Bの轍17(仙台→いわき→水戸→銚子→鴨川→千葉→東京 652.0km)

 
2011/2/6 東京から1.5780km 調布まで20.4220km
東京都千代田区
丸の内地区周辺
  京葉道路から江戸街道、そして中央通りと経由して、日本橋に到着。2004年12月以来、約6年ぶりの東京だ。要するに、日本一周に約6年かかったということになる。早いのか遅いのか、比較対象がないのでよく分からないが、6年間(宗谷岬のスタートからだと7年5カ月)歩き続けたことは、我ながら立派というか、オタク素質が発揮されたと思う。
  しかし、もちろんこれで終わりではない。ここからまた、鹿児島を目指して西へ、南へ。新たな漫歩の幕が上がる。この漫歩日記は、ほぼエンドレスだ。日本の国道を全部歩き尽くしたら、あるいはやめるかもしれないが、今のところは靴を脱ぐつもりはない。当然、漫歩日記の筆を置くつもりもない。あと何年、何歳までこの漫歩日記が続くのか。自分自身、たいへん楽しみである。
 
2011/2/2 千葉から28.4144km 東京まで8.0856km
東京都江戸川区
小松川地区周辺
  東京都に入った。もう、日本橋は目と鼻の先。次回漫歩で、到達できるだろう。Bの2往復目はあちこち遠回りしているから、結構長かった。
 
2011/1/30 千葉から20.4512km 東京まで16.0488km
千葉県市川市
平田地区周辺
  JR総武本線と京成本線に挟まれた千葉街道は、片側1車線しかない。狭いのに交通量が多く、京成側には踏切も多いため、渋滞が酷い。
 
2011/1/27 千葉から9.6188km 東京まで26.8812km
千葉県習志野市
谷津地区周辺
  京成津田沼駅近くを通過。F漫歩でもお馴染みのエリアにさしかかっているので、あまり新鮮味がない。早く東京を通過してしまいたい。
 
2011/1/23 千葉から2.5622km 東京まで33.9378km
千葉市美浜区
幸町地区周辺
  浜野駅近くで国道16号とお別れして、湾岸道路(国道357号)に入る。千葉市の中心部は、国道が複雑に入り組んでいて道が分かりにくい。千葉街道から内房浜街道へ抜けるだけなら問題ないが、市街地を経由して外房方面や成田方面へ行こうとすると、途端に分かりにくくなる。狭いエリアの中で国道が合流・分岐を繰り返すのと、国道が交差点で右へ左へ折れるのと、国道が時折狭くなって「本当にこっちでいいのか?」と思わされるのが原因だと思う。地元の人にとっては問題ないのかもしれないが、余所者、特に私個人にとっては嫌がらせとしか思えない。
  ともあれ、無事に千葉を通過した。ここから東京までは、千葉街道でほぼ一本道。7年4カ月に及ぶB漫歩は、遂に2度目の東京到達に王手をかけた。
 
2011/1/21 木更津から26.2562km 千葉まで8.2438km
千葉県市原市
八幡北町地区周辺
  市原市に入って、国道16号は一気に「産業道路」という雰囲気になった。左手には、京葉臨海鉄道(貨物線)が延々と併走している。
 
2011/1/19 木更津から11.6894km 千葉まで22.8106km
千葉県袖ヶ浦市
長浦地区周辺
  東京湾アクアラインの高架下を潜った。アクアラインを歩くというのも面白いが、とりあえず今回は海岸線を。東京を経由するようにしたいので。
 
2011/1/17 木更津から4.0166km 千葉まで30.4834km
千葉県木更津市
長須賀地区周辺
  房総の中核都市・木更津の市街を越え、内房浜街道も国道16号という若い番号に変わった。周辺は工業地帯。いよいよ、東京が近い。
 
2011/1/14 富津湊から18.8584km 木更津まで4.1416km
千葉県君津市
南子安地区周辺
  富津・君津・木更津と、「津」が付く市名が続く。もともと「津」は「海」の意味だから、当然といえば当然。海の幸豊かな房総らしい地名で好感が持てる。
 
2011/1/13 館山から31.8272km 富津湊まで2.1728km
千葉県富津市
竹岡地区周辺
  この辺りには、なかなか風情のある漁港が多い。保田漁港近くにある漁師店「ばんや」に、一度行ったことがある。新鮮で安く、ボリュームがすごい。
 
2011/1/11 館山から5.4950km 富津湊まで28.5050km
千葉県館山市
川名地区周辺
  この辺りには、高規格のバイパスが整備されている。ただし、歩行者にとってはバイパスは面白くない。旧市街を歩いた方が遥かに楽しいものだ。
 
2011/1/9 野島崎から13.0728km 館山まで2.9272km
千葉県館山市
上真倉地区周辺
  宮崎漁港の脇を抜け、相浜でいったん海岸線から離れる。ゴルフ場や運動公園がある丘陵を抜ければ、その先はもう館山の市街地だ。
 
2011/1/7 野島崎から1.5354km 館山まで14.4646km
千葉県南房総市
白浜町滝口地区周辺
  房総半島最南端の野島崎を通過。ここから先は、内房路。東京湾に沿って、一路千葉・東京へ。ひたすら北上あるのみだ。
 
2011/1/5 鴨川から29.7222km 野島崎まで9.2778km
千葉県南房総市
千倉町千田地区周辺
  館山市を取り囲む町村が合併して、南房総市になった。私が名付けるなら、「安房市」か、百歩譲って「南房市」。センスが悪いのはどちらだろうか。
 
2011/1/4 鴨川から10.9122km 野島崎まで28.0878km
千葉県鴨川市
西江見地区周辺
  道の駅「鴨川オーシャンパーク」で一休み。南房総には道の駅がたくさんあるから、ドライブ途中の休憩スポット探しには苦労しない。
 
2010/12/31 鴨川から0.8886km 野島崎まで38.3116km
千葉県鴨川市
貝渚地区周辺
  鴨川といえば、なんと言ってもシーワールド。大学時代に一度行ったきりだが、強く印象に残っている。イルカやシャチのショーもよかったし、エイなどの魚類に素手で触れるコーナーもよく覚えている。近年は、私も無類のテーマパーク嫌いになってしまったこともあってなかなか行く機会がないが、鴨シーならもう1回行ってもいいかなと思う。街の雰囲気自体、結構好きだし。
 
2010/12/29 勝浦から14.6884km 鴨川まで7.3116km
千葉県鴨川市
天津地区周辺
  「てんしん」と読みたくなるが、正しくは「あまつ」。15年くらい前か、この近くの清澄寺に初詣に行ったことがある。道が狭くて運転が大変だったなぁ。
 
2010/12/26 勝浦から2.3038km 鴨川まで19.6962km
千葉県勝浦市
串浜地区周辺
  漁業と観光の街・勝浦。多くの娯楽施設があるが、街じゅうどこへ行っても漁港の臭いが漂ってくる。この独特な雰囲気が、結構好きだったりする。
 
2010/12/24 いすみから7.0078km 勝浦まで7.9922km
千葉県御宿町
六軒町地区周辺
  月の砂漠で有名な行楽地・御宿。実は私、小さい頃にこの街のプールで溺れて死にかけたことがある。でも、不思議と嫌いにはなれない街だ。
 
2010/12/23 茂原から23.8524km いすみまで0.6476km
千葉県いすみ市
深堀地区周辺
  旧大原町を中心に合併して誕生した、いすみ市。どうして、「夷隅市」ではダメなのか。断然風格があるのに。匝瑳市の爪の垢でも煎じて飲んでほしい。
 
2010/12/21 茂原から11.0640km いすみまで13.4360km
千葉県長生村
金田地区周辺
  こんなところに、合併を免れて村制を存続した自治体が残っていた。さほど鄙びた雰囲気ではないのだが、面積が狭いから人口も少ないのだろう。
 
2010/12/19 茂原から1.4136km いすみまで23.0864km
千葉県茂原市
千代田町地区周辺
  比較的まとまった市街地を形成している茂原市の中心部にやってきた。この先には当分、大きな街はない。ローカルな港町が点在するエリアになる。
 
2010/12/15 東金から2.6864km 茂原まで12.8136km
千葉県大網白里町
大網地区周辺
  国道128号に入り、外房の旅が始まる。相変わらず海は見えないし、潮の香りも感じないが、この先に黒潮うねる太平洋が待っていることは確かだ。
 
2010/12/12 匝瑳から21.0606km 東金まで3.9394km
千葉県東金市
田間地区周辺
  一気に東金市に入った。鉄道ではローカル線の通過点にすぎない東金市だが、道路網で見れば国道126号から128号が分岐する要衝だ。
 
2010/12/11 匝瑳から7.6314km 東金まで17.3686km
千葉県横芝光町
横芝地区周辺
  国道126号は海岸線と並行して走っているのだが、海岸からはわりと距離があり、九十九里浜はまったく見えない。ちょっと残念だ。
 
2010/12/9 銚子から27.2038km 匝瑳まで2.2962km
千葉県匝瑳市
八日市場ハ地区周辺
  平成大合併で新たに生まれた難読市名「匝瑳」。旧郡名が、市名に格上げされた。個人的には、たいへん好きな地名。読み方は、「そうさ」。
 
2010/12/6 銚子から18.9742km 匝瑳まで10.5258km
千葉県旭市
ニ地区周辺
  この辺りの街には、イロハニで名付けられた街区が多い。現在地は、二。旭市イ、旭市ロ、旭市ハ、もある。面白いけど、よくよく考えたら芸がない。
 
2010/11/28 銚子から9.5080km 匝瑳まで19.9920km
千葉県銚子市
八木町地区周辺
  港町銚子に到着。駅を出た瞬間に磯の香りが漂う街だが、私個人としては海産物よりも「ぬれ煎餅」のイメージが強い。銚子電鉄が苦境打開のために自ら作り上げた名物。マヨネーズを付けて食べるとさらに美味い。
  せっかく銚子に来たのだから犬吠崎に寄ろうかとも思ったのだが、かつて訪れたときにあまり良くない思いをした記憶が蘇り、パスすることに。だって、崖の上から、下の遊歩道に向かって石を投げるアホがいたんだもん。私の中では、犬吠崎は「二度と行きたくない観光地」の上位にランクインしているのだ。
 
2010/11/27 鹿嶋から32.3292km 銚子まで2.6708km
茨城県神栖市
波崎地区周辺
  利根川の最下流に架かる橋・銚子大橋まであと少し。これを渡れば、千葉県に突入だ。最近はペースが速いから、茨城県縦断はあっという間だった。
 
2010/11/24 鹿嶋から21.9342km 銚子まで13.0658km
茨城県神栖市
太田地区周辺
  神栖市は、鹿島灘と利根川に挟まれた細長い街。利根川はほぼ河口だから、ひたすら広い。左右どちらも、絶海の様相。なんだか怖い街だ。
 
2010/11/22 鹿嶋から12.8082km 銚子まで22.1918km
茨城県神栖市
奥野谷地区周辺
  鹿島サッカースタジアム前を通過し、国道124号に乗り換えて犬吠崎を目指す。ここまで来たら、房総半島をグルッと一周してやろうじゃないか。
 
2010/11/21 鉾田から15.5886km 鹿嶋まで12.9114km
茨城県鉾田市
上幡木地区周辺
  水戸から先は、国道51号で鹿島灘に沿って南下。素直に国道6号を歩けば早いのだが、別に急ぐ必要もないことだし、あちこち寄った方が楽しいし。
 
2010/11/20 水戸から0.9982km 鉾田まで21.0018km
茨城県水戸市
谷田町地区周辺
  那珂川を超えて水戸市に入ると、あっという間に中心市街地に到着した。水戸市って、意外に狭い。北西方向にはそれなりに広いけれど、北東方向は実に窮屈な街だ。いっそ、ひたちなか市と合併して、ついでに重要港湾がある大洗町も編入して、40万都市にしてしまってはどうだろうか。さらに、茨城町と那珂市を編入すれば、人口は50万を超え、政令指定都市への道も見えてくる。そこまで編入しても、面積的にはアリかなという気がする。将来的にはつくば市に県の中心的役割を奪われそうな気配があるので、水戸市の威厳を保つためにも、無責任に提言してみたい。
  ところで、水戸市内には偕楽園や涸沼など、観光名所がたくさんあるのだが、不思議と私はこれまでにほとんど訪れていない。この街も、いずれはゆっくり練り歩かないといけないなぁ、と思う。それができないのが、B漫歩の辛いところだ。
 
2010/11/16 日立から28.9154km 水戸まで6.5846km
茨城県ひたちなか市
田彦地区周辺
  旧勝田市と那珂湊市が合併して誕生した、ひたちなか市に到着。この頃には平仮名地名も珍しかったけれど、今では当たり前になってしまったなぁ。
 
2010/11/14 日立から22.5818km 水戸まで12.9182km
茨城県東海村
舟石川地区周辺
  臨界事故が記憶に新しい、東海村。もともと干し芋が有名な村だが、原発のおかげでだいぶイメージダウンになっているのではないだろうか。
 
2010/11/13 日立から12.5498km 水戸まで22.9502km
茨城県日立市
神田町地区周辺
  南北に長い日立市を、一気に縦走。市の南部には、有名な難読地名「大甕」がある。「おおかめ」と読みたくなるが、正解は「おおみか」。
 
2010/11/10 北茨城から24.5548km 日立まで2.9452km
茨城県日立市
東滑川町地区周辺
  日立市は、言わずと知れた日立製作所が育んだ街。調べてみると、このように1つの大企業が街を大きく発展させた例は枚挙にいとまがない。
 
2010/11/7 北茨城から12.8242km 日立まで14.6758km
茨城県高萩市
東本町地区周辺
  いわき市を出た途端に、めまぐるしく自治体が変わるようになった。やっぱり、いわき市が広すぎるんだな。これから、この傾向はさらに加速していく。
 
2010/11/6 北茨城から3.7876km 日立まで23.7124km
茨城県北茨城市
中郷町足洗地区周辺
  茨城県に入った。遂に、威風堂々の関東凱旋。まだまだ東京までは遠いけれど、気分的には物語が急展開したように感じる。
 
2010/11/4 いわきから31.8310km 北茨城まで7.1690km
福島県いわき市
勿来町関田地区周辺
  関所の街・勿来。難読地名としても有名な街だ(読み方は「なこそ」)。関所があるということは、国境。いよいよ、福島県ともお別れだ。
 
2010/10/31 いわきから22.3168km 北茨城まで16.6832km
福島県いわき市
泉町下川地区周辺
  かつての磐城市エリアを歩行中。「磐城市」と言われてもピンとこないが、泉町と小名浜町が合併してできた市。どちらも、よく名前を聞く街だ。
 
2010/10/29 いわきから9.4324km 北茨城まで29.5676km
福島県いわき市
常磐湯本町地区周辺
  スパリゾートハワイアンズのふもとを歩く。実話を元にした映画「フラガール」を見て大泣きした記憶が蘇る。歴代の邦画ベスト3に入る名作だと思う。
 
2010/10/26 いわきから2.7190km 北茨城まで36.2810km
福島県いわき市
内郷御厨町地区周辺
  いわき駅前を通過。かつて平・内郷・常磐・磐城・勿来と5つの市が連なっていたこのエリアが大合併(5市+9町村)していわき市となったのは、昭和41年のこと。私が生まれる前のことなので、私としては「いわき市」に馴染みがある。しかし、JRの駅名に内郷・勿来といった旧市名が残っていることから、古い地名にも若干の馴染みはある。市の代表駅であるいわき駅でさえ、平成6年までは「平駅」だったのだから。
  ちなみに、いわき市は発足当時には「日本一広い市」であったが、その後平成大合併の中で静岡市にその地位を奪われてしまっている。個人的には、化石発掘や海釣りなどで、学生時代に行く機会が多かった街なので、どことなく愛着があるというか、嫌いにはなれない街だ。車で走っていると、広すぎてなかなか市域を脱出できないため、イライラする場所でもあるのだけれど。歩いてると、なおのこと広く感じる。もう一生いわき市から出られないのではないか、とさえ思う(これは大袈裟だが)。ま、好きな街だから、少し長居をするくらいの気持ちで、のんびり歩こう。
 
2010/10/23 広野から16.5184km いわきまで5.9816km
福島県いわき市
平下神谷地区周辺
  四ツ倉の港を通過し、一気にいわき市街へ。ここから勿来まで30km余り、ひたすらいわき市内を歩く。市街地がこれだけ長く続く都市も珍しいだろう。
 
2010/10/20 広野から1.7890km いわきまで20.7110km
福島県広野町
上浅見川地区周辺
  福島県の浜通りには面積の狭い町村がひしめいていたが、それもこの広野町で最後。この次には、広い広いいわき市が待っている。
 
2010/10/14 浪江から28.8122km 広野まで6.6878km
福島県楢葉町
上小塙地区周辺
  国道6号は、意外と道の駅が少ない。最近「そうま」がオープンするまでは、「ならは」1軒しかなかった。若い頃にはよくここで車中泊したものだ。
 
2010/10/11 浪江から22.7336km 広野まで12.7664km
福島県富岡町
上郡山地区周辺
  富岡というと製糸工場を連想しがちだが、それは群馬県の話。しかし、元祖富岡駅はこちらにあり、群馬の富岡は「上州富岡駅」となっている。
 
2010/10/10 浪江から14.1896km 広野まで21.3104km
福島県大熊町
熊川地区周辺
  福島県の浜通り南部には、合併を免れた小さい町がたくさん残っている。東西に長い浪江町と海沿いの小さな双葉町は、一足跨ぎだ。
 
2010/10/5 南相馬から14.9622km 浪江まで2.5378km
福島県南相馬市
小高区行津地区周辺
  めでたく、累計歩行距離10000kmを突破。100%自己満足ではあるのだけれど、嬉しいものは嬉しい。喜びを分かち合うことはなくても、嬉しい。
 
2010/10/3 南相馬から4.5432km 浪江まで12.9568km
福島県南相馬市
原町区大甕地区周辺
  ふと気づけば、漫歩開始以来の累計歩行距離が9999kmに達した。次回、間違いなく10000kmの大台を突破する。足かけ7年、よく歩いたもんだ。
 
2010/10/2 相馬から14.7014km 南相馬まで5.2986km
福島県南相馬市
鹿島区小島田地区周辺
  旧南相馬郡のエリアではあるが、相馬の南で「南相馬」ってのが、ひねりがなくてつまらない。「原町」の地名を消したのは、失敗だったのでは?
 
2010/9/29 相馬から7.4600km 南相馬まで12.5400km
福島県相馬市
赤木地区周辺
  JR日立木駅近くを通過。同じ常磐線内に日立(ひたち)駅があるだけに「ひたちぎ」と読みたくなるのだが、正しくは「にったき」と読む。
 
2010/9/26 相馬から1.1588km 南相馬まで18.8412km
福島県相馬市
中野地区周辺
  風光明媚な松川浦を擁する相馬市に到着。福島県の沿岸部には比較的険しい海岸が多いのだが、この松川浦は穏やかな海岸美を誇る。
 
2010/9/25 山元から9.7696km 相馬まで8.7304km
福島県新地町
小川地区周辺
  ようやく福島県に入った。宮城県はそれほど広くないのだが、最近ペースが遅かったので「ようやく」という感覚が強い。少しペースを上げていかないと。
 
2010/9/20 山元から0.0418km 相馬まで18.9582km
宮城県山元町
山寺地区周辺
  山元町内にあるJR常磐線の2つの駅は、山下駅と坂元駅。いかにも、2つの町が合併して「山元」になりました、という感じだ。
 
2010/9/18 岩沼から12.8398km 山元まで6.6602km
宮城県亘理町
吉田地区周辺
  「陸前浜街道」の通称を持つ国道6号は、東京と仙台を結ぶ大動脈。しかし、いわき・岩沼間には大きな都市がなく、長閑なムードが漂っている。
 
2010/9/14 岩沼から1.6144km 山元まで17.8856km
宮城県亘理町
逢熊中泉地区周辺
  岩沼市は東西には長いが、南北には短い。国道6号に入るとすぐに市内を出て、亘理町に入った。そろそろ、宮城県とのお別れが近い。
 
2010/9/4 仙台から10.1770km 岩沼まで6.3230km
宮城県名取市
植松地区周辺
  ジェット旅客機が低空飛行で飛んでいる。どうやら、仙台空港が近いらしい。仙台空港鉄道が通っているから、なかなかアクセスが便利な空港だ。
 
2010/9/1 仙台から1.7356km 岩沼まで14.7644km
仙台市青葉区
中央地区周辺
  杜の都・仙台に到着。ここ数ヶ月はだいぶ漫歩のペースが落ち、考えていたよりも2カ月ほど遅れての到着となった。「1カ月100キロ」を目標に歩いているので。ようやく、安定したペースで歩けるような態勢が整ってきたので、ここから先は少しペースが上がるだろう。
  仙台といえば、やっぱり牛タン。牛そのものはさほど有名ではないのに、なぜかベロだけが独り歩きしている。黎明期には、わざわざ他県まで駆けずり回って牛タンを確保していたというほどだ。そうは言っても、私もなかなかの牛タン好きなので、仙台という街自体に対しても好意的。なかなか網焼きで食べる機会はないけれど、仙台駅の駅そば店で「牛タンコロッケそば」を食べたり、駅近くの立ちそば店で「牛タンそば」を食べたりしている。……どっちにしても、そばばっかりだな。
  笹かま、萩の月。仙台には味覚的に私好みの名物が多い。少しゆっくりしたいところだが、ただでさえペースが落ちている漫歩なのだから、ここは堪えて惜別を。またいずれ、この街に戻ってくることもあるでしょう。
 


戻ります。