Bの轍21(北九州→熊本→天草→薩摩川内→枕崎〜鹿児島)

 
2013/1/3 鹿児島から3.5506km 姶良まで14.4494km
鹿児島県鹿児島市
吉野町地区周辺
  新幹線の開通に伴って「鹿児島中央駅」に生まれ変わった、鹿児島市の中心部を通過。この駅は、もともとは「西鹿児島駅」だったわけだが、どういうわけか「鹿児島駅」よりも規模が大きく、街も賑わっている。「西」が付いたら格が落ちるという先入観を持つのが間違いかもしれないが。九州には、このようなケースが多く見られるように思う。都城よりも西都城、飯塚よりも新飯塚の方が賑わっているとか。南宮崎も、宮崎に負けず劣らず賑やかだ。
  それはさておき、2往復めでは沖縄には渡らず、ここから宗谷岬を目指して北上する旅路になる。つまり、今日で2往復目の往路が完結ということ。いやはや、よくもまぁ続いていますこと。宗谷岬に帰り着くのは、果たして何年後になるのだろうか?
 
2013/1/2 鹿児島喜入から19.9420km 鹿児島まで7.0580km
鹿児島県鹿児島市
宇宿地区周辺
  谷山駅を過ぎて、国道とJR指宿枕崎線の間に、路面電車の鹿児島市電の線路が割って入った。街も賑やかになり、中心部の近さを実感する。
 
2013/1/1 鹿児島喜入から8.1046km 鹿児島まで18.8954km
鹿児島県鹿児島市
喜入瀬々串町地区周辺
  旧喜入町が鹿児島市に編入されたことで、鹿児島市は妙に南北に細長いというか、南の方に細長く突き出たような、アンバランスな市域になった。
 
2012/12/29 指宿から11.5490km 鹿児島喜入まで5.9510km
鹿児島県鹿児島市
喜入町生見地区周辺
  旧喜入町が鹿児島市に編入されたこともあり、早くも鹿児島市に突入。石油基地が有名な街だが、個人的には道の駅に併設されている温泉が好き。
 
2012/12/27 指宿から3.4862km 鹿児島喜入まで14.0138km
鹿児島県指宿市
東方地区周辺
  指宿市の中心市街を通過。指宿といえば、指宿温泉の砂蒸し風呂。気持ちいいのかもしれないが、私はサウナが苦手なので、比較的関心が薄い。
 
2012/12/24 南九州頴娃から13.2530km 指宿まで6.2006km
鹿児島県指宿市
山川大山地区周辺
  右手に開聞岳を眺めながら歩いていたら、いつの間にか指宿市に入っていた。JR最南端の駅がある旧山川町も、合併して指宿市になっていた。
 
2012/12/22 南九州頴娃から3.7994km 指宿まで15.7006km
鹿児島県南九州市
頴娃町郡地区周辺
  旧頴娃町の中心部を超えた。南九州市の中心は、今回は通らない旧知覧町になるので、今回通るルートは比較的長閑なエリアだ。
 
2012/12/19 枕崎から16.8744km 南九州頴娃まで3.6256km
鹿児島県南九州市
頴娃町御領地区周辺
  知覧と頴娃(と川辺)が合併して、南九州市。なんともつまらない地名になってしまった。知覧・頴娃とも好きな地名だっただけに、残念極まりない。
 
2012/12/18 枕崎から8.2854km 南九州頴娃まで12.2146km
鹿児島県枕崎市
白沢東町地区周辺
  枕崎市街の中心に、JR指宿枕崎線の枕崎駅がある。ここから先は、いちき串木野以来、久々に鉄道沿線の漫歩になる。鉄道に沿って歩いていると、なんだか落ち着く。方向が分かりやすいというか、人里離れる寂しさが和らぐというか。駐車場に車を駐めるときに、白線のマス目があるかないかの違いのようなものだ。
  早くも枕崎市を出ようとしているのだが、国道の左手に枕崎空港なる施設が目に入った。こんなところに空港を造って、利用する人はいるのだろうか? 空港ができたせいで鉄道が廃れて、空港も利用者が少なくて結局共倒れになる、そんな未来が想像できてしまうのだが。大型スーパーが商店街をシャッター通りに変えて、結局そのスーパーも潰れて何もなくなってしまうという構図に似ている。空港、造りすぎだね。
 
2012/12/15 南さつま坊津から19.3430km 枕崎まで2.1570km
鹿児島県枕崎市
中央町地区周辺
  枕崎市に入ると、にわかに周囲が賑やかになってきた。枕崎市は面積がわりと狭いので、市内に入るとすぐに中心市街地になるのだ。
 
2012/12/14 南さつま坊津から9.4640km 枕崎まで12.0360km
鹿児島県南さつま市
坊津町泊地区周辺
  坊津町の中心部まで来て、ようやく道幅が少し広くなった。やれやれ、これで安心して歩ける。ここまで来れば、枕崎はもう目と鼻の先だ。
 
2012/12/13 野間岬から17.9522km 南さつま坊津まで3.0478km
鹿児島県南さつま市
坊津町久志地区周辺
  くねくねと曲がりくねった山道をひたすら進む。そろそろ、旧坊津町の中心部が近いはずだが、いまだ九十九折りが続く。この道、大丈夫かな。
 
2012/12/12 野間岬から6.3188km 南さつま坊津まで14.6812km
鹿児島県南さつま市
笠沙町赤生木地区周辺
  野間岬の南側に回り込むと、いきなり国道226号は辺鄙な山道になった。幅員が狭く、急勾配で、カーブも深い。車の通行量が少ないのが幸いだ。
 
2012/12/11 南さつまから26.5978km 野間岬まで2.4022km
鹿児島県南さつま市
笠沙町片浦地区周辺
  もう、野間岬まで2kmほど。結構な遠回りをしているはずだが、最近は漫歩のペースが快調なので、あまり飽きが来ない。この調子、この調子。
 
2012/12/9 南さつまから13.8700km 野間岬まで15.1300km
鹿児島県南さつま市
大浦町地区周辺
  旧加世田市の中心部で、国道226号を西へ折れる。この国道は、野間岬をぐるっと回って枕崎へ通じる。ちなみに、270号はまっすぐ枕崎へ通じる。
 
2012/12/8 南さつまから6.2752km 野間岬まで22.7248km
鹿児島県南さつま市
加世田小湊地区周辺
  旧加世田市の中心部を通過。しかし、鉄道も通っていない(かつて通っていたが、廃止)し、なんだかさびしいというか、味気ない街並みだ。
 
2012/12/6 日置日吉から13.4532km 南さつままで5.0468km
鹿児島県南さつま市
金峰町尾下地区周辺
  旧加世田市を中心に合併して誕生した南さつま市に入った。これから野間岬をぐるっと回るので、当分南さつま市から出られそうにない。
 
2012/12/3 日置日吉から5.2830km 南さつままで13.2170km
鹿児島県日置市
吹上町小野地区周辺
  そうそう、JR市来駅前で国道3号と分かれ、国道270号に入っている。薩摩半島をぐるっと一周してやろうという魂胆だ。だいぶ遠回りになるが。
 
2012/11/30 薩摩川内から28.4586km 日置日吉まで3.0414km
鹿児島県日置市
日吉町神之川地区周辺
  「日置」という市町村名は各地にあるが、「へき」「ひき」など、難読なケースが多い。合併で誕生した鹿児島の「日置」は、ストレートに「ひおき」と読む。
 
2012/11/28 薩摩川内から15.2034km 日置日吉まで16.2966km
鹿児島県いちき串木野市
湊町地区周辺
  市街地を走る国道3号とは別に、バイパスの川内道路が並行している。バイパスが整備されるのはいいが、市街地の空洞化が懸念される。
 
2012/11/27 薩摩川内から8.5698km 日置日吉まで22.9302km
鹿児島県いちき串木野市
下名地区周辺
  薩摩川内市の市街地を過ぎると、あっという間にいちき串木野市に入ってしまった。薩摩川内市はそれなりに人口が多い街で、市街地もそれなりに大きい。九州新幹線開通に伴い(実際には開通よりだいぶ前の話だが)、JR鹿児島本線の八代・川内間が肥薩おれんじ鉄道に経営移管されたが、鹿児島中央・川内間はJRのまま残った。この辺りからも、薩摩川内市が北薩地域の中心都市として確固たる地位を占めていることが窺える。
  ただ、目下人口は減少傾向にあり、2010年時点では10万人を割り込んでしまっている。どうせなら、いちき串木野市も編入してしまえばよかったような気もするが、それはいちき串木野市にとってあまりよくない話なのだろうか。
 
2012/11/24 阿久根から25.5166km 薩摩川内まで3.9834km
鹿児島県薩摩川内市
上川内町地区周辺
  川内市は、平成大合併のどさくさの中で「薩摩川内市」に変わった。仙台市と読みが同じで紛らわしかったからだろうか。書くのが面倒そうな市名だが。
 
2012/11/21 阿久根から7.7524km 薩摩川内まで21.7476km
鹿児島県阿久根市
大川地区周辺
  早くも、阿久根市の中心部を通過した。阿久根は平成大合併にまったく関わっていないので、市域があまり広くない。これが適正な広さだと思う。
 
2012/11/19 長島から27.1876km 阿久根まで1.3124km
鹿児島県阿久根市
赤瀬川地区周辺
  阿久根市に入って、宇土以来久々に国道3号に合流した。ここから薩摩川内までは、一往復めと重複するルートになる。早く川内に到着したい。
 
2012/11/16 長島から13.8808km 阿久根まで14.6192km
鹿児島県長島町
山門野地区周辺
  長島町は、微妙に九州本土と繋がっていない。黒之瀬戸によって分断されている「島」だ。橋が架かっているから、ほぼ本土のようなものだけれど。
 
2012/11/15 長島から4.9588km 阿久根まで23.5412km
鹿児島県長島町
城川内地区周辺
  牛深の市街に出たと思ったら、すぐに国道フェリー乗り場に着いた。泳いでも渡れそうな長島瀬戸を横断して、遂に鹿児島県に突入だ!
 
2012/11/13 天草河浦から13.3050km 長島まで6.6950km
熊本県天草市
久玉町地区周辺
  牛深の市街地が近いはずだが、国道266号は依然山の中。市街地が狭い街なのだろうか。「市」とはいえ、合併前の人口は20000人にも満たないし。
 
2012/11/11 天草河浦から5.8812km 長島まで14.1188km
熊本県天草市
河浦町路木地区周辺
  国道266号に合流して、進路を南へ。下島最南端の旧牛深市を目指して歩く。長かった天草漫歩も、やっと終わりが見えてきた。
 
2012/11/8 天草高浜から21.3846km 天草河浦まで7.1154km
熊本県天草市
河浦町今富地区周辺
  旧天草町エリアを抜けて、旧河浦町エリアに入った。しかし、まだまだ天草市は続く。この先、旧牛深市エリアを抜ければ、ようやく天草市とお別れだ。
 
2012/11/6 天草高浜から8.4950km 天草河浦まで20.2050km
熊本県天草市
天草町大江地区周辺
  歩けど歩けど天草市。そろそろ、飽きてきた。天草海中公園なんかがあってそれなりに景色がいいところなのだが、どうにも進んでいる気がしなくて。
 
2012/11/2 苓北から21.3650km 天草高浜まで0.1350km
熊本県天草市
天草町高浜南地区周辺
  あぁ〜、やってしまった。チェックポイントまで10kmを切ったら、次の漫歩で一気に超えるようにしていたのだが、刻んでしまった。あと135mだったのに。
 
2012/10/31 苓北から12.6158km 天草高浜まで8.8842km
熊本県天草市
天草町下田北地区周辺
  苓北町を出て、再び天草市に。しかもこの辺りは旧天草町のエリア。天草市の中心部が旧天草町ではないのが、なんだかややこしい。
 
2012/10/29 苓北から5.4014km 天草高浜まで16.0986km
熊本県苓北町
都呂々地区周辺
  苓北町の中心部を通過。国道はこの先も一本道で続いているけれど、国道番号は324号から389号に変わった。
 
2012/10/28 天草から21.6896km 苓北まで6.8104km
熊本県苓北町
坂瀬川地区周辺
  天草下島の中で、唯一合併に参加しなかったのがここ苓北町。財政状態がよいからなのだろうか? それとも、有力者がいるのだろうか?
 
2012/10/24 天草から15.0962km 苓北まで13.4038km
熊本県天草市
五和町鬼池地区周辺
  旧五和町エリアに入った。天草市は2市8町の大合併で誕生した街だけに、面積がかなり広い。人口も、県内では3番目に多い街になった。
 
2012/10/22 天草から6.5378km 苓北まで21.9622km
熊本県天草市
佐伊津町地区周辺
  天草市の中心部、すなわち旧本渡市の市街地を一気に横断。中心部と言っても、もともと本渡市は人口4万人程度の小さな街だから、市街地もあまり大きくはない。天草と言えば天草四郎、つまりキリシタンの隠れ里であり、それにまつわう観光スポットがたくさんある。殉教公園、切支丹館、本渡城跡などなど。長崎とはまた違った意味で西洋文化が浸透している街だ。一度、ゆっくり探訪してみたい。実は、過去に一度訪れたことがあるのだが、その時には集中豪雨に遭ってロクに観光できなかった。いつか、この無念を晴らしに来よう。
 
2012/10/19 上天草龍ヶ岳から15.5592km 天草まで7.9408km
熊本県天草市
下浦町地区周辺
  矢筈嶽の南側を回って、旧栖本町のエリアに入った。この先、国道324号と合流して天草瀬戸大橋を渡れば、天草市の中心部のある下島に入る。
 
2012/10/15 上天草龍ヶ岳から18.4534km 天草まで15.0466km
熊本県天草市
倉岳町宮田地区周辺
  とりあえず天草市には入ったが、ここからが長い。天草市を出るまでに、まだだいぶかかる。なにしろ、上島の半分と下島のほぼ全部が天草市なのだ。
 
2012/10/14 宇城三角から22.2778km 上天草龍ヶ岳まで13.7222km
熊本県上天草市
姫戸町姫浦地区周辺
  一気に天草上島に上陸。まっすぐに本渡(天草市の中心部)を目指してもいいのだが、せっかくなので、国道266号でぐるっと南岸を回ることに。
 
2012/10/12 宇土から12.9930km 宇城三角まで13.0070km
熊本県宇土市
下網田町地区周辺
  三角半島の北岸を歩く。このあたりは、島原湾に広大な干潟が広がっている。ガタリンピックができそうなほどだ。ムツゴロウも生息しているのだろうか?
 
2012/10/8 宇土から5.5836km 宇城三角まで20.4164km
熊本県宇土市
城塚町地区周辺
  宇土で、国道57号を西に折れる。この先、道は島原湾と八代海を隔てる三角半島を経て、天草諸島へ続いている。
 
2012/10/6 熊本から6.1312km 宇土まで6.8688km
熊本市南区
南高江地区周辺
  熊本市の中心部をあっという間に通過。人口が50万を超え、政令指定都市になった熊本市だが、市街地はそれほど大きくない。かつて、テレビで熊本出身の某芸能人が「熊本は、吉祥寺みたいな街が一つあって終わり」と言っていたが、確かにそんな雰囲気。いったいこの街のどこに50万を超える人が住んでいるのだろうか、と思ってしまう。
  合併で膨らんだ街だけに、郊外部ではなおのこと寂しい風景が広がって見える。現在地の南区は、旧川尻町・富合町のエリアだ。昔はこの近くに1200円で泊まれる健康ランドがあって重宝したものだが、いつの間にか廃業してしまった様子。寂れる一方という色合いが濃く、悲しくなってくる。
 
2012/10/2 玉名から24.0396km 熊本まで3.4604km
熊本市中央区
黒髪地区周辺
  熊本市の中心部にさしかかった。こうして歩いてみると、熊本市の中心市街地はJR熊本駅からだいぶ離れていることに気づく。
 
2012/9/30 玉名から16.6908km 熊本まで10.8092km
熊本市北区
植木町投刀塚地区周辺
  いつの間にか政令指定都市の仲間入りを果たしていた熊本市に入った。とはいえ、この辺りは旧植木町の地域。スイカの名産地〜♪
 
2012/9/23 玉名から7.9422km 熊本まで19.5578km
熊本県玉東町
上木葉地区周辺
  玉東町の中心部は「木葉」という地区で、JR鹿児島本線にも「木葉駅」がある。「きば」と読みたくなるところだが、正しくは「このは」と読む。
 
2012/9/20 玉名から1.2876km 熊本まで26.2124km
熊本県玉名市
大倉地区周辺
  玉名市にも九州新幹線の新駅が誕生した(新玉名駅)が、在来線との接続はなく、郊外にポツンと建っている。今後、発展が見込めるのだろうか?
 
2012/9/17 大牟田から6.6624km 玉名まで9.8376km
熊本県荒尾市
一部地区周辺
  ようやく、熊本県に入った。JR鹿児島本線の緩行線が走るのは、荒尾まで。ここから先は、グッとローカルムードが強くなる。
 
2012/9/16 久留米から28.6304km 大牟田まで4.8696km
福岡県大牟田市
吉野地区周辺
  福岡県南端の街・大牟田市に突入。先日通った筑後市にも「西牟田」という地名があったが、「牟田」というのはどういう意味があるんだろう?
 
2012/9/14 久留米から12.4088km 大牟田まで21.0912km
福岡県筑後市
野町地区周辺
  JR鹿児島本線と、九州新幹線との両方と並走する旅路。九州新幹線は、まだ乗ったことがない路線。あまり評判は良くないが、一度は乗ってみたい。
 
2012/9/11 久留米から5.3084km 大牟田まで28.1916km
福岡県久留米市
荒木町荒木地区周辺
  久留米から、国道209号で有明海沿岸を目指す。沿線にわりと大きな街がある産業道路。なぜこちらを国道3号にしなかったのか、不思議だ。
 
2012/9/9 筑紫野から15.1498km 久留米まで3.3502km
佐賀県鳥栖市
高田町地区周辺
  国道3号は、一瞬だけ佐賀県を通る。都市圏を考えても、鳥栖市周辺は福岡県に編入した方がいいように思うが、それは佐賀県には飲めない話だろう。
 
2012/9/6 筑紫野から1.5004km 久留米まで16.9996km
福岡県筑紫野市
原田地区周辺
  国道3号に合流。筑豊の長閑なローカル国道を歩いてきたので、この交通量の多さにはちょっと眩暈がする。歩道が広くて歩きやすいのが救いだ。
 
2012/9/2 飯塚から20.3828km 筑紫野まで7.6172km
福岡県筑紫野市
山家地区周辺
  国道200号は有料道路の冷水道路を分岐して、周囲も徐々に都会的な雰囲気になってきた。国道3号に早く戻りたいような、戻りたくないような。
 
2012/9/1 飯塚から10.3956km 筑紫野まで17.6042km
福岡県桂川町
九郎丸地区周辺
  桂川町は飯塚市の南東にある小さな街だが、JR桂川駅は筑豊本線と篠栗線が分岐する重要なJCT駅。駅の外には、あまり賑やかさはないが。
 
2012/8/30 飯塚から2.5856km 筑紫野まで25.4144km
福岡県飯塚市
若菜地区周辺
  筑豊内陸部の中心都市・飯塚市にやってきた。かつて栄えた炭鉱は廃れてしまったが、近年では福岡のベッドタウンとして賑わいを取り戻している。
 
2012/8/27 北九州から32.7670km 飯塚まで5.2330km
福岡県小竹町
勝野地区周辺
  福岡県の内陸部には、面積の小さな町や村がたくさんある。大合併でだいぶ整理されてはきたが、だからこそ残っている町村が目立っている。
 
2012/8/25 北九州から25.4914km 飯塚まで12.5086km
福岡県直方市
殿町地区周辺
  筑豊電鉄のチンチン電車を眺めながら南下してきたが、直方で筑豊電鉄が終点となり、ここから先はJR筑豊本線と並走する旅路になる。
 
2012/8/23 北九州から12.5860km 飯塚まで25.4140km
北九州市八幡西区
別所町地区周辺
  黒崎駅前から、国道200号を左に折れ、南へ。筑豊平野を縦断しにかかる。八幡は製鉄の街だが、内陸部にはその面影はあまりない。
 
2012/8/21 北九州から2.2084km 飯塚まで35.7916km
北九州市小倉北区
清水地区周辺
  東西に細長い北九州市。その中心は、新幹線の駅がある小倉だが、かつて小倉・門司・若松・戸畑・八幡の5市が合併して成立した街だけに、市街地が広範囲に分散している。政令指定都市の中では比較的街のイメージが乏しいのは、県庁所在地ではないからだろうか。
  このまま国道3号を歩いてもいいのだが、一往復めで完歩しているルートなので、八幡から国道200号で筑紫野へ抜けるルートをとることにする。博多をパスすることになってしまうのが少々辛いが、未踏路線制覇欲の方が少しだけ勝っている。
 


戻ります。