の給料が入ったら、今度こそエネループに切り替えよう……かな。
 
Chap371:Break With Silence
2007/3/18 21795歩(累計6975242歩)
  約2ヶ月の沈黙を破り、久しぶりの漫歩ができた。それも、企画漫歩。いきなりの2万歩越えは翌日が心配だが、強い北風の中でも気持ちよく歩けた。やっぱり、私は歩き続けなければ生きられない人間なのだ。
  今日の写真。国道463号バイパスの新見沼大橋有料道路だが、歩行者は無料。自転車も無料……と言いたいところだが、なんと20円取られる(無人で、料金箱が置かれている)。なんかケチくさいなぁ。
  おまけ写真。同じ料金所でも、東北道の浦和料金所は規模が違う(背後に見えているのは埼玉スタジアム)。
 
Chap370:404 Not Found
2007/1/21 20560歩(累計6953447歩)
  今年一発目の、図書館行脚漫歩。都合3軒の図書館を回ったのだが、私の眼鏡に適う本は見つけられなかった。豊島区の図書館は本の分類法が煩雑で、探しにくい。3軒とも違う分類をしている気がする。一元化できないものか。1日無駄になった……と思いたくなるところなのだが、漫歩の記録自体は生きるから、まぁ良し。なお、今日は道中2回ほど道に迷ったのと、図書館内を彷徨い歩いた分を歩数に含んでいるため、ルートの割に歩数が多めになっている。
  今日の写真を川柳風に一つ。「安い宿 探せば結構 あるもんだ」(豊島区東池袋3丁目)。
 
Chap369:Navy Road
2007/1/20 25536歩(累計6932887歩)
  初雪のちらつく中、瀬谷駅から北へ桜並木を歩く。この道は、かつて瀬谷駅と海軍資材集結所を結ぶ線路が敷かれていたことから、「海軍道路」と呼ばれている。戦後、線路が撤去され、資材集結所は米軍基地に変わった。道路も「環状4号」という味気ない名称に上塗りされ、「海軍道路」と記された表示板もこの有様。わずかに、北端の八王子街道との交差点名にその名をとどめているだけだ。ちなみにここの桜(ソメイヨシノ)は、戦後に平和を祈念して植えられたものだという。
  おまけ写真。Chap110で紹介(当時はヒマワリ畑)した大和駅近くの観光農園が、小松菜畑に変身していた。
 
Chap368:Prelude
2007/1/18 11655歩(累計6907351歩)
  例によって、中野坂上のダイソーに寄りたくて、歩いて帰った。100円ショップが開いている時間帯に終業できるうちに、いろいろ買い揃えておかなければならないものがあるのだ。買ったのは、ネクタイ、ベルト、靴下。こういうものをすべて100円ショップで揃えている自分が情けなく思うときもあるが、事実揃ってしまうのだから、わざわざ大金を捻出する必要もあるまい。来たるべき「不眠の季節」を迎える準備は、ひとまず整った。
  今日の写真。神田川・桔梗橋(中野区本町2丁目)から、都庁方面を望む
 
Chap367:YOKOHAMA Bayside Story
2007/1/14 32371歩(累計6895696歩)
  貴重な貴重な休日を、一日歩いて過ごす。これ以上の贅沢があるだろうか。時間を自由に支配できる喜びほど嬉しいことが、他にあるだろうか。「来月になれば土曜も日曜も関係なくなるのだから、今のうちに思いっきり贅沢に時間を使っておこう」という考えは、正月明けの時点で頭にあった。新宿まででいいところを、わざわざ渋谷まで定期を買っておいたのは、横浜遠征漫歩をやりたかったからに他ならない。
  今回は写真が多いので、久々にミニギャラリーを用意しました。ここでは、おまけ写真を1枚だけ。星川駅近くで発見した、おもしろい交差点名
 
Chap366:Winter Sunshine
2007/1/13 15641歩(累計6863325歩)
  今年は暖冬だ。これほど分かりやすい暖冬というのも珍しいくらいだ。四ッ谷で打ち合わせを終えた後、JR中央線に沿ったお気に入りの散歩道を歩いていると、日溜まりがポカポカと心地いい。今年は、雪は降りそうにないな。仕事的に考えると降らない方がありがたいけど、プライベート的に考えると降った方が面白い。どちらにしても一長一短か。
  おまけ写真。その1:ここは中央区ではなく、新宿区です。その2:椿山荘裏の神田川沿いで、いい散歩道を発見。「迫り出し桜」があるので、HARU-URARA漫歩の第二候補地に名乗りを上げた。
 
Chap365:Overture
2007/1/9 14754歩(累計6847684歩)
  遂に、この季節がやってきてしまった。幡ヶ谷始発の漫歩が増えてくると、「そろそろ不眠症になるな」と感じる。「風が吹けば桶屋が儲かる」のような話だが、毎年このページを見ている人ならばおおよその見当がつくだろう。沈鬱ではあるが、夏場を華とするための、これは通過儀礼だ。
  今日の写真。その1:大ガード内から新宿歌舞伎町界隈を覗き見る。その2:時の移ろいはたった一度の瞬きすら許さない。Chap345で紹介したばかりの「寿がきや」跡地に、早くも新しいラーメン屋ができていた。行列していたのは美味いからなのか、それとも新しいからなのか。
 
Chap364:How Old Are You?
2007/1/8 19460歩(累計6832930歩)
  今日は成人の日。まだハッピーマンデーとやらに馴染みきれない私だが、この日は外に出れば否が応でも成人の日を実感させられる。荒川区役所付近の明治通りでは、晴れ着姿の女の子や袴姿の男の子たちが徒党を組んで闊歩していた。その様子を見て、「まるで高校の入学式みたいだ」と思ったのは私だけだろうか。そのくらいに、若いというか、幼い。まぁ、私たちの成人式の時にも、たぶん周りはそういう目で見ていたのだろうが。
  おまけ写真。三連休の最終日で、浅草雷門前は二進も三進もいかない混雑ぶりだった。
 
Chap363:Strollin’
2007/1/6 10259歩(累計6813470歩)
  毎年恒例の忘年会が、昨年は開催されなかった。古い友達に会う機会はなかなかないから残念だなぁと思っていたら、年明けに新年会として開催されることになった。やっぱりこれがないと、どうにも締まりが悪い。
  そして、帰りはもちろん歩く。2005年末は涙にむせび、荒れに荒れた道程となったが、今回は平常そのもの。どこでどうしてそういうことになったのか、メンバー中2人を道連れにしてそぞろ歩いた。まだ電車がある時間だったのに……。ヘンな趣味に付き合わせて、申し訳ないです。なお、今日はカメラ不持参につき、写真はなし。
 
Chap362:Final Rap ’06
2006/12/28 13572歩(累計6803211歩)
  年末に訪れた、今年最大の山場をどうにか乗り切った。ここ1週間ばかり、平均睡眠2時間くらいの日が続いていたから、もはや精根尽き果てている。しかし、世の中よりも一足先に年越しモードに入れるのは嬉しい。とはいえ、明日からは取材旅に出なければならない(もちろん個人旅を兼ねているが)。年またぎの旅になるため、2006年は今日が歩き納めとなる。
  今日の写真。JR三鷹駅北口の喫煙所。武蔵野市特有の「鳥型」のものだが、雛一匹だけではいかにも寂しい。武蔵境駅前のものと比べると、その差は歴然だ。
 
Chap361:Location Hunting
2006/12/25 20701歩(累計6789639歩)
  越年準備のために実家に帰ったのだが、いつもの道を歩いたのではつまらないので、今日は石神井川の河川敷をずっと歩いた。板橋区東山町付近を起点に、西へ。城北公園付近では緑をバックに眺め(板橋区小茂根3丁目)、練馬区桜台6丁目付近では桜の枝が川面に覆い被さるような場所も見つけた。来年の「HARU-URARA漫歩」の第一候補地だ。棚ボタ的にロケハンができたな。そして、石神井川は練馬区春日町1丁目付近で豊島園の敷地内に消え、河川敷が消滅する。石神井川を改めて眺めたのは初めてで、結構広くて水量があるんだなぁ、と思ったのだった。
 


戻ります。