Bの轍11(新潟〜青森)

 
2008/10/15 青森から2.6638km 平内まで20.8362km
青森県青森市
花園地区周辺
  国道7号が国道4号に名を変える瞬間、それが新潟以来ずっと歩き続けてきた国道7号の終焉地だ。ずっと海沿いで景色にあまり変化がなかったから、余計に長く感じた。
  B漫歩の復路も、いよいよクライマックス。青森から先は下北半島を経て、北海道に渡る。北海道内の行程がまだまだ長いが、漫歩開始時点では達成できるかどうか半信半疑だった「日本縦断」(それも往復)が、いよいよ現実味を帯びてきた。ここからは、今までの5年間に及ぶ行程の総決算の意味も含めて、一歩一歩噛みしめる思いで歩いていこう!
 
2008/10/12 弘前から36.1594km 青森まで4.3406km
青森県青森市
石江地区周辺
  アッという間に、青森市街が見えてきた。こんなペースで歩いていたら、B漫歩などほとんど成立しないな。日本縦断なんてすぐに終わってしまうから。
 
2008/10/11 弘前から12.5878km 青森まで29.9122km
青森県藤崎町
水木地区周辺
  弘前までをも、一気に越えてしまった。桜の名所にして、リンゴの名産地でもある弘前は、もう少し時間をかけて歩きたかった……。
 
2008/10/10 大館から17.4956km 弘前まで25.5044km
青森県平川市
碇ヶ関地区周辺
  大館市を一気に飛び越え、県境まで越えて青森県に突入。かつて一度野宿したことがある大館は、もう少し時間をかけて歩きたかった……。
 
2008/10/9 北秋田から2.0586km 大館まで15.4698km
秋田県北秋田市
綴子地区周辺
  北秋田市は広大だが、国道7号は端の方をわずかにかすめるだけ。その、わずかにかすめる部分に鷹巣の中心市街がある。
 
2008/10/7 能代から31.0302km 北秋田まで4.9698km
秋田県北秋田市
坊沢地区周辺
  旧鷹巣町を中心に合併して誕生した、北秋田市。ずいぶん広い「市」になったが、鷹巣から離れている旧阿仁町とかは、不便には思わないのかな。
 
2008/10/5 能代から21.7092km 北秋田まで14.2908km
秋田県能代市
二ツ井町種地区周辺
  米代川を遡って、旧二ツ井町域に。二ツ井町は能代との合併を選んだが、文化圏的には鷹巣に近い。北秋田市に入った方がよかったように思う。
 
2008/10/4 能代から13.5894km 北秋田まで22.4106km
秋田県能代市
鳥屋場地区周辺
  能代港付近で国道7号は東に90度カーブし、内陸部へ入っていく。ここのところずっと海沿いだったから、山間部が懐かしく感じる。
 
2008/10/3 八郎潟から28.3754km 能代まで2.1246km
秋田県能代市
浅内地区周辺
  能代バイパス入口を通過。バイパスを通った方が近いが、市街地を歩いた方が楽しい。早く辿り着ければいいってもんじゃないのだ。
 
2008/10/1 八郎潟から16.8380km 能代まで13.6620km
秋田県三種町
川尻地区周辺
  鹿渡駅付近では、国道7号はJR奥羽本線と八郎潟調整池の間を走る。調整池、池というよりも川のように見える。干拓地が岸ギリギリまで迫っている。
 
2008/9/27 八郎潟から10.0802km 能代まで20.4198km
秋田県三種町
鹿渡地区周辺
  琴丘町+山本町+八竜町=三種町。3つの種で三種かと思うところだが、実際には旧3町域内を流れる三種川に由来した名称。
 
2008/9/25 秋田から27.6344km 八郎潟まで2.3656km
秋田県井川町
北川尻地区周辺
  国道7号からは見えないが、左手にはかつて日本2位の面積を誇っていた八郎潟があるはずだ。霞ヶ浦より広い湖を、よくもまぁ干拓したもんだ。
 
2008/9/23 秋田から17.3708km 八郎潟まで12.6292km
秋田県潟上市
昭和八丁目地区周辺
  3町合併で誕生した、潟上市。カラーの似た町同士が合併して、カラーの際だつ新市名になった。合併とはこうあるべきだと、つくづく思う。理想的です。
 
2008/9/21 秋田から7.1558km 八郎潟まで22.8442km
秋田県秋田市
土崎港相染町地区周辺
  秋田といえば、竿灯。一度は見てみたい祭りだ。考えてみれば、私はこれまでに日本全国津々浦々に足を運んできたが、高名な祭りの類はほとんど見たことがない。人混みが嫌いだからというのがその最大の理由だ。前を歩く人の踵を踏んづけてつんのめってしまうのが、本当にストレスが溜まる。だから、花火大会とかもほとんど行かない。会場には行かず、少し離れたビルの階上から眺めたいクチだ。
  ところで、国道7号を歩いていると、左手にガラス張りのタワーが見える。これは秋田の新しいランドマーク・セリオンタワーだ。私はかつて北海道へフェリーで渡ったときに、このタワーの前庭で一夜を明かしたことがある。この時は悲惨だった。屋根のないベンチで寝ていたのだが、明け方に突然の嵐に見舞われ、体は濡れるわ荷物は水浸しになるわ折りたたみ傘は骨が折れるわ。大学の卒業記念に後輩からもらった、大事な傘だったのに……。本荘のイルカ焼き肉といいセリオンの嵐といい、どうも私にとって秋田は鬼門だ。正確には、鳥取と並んで、鬼門。鳥取は、行くと必ず大雪に遭遇する街。旅を続けていると、こういう“忌門”が発生してしまうものなのかなぁ。どちらも、食べ物が美味くて好きな土地なんだけど。こちらが好くのと、向こうに好かれるのとは別問題かぁ。
 
2008/9/20 由利本荘から30.2214km 秋田まで6.7786km
秋田県秋田市
浜田地区周辺
  秋田市に入ったが、国道7号沿線はまばらな住宅地。右手には小高い大森山公園。県庁所在地にしては、あまりにも長閑な風景だ。
 
2008/9/17 由利本荘から19.1628km 秋田まで17.8372km
秋田県由利本荘市
岩城内道川地区周辺
  旧岩城町の中心部・道川地区。秋田市と本荘市に挟まれていた岩城町は、秋田市ではなく本荘市との合併を選択した。勇気ある行動だ。
 
2008/9/14 由利本荘から6.5184km 秋田まで30.4816km
秋田県由利本荘市
親川地区周辺
  由利本荘市街の南で、国道7号は旧道とバイパスに分かれる。バイパスは市街の北で自動車専用道路になってしまうので、旧道を進むことにする。
 
2008/9/8 にかほから21.2692km 由利本荘まで2.2308km
秋田県由利本荘市
葛法地区周辺
  本荘は、あまりいい思い出のある街ではない。以前にこの街で「イルカの焼き肉」を食べ、ゲロを吐きそうになったから。そんなもん食う方が悪いのか。
 
2008/9/7 にかほから14.4568km 由利本荘まで9.0432km
秋田県由利本荘市
西目町西目地区周辺
  にかほ市は3町合併で、それほど広い都市ではない。しかし、旧本荘市を中心とする由利本荘市は、やたら広い。由利と本荘、2つでいいのに。
 
2008/9/6 にかほから3.4900km 由利本荘まで20.0010km
秋田県にかほ市
前川地区周辺
  旧仁賀保町と象潟町と金浦町の合併でできた、にかほ市。中心は象潟なのに、市名はにかほになった。平仮名でなく仁賀保の方が貫禄があるけどなぁ。
 
2008/9/4 酒田から31.0006km にかほまで6.4994km
山形県遊佐町
吹浦地区周辺
  国道345号と合流し、海岸線とJR羽越本線の間を縫うように北へ歩く。そろそろ、県境が近いはずだ。
 
2008/8/27 酒田から9.6742km にかほまで27.8258km
山形県遊佐町
比子地区周辺
  山形県の最北・遊佐町へ。山形県は内陸部は南北に長いが、海岸部は新潟県がだいぶ張り出しているので、あっという間だ。
 
2008/8/22 酒田から2.6014km にかほまで34.8986km
山形県酒田市
吉田新田地区周辺
  酒田の駅前は、ここ10年くらいの間に急速に寂れてしまった。いわゆる市街地が駅から離れているというのがガンなのだろうか。高いビル(といっても5階くらい)が取り壊され、ペデストリアンデッキがなくなり、空が広くなった。人も少なくなって、商店街には、夕方の買い物時だというのにシャッターが降りている店が目立つ。話によると、近く(車で行くのに便利な場所)に量販店がたくさんオープンしたのが原因なのだそうで。よくあるケースだが、くれぐれも「量販店が小商店を全部潰して、最後には自分も潰れて何も残らなくなる」という事態にだけは気をつけられたし。ジャスコとかサティとかは、特に悪名が高いので。
 
2008/8/20 鶴岡から14.3552km 酒田まで7.6448km
山形県酒田市
広栄町地区周辺
  庄内平野の中核都市・酒田市に突入。酒田は、北海道方面への旅行の際によく立ち寄る。意外に、駅前のことには詳しい。ある意味、お気に入りの街。
 
2008/8/10 鶴岡から6.9620km 酒田まで15.0380km
山形県三川町
猪子地区周辺
  西に庄内空港が近いのか、小型の旅客機が低空飛行をしている。地方空港は存続が危ぶまれるケースが多いが、庄内はどうなのだろうか。
 
2008/8/8 村上山北から36.0700km 鶴岡まで0.4930km
山形県鶴岡市
荒井京田地区周辺
  一日で、いきなり鶴岡市街へ。でも、考えてみれば、鶴岡市はこれまで私とはあまり馴染みのなかった街だ。もっとゆっくり見物しても良かったか。
 
2008/8/6 村上山北から10.0962km 鶴岡まで28.4038km
山形県鶴岡市
小岩川地区周辺
  やっと村上市を抜け、山形県に。と思ったら、鶴岡市もまた旧温海町などと合併して非常に広い都市になっていた。変化が乏しくて辛いよ。
 
2008/8/5 村上から31.1004km 村上山北まで9.4996km
新潟県村上市
中津原地区周辺
  峠を越えて、旧山北町の市街へ降りていく。国道7号を歩いたのは失敗だったな。海岸沿いの345号の方が景色がいいし、アップダウンも少ないから。
 
2008/8/4 村上から22.1538km 村上山北まで18.3462km
新潟県村上市
蒲萄地区周辺
  市街を離れ、ちょっとした峠にさしかかった。こういう場所を歩くのは、精神的なダメージが大きい。早く村上市を脱出したい。
 
2008/8/3 村上から14.9316km 村上山北まで25.5684km
新潟県村上市
塩野地区周辺
  旧山北町と朝日村が村上市に編入(合併)されたことで、村上市は非常に広い都市になった。歩けど歩けど村上市。いい加減飽きてくる。
 
2008/8/1 村上から4.5144km 村上山北まで35.9856km
新潟県村上市
小川地区周辺
  村上といえば、瀬波温泉。駅から歩ける範囲内に、大規模な温泉街が広がっている。なかでも、日帰りの「龍泉」がオススメ。露天風呂が4つもある。
 
2008/7/31 新発田から27.1426km 村上まで8.3574km
新潟県村上市
平林地区周辺
  新潟県最北の都市・村上市に入る。とはいえ、この辺りは合併で村上市になったエリア。坂町が村上市というのは、どうも違和感があっていけない。
 
2008/7/28 新発田から19.4014km 村上まで16.0986km
新潟県胎内市
黒川地区周辺
  日本有数の石油の産地・黒川。なぜこんなところから石油が出るのか、不思議だ。日本全国くまなく探せば、まだまだ油脈が眠っているのかも。
 
2008/7/27 新発田から10.5256km 村上まで24.9744km
新潟県新発田市
下小中山地区周辺
  JR羽越本線に沿っての北上。この辺りは荒れ地が多く、殺風景な風景が続く。合併して「市」になったエリアは、こういう場所が多い。
 
2008/7/26 新発田から2.8654km 村上まで32.6346km
新潟県新発田市
三日市地区周辺
  お馴染みの難読地名、新発田。初対面では、なかなか「しばた」と読めない。漢字変換で「柴田」を出そうとして「新発田」が出ると、印象に残るかも。
 
2008/7/25 新潟から16.7502km 新発田まで6.2498km
新潟県聖籠町
大夫地区周辺
  新潟市を離れ、合併せずに頑張っている聖籠町をかすめる。「聖なる籠」なんて、なんだかRPGゲームのクリア必須アイテムみたいな地名だ。
 
2008/7/23 新潟から7.9302km 新発田まで15.0698km
新潟市北区
濁川地区周辺
  一直線の道が、いつの間にか国道8号から7号に名称を変えていた。青森から日本海岸を伝って京都へ至る街道は、ここ新潟で一つの区切りとなる。7号と8号の変わり目は、富山ではなく、金沢でもなく、福井でもなく、新潟。この事実1つをとっても、新潟がいかに重要な役割を担っている都市であるかがうかがえる。
  とは言っても、周辺の市町村をやたら合併しての政令指定都市だから、中心市街地域は狭い。阿賀野川を越えて北区に入ると、早くも「郊外」という言葉がピッタリな風景に変わってくる。この辺りは、旧豊栄市域だ。豊栄市も、合併して政令指定都市の一部になりたい気持ちは分かるが、「北区」ではなく「豊栄区」とするくらいのプライドはないものかね。新津市が「秋葉区」になったのはまだ許せるけど、どこにでもある「東西南北中緑旭栄」くらいは避けてほしかったなぁ。
 


戻ります。