Bの轍28(東京→水戸→福島→山形→横手→秋田)

 
2016/2/27 秋田から2.7124km 潟上まで11.7876km
秋田県秋田市
寺内大小路地区周辺
  臨海十字路で国道7号と合流し、秋田市の中心部に到着。とはいえ、秋田駅や市街地の中心部からはだいぶ離れていて、ちょっと郊外を思わせる街並みだ。駅近くには古い街並みがたくさん残っているから、大きな道路を通せないのだろうか。ともあれ、ここから先は国道7号の旅路になる。1往復めの復路で歩いたルートでもあるので、どこかで道を逸脱したいと考えている。さぁて、どうしよう……。
  ひとまず、潟上市の中心部までは国道7号を歩き、そこから男鹿経由で入道崎を目指すことにしよう。その後は、日本海岸を北上するか、それとも八郎潟干拓地の中を歩くのもいい。後のことは、後で考えるとしよう。
 
2016/2/26 大仙協和から15.3802km 秋田まで14.6198km
秋田県秋田市
河辺北野田高屋地区周辺
  秋田空港の入口を通過。秋田空港、こんなところにあるのね。秋田市の中心部から、だいぶ遠い。鉄道の駅からも、だいぶ遠い。かなり不便そう。
 
2016/2/25 大仙から19.4162km 大仙協和まで1.0838km
秋田県大仙市
協和上淀川地区周辺
  大仙市の中心部を越えて、周辺が少し山がちになった。山というか、丘陵地帯か。この丘を越えると、いよいよ秋田市に突入する。
 
2016/2/21 大仙から7.2932km 大仙協和まで13.2068km
秋田県大仙市
神宮寺大浦沼地区周辺
  神宮寺駅付近を通過。この辺りの途中駅の中には、公民館などとの合築で規模が大きいものが結構ある。飲食店が入店しているケースもある。
 
2016/2/19 大仙から0.4946km 大仙協和まで20.0054km
秋田県大仙市
花館萩台地区周辺
  旧大曲市を中心に8市町村が大合併して誕生した、大仙市。市名は、「大曲+仙北」の合成か。「仙北」とは、このあたりの旧郡名だ。
 
2016/2/17 横手から14.7504km 大仙まで8.7496km
秋田県美郷町
六郷道尻地区周辺
  秋田県は、平成大合併が盛んに行われた。美郷町は、旧六郷町を中心に2町1村の合併で誕生。横手市と大仙市に挟まれて、ちょっと地味な存在。
 
2016/2/15 横手から2.7414km 大仙まで20.7586km
秋田県横手市
八幡石町地区周辺
  横手市は、20年以上前にバイトで来たことがあり、ちょっと思い入れがある。あの頃と比べて、駅前の風景はずいぶん変わった。なにしろ、サティが潰れたというのが大きい。駅舎も建て替わったし、近くには地方都市に似合わない小綺麗なショッピングモールができた。地元FM局の公開スタジオまである。一方、バスターミナルは廃墟のようになっていた。廃墟とニュータウンが背中合わせになったような、異様な街並みだ。
  横手と言えば、かまくらが有名。しんしんと音もなく雪が降り積もる、憧憬たっぷりの街並みが連想される。新しいものを取り入れるのもよいけれど、古いものを活かす取り組みも必要なんじゃないかと思う。この廃墟、これからどうするつもりなのだろうか。
 
2016/2/13 湯沢から11.7258km 横手まで6.2742km
秋田県横手市
平鹿町醍醐当面町地区周辺
  醍醐とは、ずいぶんと仰々しい地名。駅名にもなっている。近くには「後三年」なんていう駅もあるし、平安時代に歴史が大きく動いた地域なんだな。
 
2016/2/12 湯沢から4.4616km 横手まで13.5384km
秋田県湯沢市
岩崎地区周辺
  湯沢市は平野部が狭く、街の中心に近いところにまでスキー場がある。よくもまぁこんなところに、そこそこ大きな街が開けたものだな。
 
2016/2/11 金山から34.4892km 湯沢まで6.0108km
秋田県湯沢市
下関野際地区周辺
  湯沢というと越後のイメージが強いが、越後湯沢は町、こちらは市。稲庭うどんの里として名高いはずなのだが、どうもイメージが直結していない。
 
2016/2/9 金山から19.9416km 湯沢まで20.5584km
秋田県湯沢市
上院内地区周辺
  雄勝トンネルを抜けて、秋田県に突入。銀山とUFOが有名な、旧雄勝町。宮城の旧雄勝町は「おがつ」と読むが、秋田の雄勝は「おがち」と読む。
 
2016/2/6 金山から9.7320km 湯沢まで30.7680km
山形県金山町
中田地区周辺
  金山町の中心部を過ぎると、途端に山がちになった。この先、難読地名として有名な及位(のぞき)を越えれば、いよいよ秋田県に突入だ。
 
2016/2/4 新庄から16.8278km 金山まで0.1722km
山形県金山町
金山地区周辺
  しまった! 計算ミスで刻んでしまった。「チェックポイントまで残り10kmを切ったら、次の漫歩でチェックポイントを通過」を自分に課していたのに。
 
2016/2/3 新庄から7.7192km 金山まで9.3808km
山形県新庄市
昭和地区周辺
  右手に、神室山が見えてきた。この山の麓、眺めのよい高原には、泉質のよい神室温泉がある。スキー場などもあり、冬場も賑わうリゾート地だ。
 
2016/2/1 村山から33.5362km 新庄まで1.4638km
山形県新庄市
金沢地区周辺
  山形県北部の要衝・新庄市。この街を越えれば、いよいよ秋田県の県境が近づいてくる。ということは、山の中に分け入っていくということだ。
 
2016/1/31 村山から23.6038km 新庄まで11.3962km
山形県舟形町
舟形地区周辺
  最上川流域を下っているはずなのだが、積雪量はどんどん多くなるばかり。標高はあまり関係なく、山が近いということなのだろうか。
 
2016/1/28 村山から12.2980km 新庄まで22.7020km
山形県尾花沢市
尾花沢地区周辺
  このあたりまで北上してくると、平地でも結構な量の雪が積もっている。山形市など県南部に比べると、だいぶ標高が高いのだろう。
 
2016/1/25 山形から30.9098km 村山まで0.0902km
山形県村山市
中央地区周辺
  そば街道の村山市に到着。JR村山駅は、新幹線開業に合わせて名称が変わった。個人的には、かつての「楯岡駅」の方がカッコ良かったと思う。
 
2016/1/22 山形から16.0556km 村山まで14.9444km
山形県天童市
鎌田地区周辺
  天童といえば、将棋の駒。他にもいろいろあるんだろうとは思うけれど、どうにも将棋の駒の連想が先走ってしまう。特に、王将のイメージ。
 
2016/1/21 山形から5.6870km 村山まで25.3130km
山形県山形市
浜崎地区周辺
  山形市の中心部に到着。これにて、東北6県の県庁所在地完訪を達成。あと、県庁所在地に到達できていないのは、群馬・岐阜・奈良の3県のみ。3往復めで、すべて制覇できるだろうか。まだ数年はかかりそうだが。
  山形市というと、蔵王や山寺など観光名所が結構あるのだが、イマイチ地味というか、華やいだイメージがない。県全体で考えても、東北6県の中で最も地味な印象を持っているのは私だけだろうか。そばが美味しいというだけで私にとってはかけがえのない存在ではあるものの、「観光」を考えた時に「旅の目的地」になりにくい県であるような気がする。世間一般の認識はどうなんだろうと思って「都道府県の魅力度ランキング(2015)」を見ると、なんと東北の中では宮城(18位)に次いで2番目(22位)。そうかー、私が抱いている印象は偏見に近いものなのか。もっとも、青森・岩手・秋田・山形の4県は毎年このくらいの順位で競り合っているのだが(2015は岩手・秋田が23位タイ、青森が25位。ちなみに福島は42位)。もっともっと、良さを見つけていかないと!
 
2016/1/20 南陽から18.1228km 山形まで12.3772km
山形県上山市
仙石地区周辺
  上山市は情緒のある温泉街が有名だが、残念ながら国道13号は温泉街から離れたところを通っている。外湯がたくさんあって楽しいんだけどね。
 
2016/1/17 南陽から9.7756km 山形まで20.7244km
山形県上山市
中山地区周辺
  上山市の中山。「上か中か、どっちやねん?」と言いたくなるような地名。たぶん、かつて上山と中山に分かれていたのが合併したんだろうな。
 
2016/1/16 南陽から1.3882km 山形まで29.1118km
山形県南陽市
赤湯地区周辺
  懐かしの赤湯温泉。吹雪の中、赤湯駅から歩いて行ったっけ。駅舎の屋根から、1mを越える巨大つららがたくさん垂れていたのが印象的だった。
 
2016/1/14 米沢から8.6906km 南陽まで8.8094km
山形県高畠町
糠野目地区周辺
  高畠というと、ラ・フランスとエキナカ温泉が名物。メルヘンチックな駅舎の温泉、一度入ってみたい。エキナカとは思えない、大きな施設だ。
 
2016/1/12 福島から39.1530km 米沢まで2.3470km
山形県米沢市
万世町片子地区周辺
  だいぶ山を降り、市街地に近づいてきた。上杉の城下町・米沢。歴史を肌で感じられるほか、近年ではご当地ラーメンも人気の街だ。
 
2016/1/11 福島から26.8524km 米沢まで14.6476km
山形県米沢市
大沢地区周辺
  峠を越えて、山形県に入った。この近くには「峠の力餅」で有名な峠駅があるので、文字通り「峠越え」だ。力餅も、一度食べてみたいな……。
 
2016/1/9 福島から11.5548km 米沢まで29.9452km
福島県福島市
飯坂町中野堰場地区周辺
  飯坂温泉の西側を通過すると、一気に山がちになってくる。この辺りは、冬になると雪でJR奥羽本線がよく止まる区間。やっぱり、山が深いね。
 
2016/1/6 福島から1.4376km 米沢まで40.0624km
福島県福島市
天神町地区周辺
  万世大路(国道13号)を左に折れた。県庁前を通って、JR福島駅の手前で右へ。ここからは、山形県と秋田県を縦断する奥羽街道の旅路だ。秋田に出るまで、長いこと山間部が続くことになる。
  こうして歩いてみると、福島市は平野(盆地)部がかなり狭いということを実感する。人口がいわき・郡山を下回っているというのも、うなずける話だ。市域はそれなりに広いものの、可住地面積があまり広くないのだ。人口ナンバーワンを奪取するためには、伊達市あたりと合併するのが最良のように思えるが、平成大合併でそれが行われなかったことから考えると、難しい事情があるのだろう。
 
2016/1/5 二本松から16.6712km 福島まで4.8288km
福島県福島市
伏拝沼ノ上地区周辺
  福島大学の東側を通過すると、前方に広い盆地が開けた。やっと、福島市街までやって来た。国道13号を左に折れれば、未踏エリアに入れる。
 
2016/1/4 二本松から7.3658km 福島まで14.1342km
福島県二本松市
渋川舟山地区周辺
  智恵子の郷・旧安達町。高村光太郎の妻・智恵子の出身地で、その生家も現存する。道の駅も、「智恵子の里」の愛称で親しまれている。
 
2015/12/31 郡山から23.0682km 二本松まで1.9318km
福島県二本松市
杉田町地区周辺
  本宮市と二本松市の間に、一瞬だけ大玉村を通った。大玉村って、まだあったのか(失礼)。とっくに合併で無くなったと思っていたよ。
 
2015/12/29 郡山から14.3748km 二本松まで10.6252km
福島県本宮市
本宮葭ケ入地区周辺
  左前方に、安達太良山が見えてきた。麓には土湯や岳など、良質な温泉街がある。寄っていきたいのはヤマヤマなのだが……。
 
2015/12/27 郡山から4.5348km 二本松まで20.4652km
福島県郡山市
日和田町北俣地区周辺
  郡山市は、県庁所在地の福島市よりも人口が多い。ちなみに、いわき市はもっと多い。福島市は県下3位に甘んじている。不思議な県だ。
 
2015/12/25 須賀川から19.7816km 郡山まで7.7814km
福島県郡山市
安積地区周辺
  郡山市に入ると、ほどなく国道4号は旧道とあさか野バイパスに分かれる。バイパスは田園地帯で面白みがないので、旧道を歩くことにしよう。
 
2015/12/24 須賀川から0.1900km 郡山まで17.3100km
福島県須賀川市
大黒町地区周辺
  須賀川市の中心部で、国道4号に合流。ここから福島市までは、1往復めの往路と重複ルートになる。サクッと通過してしまおう。
 
2015/12/22 棚倉から27.5766km 須賀川まで7.4234km
福島県玉川村
竜崎中後山地区周辺
  福島空港の近くを通過。なんか、微妙なところにあるね。郡山からはわりと近いけれど、県庁所在地の福島市からはだいぶ離れている。
 
2015/12/19 棚倉から20.8722km 須賀川まで14.1278km
福島県石川町
塩沢地区周辺
  石川町といえば、学法石川高校。かつては野球の名門校で甲子園の常連だったが、最近は名前を聞かない。福島県は聖光学院の天下だからね。
 
2015/12/16 棚倉から10.5060km 須賀川まで24.4940km
福島県浅川町
里白石地区周辺
  福島県南東部には、面積の狭い町村が結構多く残っている。どうやら、合併をかたくなに拒んだのは、矢祭町だけではなかったようだ。
 
2015/12/15 大子から28.4622km 棚倉まで6.0378km
福島県棚倉町
下山本地区周辺
  ダリアの街・塙町を一気に通過した。塙町内には、市民団体が管理するミニダリア園がたくさんある。道の駅には「ダリアソフトクリーム」まである。
 
2015/12/12 大子から11.1978km 棚倉まで23.3022km
福島県矢祭町
関岡地区周辺
  気がつけば、福島県。国が何かをやろうとすると必ずメディア上に名前が出てくる、矢祭町だ。「反骨の街」のイメージがすっかり板についている。
 
2015/12/11 大子から3.4692km 棚倉まで31.0308km
茨城県大子町
池田地区周辺
  大子町の中心部を通過。常陸大子駅の駅そばをすすって、駅近くの道の駅でひとっ風呂。さほど賑やかではないが、鉄旅で楽しめる街だと思う。
 
2015/12/10 常陸大宮から25.7982km 大子まで4.2018km
茨城県大子町
袋田地区周辺
  日本三名瀑に数えられている、袋田の滝。水量はさほど多くないのだが、幅があり、柔らかく、美しい。特に冬場の氷瀑は、幻想的だ。
 
2015/12/9 常陸大宮から9.0564km 大子まで20.9436km
茨城県常陸大宮市
山方地区周辺
  旧山方町のエリアに入る。この辺りまで北上してくると、さすがに街も小さくなり、山並みが近くに迫ってくる。茨城県って、結構平地が広いのね。
 
2015/12/7 常陸大宮から2.4210km 大子まで27.5790km
茨城県常陸大宮市
鷹巣地区周辺
  常陸大宮市は、合併によって誕生した「市」。合併誕生市は市街地が分散傾向にあるものだが、旧大宮町の中心部はそれなりにまとまっている。
 
2015/12/4 水戸から20.3038km 常陸大宮まで7.6962km
茨城県那珂市
古徳地区周辺
  旧瓜連町エリアを北上中。この辺りにはこれといった見どころがなく、ちょっと退屈な街だ。田んぼが多いが、一面という感じでもなく中途半端。
 
2015/12/2 水戸から8.0488km 常陸大宮まで19.9512km
茨城県那珂市
豊喰地区周辺
  一気に水戸市を通過してしまった。水戸市って、意外に狭いのね。県庁所在地で、市街地が結構大きく開けているわりには人口がさほど多くなく、不思議に思っていた。なるほど、そういうことか。特に市街地の北側は狭く、那珂川を渡るとすぐにひたちなか市や那珂市になる。
  水戸といえば、偕楽園。私は、こういった庭園などは大好きなのだが、実は偕楽園はじっくりと見たことがない。近いのにね。見たことがないものについてはうっかり書けないので、B漫歩でも寄らないことにしよう。
 
2015/12/1 石岡から26.1506q 水戸まで3.3494km
茨城県水戸市
酒門町地区周辺
  茨城県の県庁所在地・水戸市に入った。国道6号はこの先いわき経由で岩沼まで続いているが、重複ルートを避けるため118号で北へ向かう。
 
2015/11/30 石岡から18.0896km 水戸まで11.4104km
茨城県茨城町
長岡地区周辺
  ダブル茨城の街。茨城はしばしば「いばらぎ」と誤読される(正しくは「いばらき」)が、もっとも迷惑しているのはこの町ということになるだろうか。
 
2015/11/27 石岡から10.7228km 水戸まで18.7772km
茨城県小美玉市
堅倉地区周辺
  旧小川町・美野里町・玉川村が合併して、小美玉市。なんてストレートなネーミングなんだ! ややキラキラネームな「美野里」、好きだったけどな。
 
2015/11/24 石岡から1.7186km 水戸まで27.7814km
茨城県石岡市
石岡地区周辺
  茨城空港へのアクセス拠点となる、石岡市。茨城空港は、実は都心からそこそこ近い。LCCの就航が進めば、爆発的に発展しそうな気がする。
 
2015/11/21 土浦から3.2014km 石岡まで9.2986km
茨城県土浦市
中貫地区周辺
  土浦駅東口から国道6号バイパスにかけて、謎の高架道路が走っている。高速道路のように見えて、一般道路。途中には出入口が一切ない。
 
2015/11/19 柏から32.5638km 土浦まで5.4362km
茨城県土浦市
中地区周辺
  土浦といえば、学生時代によく霞ヶ浦へブラックバス釣りに来たっけ。釣りもずいぶんご無沙汰だ。たまには道具を使わないと、錆びつきそうだ。
 
2015/11/17 柏から23.4276km 土浦まで14.5724km
茨城県牛久市
牛久町地区周辺
  大仏が有名な牛久市。しかし個人的には、牛久沼の方が強く印象に残っている。国道6号から望めるのと、以前に畔を歩いたことがあるためか。
 
2015/11/15 柏から12.0252km 土浦まで25.9748km
茨城県取手市
毛有地区周辺
  利根川を越えて、茨城県に入る。千葉県もあっという間の通過だったが、茨城県は少し手ごわい。南北に縦断するので、少し時間がかかりそうだ。
 
2015/11/13 柏から2.2470km 土浦まで35.7530km
千葉県柏市
根戸地区周辺
  柏市の中心部を通過。松戸にしろ柏にしろ、この辺りには国道6号線にバイパスがない。これでは激しく渋滞するのも頷ける。どうにかならんものか。
 
2015/11/11 東京から23.0764km 柏まで4.9236km
千葉県流山市
前ヶ崎地区周辺
  ほう、国道6号は、一瞬だけ流山市を通るんだね。流山市がこんなに南の方へ張り出しているとは思わなかった。歩けばこそ気づくことか。
 
2015/11/9 東京から15.2758km 柏まで12.7242km
千葉県松戸市
松戸地区周辺
  東京って、狭い。前回の漫歩で日本橋を越えたばかりだったのに、もう東京都から出てしまった。次に東京に帰ってくるのは、何年後になるだろうか。
 
2015/11/6 東京から2.5618km 柏まで25.4382km
東京都台東区
浅草橋地区周辺
  国道17号から6号に入るには、新日本橋駅近くの室町3丁目交差点で右折するのだが、それだと日本橋を経由しなくなってしまうので、一度日本橋まで南下してから折り返して国道6号を北上することにする。
  1往復めに比べ、2往復めは未踏国道を歩くことに主眼を置いていることもあって、かなり距離のロスが多くなっている。鹿児島から東京まで、2年10カ月もかかってしまった。1往復め往路の東京・佐多岬間が1年5が月だったので、倍近くかかっていることになる。実感としても、遅々として進んでいないのがよく分かる。しかし、この先東京から宗谷岬までは、比較的ロスの少ないルートを予定している。とらぬ狸の皮算用をすると、来年度末くらいには宗谷岬に辿り着けそうだ。そのためにも、ペースを落とすことなく歩き続けないと。
 

戻ります。